ナッツもOK!おうちで楽しめるコーヒー豆の「自家焙煎機」発売

自宅で簡単に「コーヒー豆」「ナッツ」が焙煎できるアイテム、「デュアル焙煎機」が登場した。

本商品は、焙煎室がドーム型のガラスカバーになっており、焙煎して色や大きさが変わっていくのを見ることができるので、焙煎を勉強したいという人にはもってこいの自家焙煎機。

チャフコレクターがついており、焙煎中にチャフ(コーヒー豆の薄皮)を回収してくれるので、片付けもとっても簡単。焙煎後に部屋がチャフだらけになる心配や火事の心配もない。

手網焙煎は、部屋中が煙だらけでつらいが、「デュアル焙煎機」ならアフターバーナー搭載で、焙煎中の煙を吸い取ってくれるので、煙はほぼゼロ

また、中煎り・深煎りだけではなく幅広い焙煎が可能。微調整も可能なので珈琲ごとに変わる味わいを感じることもできるという。

モーターが低音設計されており、焙煎中の音が気にならないのも嬉しいポイント。

そして、コーヒー豆以外にも、あらゆる種類のナッツが焙煎できることも特徴。ナッツ以外にも胡麻や玄米、カボチャの種なども焙煎が可能だ。

「デュアル焙煎機」は、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」にて発売中。果たして、自宅で自家焙煎店のように、焙煎したての美味しいコーヒーは飲めるのか?気になる方は、挑戦あるのみだ。

©株式会社EXCELISM
©株式会社EXCELISM
Top image: © 株式会社EXCELISM
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

今週22日(月)から“希少なコーヒー生豆”と“一流の焙煎士”を自由に組み合わせて注文できるアプリ「CROWD ROASTER」が配信スタート。
同じ豆でも、ローストの具合によって味は大きく変わるもの。ローストする時間を変えて、飲み比べするのも楽しそう。コーヒーの楽しみ方が変わりそうな予感がします。
金属加工の街、新潟県・燕三条で誕生した「KOGU 珈琲考具」より、家庭でおいしいハンドドリップを楽しむために考え、デザインされたコーヒーのための「回転式ロ...
チャームやブレスレットが幅広い世代に大人気の「Pandora」は、5月4日、今後一切採掘されたダイヤモンドを使用しないと宣言。同時に人工ダイヤモンドのみで...
玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
株式会社Same Skyは、全国各地のロースターが焙煎したコーヒー豆を定期的に届けるサブスクリプションサービス「CAFE PASS・BOX」を9月上旬から...
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
「ラム焼肉専門店lambne(らむね)」のラムチョップと、いま話題沸騰中の、カサスグリル社製「クラフトグリル」がコラボした、アウトドアでも手軽に本格的な料...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
コーヒー生豆会社 × 伝統ある常滑焼窯元がこだわったコラボ商品「エコセロ」。カカオ豆焙煎が10分ほどでできて、自分好みの味と香りのチョコレートができる。豆...
「ブルーボトルコーヒー」のキャッシュレス自動販売機が登場。カフェのない場所や営業時間外でもスペシャルティコーヒーが楽しめる。コーヒーのほかにも関連商品の販...
「World Brewers Cup 2016」チャンピオンのトップバリスタ・粕谷哲氏と、フレブル専門誌『BUHI』がコラボして作ったコーヒーが発売。ナッ...
新時代のコーヒー飲料の誕生。8/19発売のO CHER(オーカー)はコーヒー生豆を独自の焙煎法で加熱し、クロロゲン酸(ポリフェノール)やカフェイン、トリゴ...
「ブルーボトルコーヒー」は、米国詩学会「Poetry Society of America」とコラボし、コーヒーと共に詩の世界に浸れる、特別なシーズナルコ...
世界の国別コーヒー消費量が第4位とも言われている日本の、全コーヒー好きに知って欲しい「国産コーヒー」の面白さをダイジェストで紹介。味の魅力、産地や生産農家...
7つの国の最高級コーヒーを“日めくり”感覚で味わえる「himekuriコーヒー」が「Makuake」に登場。
2021年2月10日(水)~ 3月15日(月)の期間限定で「ブルーボトルコーヒー」が初のポップストアを渋谷エリアに出店。
美味しいうえに、太りにくく、体にもやさしいお茶受け。フライパンで気軽に作れちゃいますよ。
西伊豆の海底15メートルで半年間熟成させる海底熟成ワイン「VOYAGE」。今回は、ワインに加え、日本酒、梅酒、さらにはアラビカ種のコーヒー豆も!
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
世界中の昆虫食を販売する通販サイト「バグズファーム」から「コオロギコーヒー」が9月19日より発売された。
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
その日の気分によって豆を挽きたかったり挽きたくなかったりする。そんなコーヒー好きの悩みを解決してくれるのが、電動式と手挽きが両方可能なコーヒーミル「ARCO」。
「丸山珈琲」と「伊良コーラ」がコラボし『クラフトコーラ「魔法のシロップ」 IYOSHI LOVES COFFEE』を7月1日に発売。インドネシアのコーヒー...
茨城県ひたちなか市が発祥の「サザコーヒー」が、今月末まで提供している特別なコーヒーがある。そのお値段、仰天の1杯50万円━━。
奄美群島・徳之島の国産コーヒーシーンを特集。第三弾は、島で唯一吉玉農園の国産コーヒーが飲める、犬田布岬の喫茶店「自家焙煎珈琲スマイル」へ。徳之島で作られる...