ブラックコーヒーの「わたし的」美学

コーヒーが飲めなかった頃も、飲むようになった今も、ブラックで飲んでいる人を見ると、なんだかカッコいいなって思います。「大人っぽいな」「コーヒーをわかっていそうだな」……。そんな風に見えるのです。

あまりに安直で、ちょっと書くのも恥ずかしいくらいですが、自分のなかでは、消防士とかパイロットがユニフォームを着ていると一層カッコよく見えたり、スーツをパリッと着こなしている人が“デキる人”に見えたりするマジックと同じかなと思っています。

しかもこのマジックにかかっちゃう人、意外と少なくないと思うんです。

「やっぱりコーヒーはブラック」
なのか?

そんなことを言いつつ、コーヒーはどんな飲み方であれ、自分がおいしいと思って楽しめる飲み方が1番だと、私は思います。それが缶コーヒーであっても、甘いモカであっても、ブラックであっても。

こうしてコーヒー関係の仕事をしていると「やっぱりコーヒーはブラックですよね?」と聞かれることも多いし、「こんなコーヒーを出すのは失礼ですよね」と逆に恐縮されてしまう、なんてこともあります。

でも本当に私は「どんなコーヒーでも好き」というオールマイティなのです。そのときどきで好きなコーヒーが変わる、というほうが合っているかもしれません。食後は甘いコーヒーを飲みたくなるし、寒い日には柔らかいラテに癒されるし、ダレてきたときはブラックが体に染み渡るし。とくに人から淹れてもらったコーヒーというのは、本当においしいものです。

おいしいって思う感覚は、環境とか一緒に飲む人とか、そんな些細なことで変わってくるものなんです。

「完成形」をそのままいただく
粋なアクション

では、どうしてブラックで飲む人を無意識に「カッコいい」と思ってしまうんだろう。

それはきっと、作り手が完成した形で出しているものに敬意を払って、出してくれたままをいただいているサマがカッコいいのかもしれません。何も加えてない、と明らかにわかるのがブラックコーヒー。

たとえば、お寿司屋さんで「これは醤油なしで、このままで」と教えてくれるときがありますよね。完成した状態で出してくれているので、そのまま食べるのが作法だと思います。お家のごはんだって同じ。一生懸命つくった食事に、あとからジョボジョボ醤油をかけられたり、味を変えられると、ちょっと残念な気持ちになりますよね。

コーヒーも、一杯ずつ丁寧に淹れてくれた場合、豆本来の味をバリスタさんが引き出して淹れてくれているので、それを味わう前にミルクや砂糖をドドドーッと入れると、バリスタさんも悲しくなっちゃうと思うんです。ラテの場合もきめ細やかなミルクとエスプレッソが完璧な比率で出来上がっているはずなので、どんなコーヒーでも、せめて最初の一口だけはそのままでいただくと、バリスタさんに対しても「粋なアクション」だと言えるのではないでしょうか。

どうでしょう、この私の考え。
えっ? そもそもブラックを飲んでることがカッコいいと思わない?

何にグッと来るのか、何がおいしいと思うのかって、結局人それぞれ……ですよね。

関連する記事

カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
アメリカを拠点とする「Allergy Amulet Inc.」は、創業者兼CEOの「Abigail Barnes」氏の幼少期の体験をもとに、食品に含まれる...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
コーヒー好きな身として王道の楽しみ方ももちろん外せないけど……
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
AIライティングレコーダー「VOITER」は、最大集音距離10mの2つのマイクと、360度から集音できる6つのマイクを搭載し正確な録音を実現。またネットワ...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
北海道・札幌の北18条駅付近で朝ごはんを済ませようとカフェ「CITY OASIS」に入ったら、コーヒーとお粥のセットが目に入った。いまや和食にコーヒーを合...
ハンドクラフテッドにこだわり、厳選されたコーヒー豆から作られる味わい深いコーヒーが魅力!ロンドン発のコーヒーブランド「コスタ コーヒー」が「銀座ロフト」に...
新時代のコーヒー飲料の誕生。8/19発売のO CHER(オーカー)はコーヒー生豆を独自の焙煎法で加熱し、クロロゲン酸(ポリフェノール)やカフェイン、トリゴ...
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
その日の気分によって豆を挽きたかったり挽きたくなかったりする。そんなコーヒー好きの悩みを解決してくれるのが、電動式と手挽きが両方可能なコーヒーミル「ARCO」。
世界の国別コーヒー消費量が第4位とも言われている日本の、全コーヒー好きに知って欲しい「国産コーヒー」の面白さをダイジェストで紹介。味の魅力、産地や生産農家...
コーヒーのテイクアウト率、先進国のなかで日本が1位なのは、意外?
現在「マクドナルド」の「McCafe by Barista」併設店で「ワールドコーヒーツアー」キャンペーンを実施中。苦みの強いコーヒーに練乳を混ぜて味わう...
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
日本の三大コーヒー産地(沖縄、奄美、小笠原)ではない阿蘇・熊本でも、国産のコーヒーを発見!阿蘇産の農作物の美味しさを伝えたいと、高校赴任時に生徒と一緒にコ...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
そもそも、何をもって水出しなの?アイスコーヒーとの違いは?今さら聞けない水出しコーヒーをおさらいしながら、自宅でカンタンにつくれる3ステップを「Food5...