コーヒーとウェブカメラの意外な関係を知っていますか?

今では本当に当たり前のツールになった「ウェブカメラ」。最近はどんなパソコンにもついていて、動画を配信したり、顔を見ながら相手と会話できる時代です。

ちなみに私は留守をしている間、飼っている猫が何をしているのかがどうしても知りたくなり、リビングルームに取り付けました。はい、親バカならぬ猫バカです。外出先からでも、スマホで様子が見られるようになっています。でも猫なので、そんなに面白いことをしているわけでもなく、結局ずっと寝ているだけでした。ただある日、私がエレベーターを降りたら足音を聞き分けていて、すぐにピクッと起きて玄関へ走ってくる様子を目撃したときは感激でした。

…と、猫の話はおいといて、今回のテーマは「コーヒーとウェブカメラ」について。飲み物と機械なんて全然関係ないように思えますが、じつはとても深い関係性を思わせるエピソードがあるんです。

飲む気満々なのに
コーヒーがない…

時は1991年、イギリス。

ケンブリッジ大学のコンピュータサイエンス学部の研究員たちは、みんなコーヒーが大好き。研究のかたわら、コーヒーポットでコーヒーを作っては飲んでいました。みなさんの中にも、会社などで飲むときにコーヒーポットを使う人も多いかと思いますが、いざ飲もうと思って目の前に行ったのに「カラ」だと、かなりへこみますよね。

研究員たちは、この「コーヒー注ぎに行ったのになかった…」というげんなりがどうしてもイヤで、「じゃぁ、歩いていかずに自分の席から見えるようにすればいいじゃん!」と考えます。

世界最初の
ウェブカメラが誕生

必要は発明の母、とはよく言ったものです。研究者気質というかエンジニア気質というか。私ならコーヒーを作ってしまったほうが早い、と思っちゃいますね。

でもこの「げんなり」を味わいたくないがための発明が、ウェブカメラでした。コーヒーポットにカメラを向けて撮影し、みんなのデスクトップに解像度128×128のグレースケールの画像が配信されるようにしたのです。

これで彼らは、歩かずともコーヒーがあるかないかをチェックできるようになったというわけです。これが世界最初のウェブカメラとなりました。また、そのコーヒーポットはのちに「世界一有名なコーヒーポット」と呼ばれるようになります。

コーヒー好きの執念

世界最初のウェブカメラの開発から10年後の2001年。研究室が移動するとき、そのコーヒーポットとウェブカメラは撤去されたそうです。

コーヒー好きがコーヒーのためだけに開発したものでしたが、今ではネットの普及と相まって、大きく進化しました。私たちの生活になくてはならないものになったんですから、やっぱりコーヒー好きの人って最高ですね。

コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
今夏持ち歩きたい“香りつき”の除菌ジェル、除菌スプレー、アロマハンドスプレー(ミスト)をピックアップ。SHIRO、ニールズヤード、パーフェクトポーション、...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
世界的デザイナー・山本寛斎のパリコレチーフデザイナーを務めた岩男將史が独立し、1996年に創業した衣装デザイン製作会社「ダダグラム」が作ったメガネに吊るし...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
コーヒー好きな身として王道の楽しみ方ももちろん外せないけど……
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
世界の国別コーヒー消費量が第4位とも言われている日本の、全コーヒー好きに知って欲しい「国産コーヒー」の面白さをダイジェストで紹介。味の魅力、産地や生産農家...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
韓国の「ケロッグ」がネギ味のシリアルを販売した。
傘のシェアリングサービス「アイカサ」より、「ジップロック」をイメージしたかわいい傘がレンタル可能に。 「BEAMS COUTURE」が手がけたデザインは、...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
コーヒーのテイクアウト率、先進国のなかで日本が1位なのは、意外?
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...