コーヒーとウェブカメラの意外な関係を知っていますか?

今では本当に当たり前のツールになった「ウェブカメラ」。最近はどんなパソコンにもついていて、動画を配信したり、顔を見ながら相手と会話できる時代です。

ちなみに私は留守をしている間、飼っている猫が何をしているのかがどうしても知りたくなり、リビングルームに取り付けました。はい、親バカならぬ猫バカです。外出先からでも、スマホで様子が見られるようになっています。でも猫なので、そんなに面白いことをしているわけでもなく、結局ずっと寝ているだけでした。ただある日、私がエレベーターを降りたら足音を聞き分けていて、すぐにピクッと起きて玄関へ走ってくる様子を目撃したときは感激でした。

…と、猫の話はおいといて、今回のテーマは「コーヒーとウェブカメラ」について。飲み物と機械なんて全然関係ないように思えますが、じつはとても深い関係性を思わせるエピソードがあるんです。

飲む気満々なのに
コーヒーがない…

878b9971621d120f0408a984559fc8110e127470

時は1991年、イギリス。

ケンブリッジ大学のコンピュータサイエンス学部の研究員たちは、みんなコーヒーが大好き。研究のかたわら、コーヒーポットでコーヒーを作っては飲んでいました。みなさんの中にも、会社などで飲むときにコーヒーポットを使う人も多いかと思いますが、いざ飲もうと思って目の前に行ったのに「カラ」だと、かなりへこみますよね。

研究員たちは、この「コーヒー注ぎに行ったのになかった…」というげんなりがどうしてもイヤで、「じゃぁ、歩いていかずに自分の席から見えるようにすればいいじゃん!」と考えます。

世界最初の
ウェブカメラが誕生

必要は発明の母、とはよく言ったものです。研究者気質というかエンジニア気質というか。私ならコーヒーを作ってしまったほうが早い、と思っちゃいますね。

でもこの「げんなり」を味わいたくないがための発明が、ウェブカメラでした。コーヒーポットにカメラを向けて撮影し、みんなのデスクトップに解像度128×128のグレースケールの画像が配信されるようにしたのです。

これで彼らは、歩かずともコーヒーがあるかないかをチェックできるようになったというわけです。これが世界最初のウェブカメラとなりました。また、そのコーヒーポットはのちに「世界一有名なコーヒーポット」と呼ばれるようになります。

コーヒー好きの執念

505583de36fff72b1c0283970009a682f55f55a0

世界最初のウェブカメラの開発から10年後の2001年。研究室が移動するとき、そのコーヒーポットとウェブカメラは撤去されたそうです。

コーヒー好きがコーヒーのためだけに開発したものでしたが、今ではネットの普及と相まって、大きく進化しました。私たちの生活になくてはならないものになったんですから、やっぱりコーヒー好きの人って最高ですね。

メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
フィレンツェで、9月4日から新たな条例が施行されました。街中にある4つの通りで、食べながら車道や歩道、家や店の前で立ち止まることを禁止しているものです。一...
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...