あぁ、甘いコーヒーもいいじゃないかと思った「シンガポール」

多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。

そんなシンガポールに「だんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せている」と聞き、遊びに行ってきました。

前回行ったのは5年前。そのときはまだそういうコーヒー屋さんはほとんどなく、とにかくトロンと甘い味が定番でした。今回もいろんなコーヒー屋さんをまわりましたが、この旅で何となく「シンガポール=甘いコーヒー」の理由がわかったような...。

「暑い気候」と「甘さ」は
意外に合うのかも

やってきたのは「NYLON Coffee Roasters」。なぜか集合団地内の1階部分、しかもちょっとわかりにくい奥のほうにあります。

普通に歩いていたら絶対に見つけられない場所にある、というのも「知ってる人だけが来てくれたらいい」という勝負に出ている感じがして、グッときます。 

店内はシンプルそのもの。無駄なものもなく、大きなカウンターテーブルがあるだけ。椅子も2〜3脚しかありません。そして「Roasters」と名が付くだけあって、奥には大きな焙煎機。しかも2機!

肝心のコーヒーですが、本当ならドリップで味を見たいところ…でも、いかんせんシンガポールは暑い! ひんやりした夏のシアトルに慣れている私にとっては、湿度高めのサウナ状態(水風呂なし)。

こんななかでホットを飲んでも楽しめない、と思いアイスラテにしました。

おいしいです。本当に。優しくて、ほろっと苦くて、ミルクの甘さととってもマッチしています。暑いのでアイスコーヒーがスッキリしていいかなと思いきや、甘いミルクがおいしかったんです。グッドチョイスでした。

でもあれ、ちょっと待って…。

今までラテが飲みたかったのは雨の日や曇りの日、寒い日でした。暑くて湿度ムンムンの日は、ミルクや甘い飲み物だと口の中がモワッとなる気がして、あまり飲む気になりませんでした。

なのに、「暑い気候と甘さ、意外に合うかも?」と急にハッとしたんです。

というわけで、次はシンガポールのそこら中にある「コピ」へ行ってみました。スタンダードがすでに甘いコーヒーです。そこからさらにカスタマイズする独特のスタイル。初めて行くと、注文の仕方にドギマギしてしまいます。

「OとC」って?

まずメニューでコーヒーを探すと「Kopi、Kopi O、Kopi C」とあります。知っていて当たり前と言わんばかりに「O」も「C」も説明がありませんので、あしからず。

「Kopi 」は普通のコーヒーかと思いきや、コンデンスミルク入りコーヒーです。「Kopi O」は砂糖入り、そして「Kopi C」はエバミルク入りです。

私は思い切って「Kopi C」にしてみましたが、デザート感覚でおいしかったです。暑い外にいる間は「さっぱりとした冷たいブラックで引き締まりたいな」って思っていたのが、冷房がガンガンに入っている室内に入ると、急に甘いのが欲しくなってしまうのはなんででしょう?

これまで東南アジアでは、ペットボトルの緑茶を買えば、飲んだ瞬間に騙されたかと思うほど甘かったり、コーヒーも誰も頼んでないのに勝手に甘かったりで、茶葉とコーヒー豆を冒涜している!と思っていたけれど、その土地でそれが多くの人に愛され人気なのには、やっぱり理由があるんですね。

暑い国には甘めの飲み物が合うかもしれない予感、高まっています。

あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
同じ豆でも、ローストの具合によって味は大きく変わるもの。ローストする時間を変えて、飲み比べするのも楽しそう。コーヒーの楽しみ方が変わりそうな予感がします。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
3年連続ミシュラン掲載店のシェフが作る生ハムとフロマージュの「新感覚ラーメン」Ramen ドゥエ Edo Japan〒100-0011 東京都千代田区内幸...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
見ての通り、ドリンクディスペンサー型になっているところがイイ! カウンターやテーブル横にセットしておけば、ドリンクバーよろしく、いつでもアイスコーヒーが楽...
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...