ブラックコーヒーの「わたし的」美学

コーヒーが飲めなかった頃も、飲むようになった今も、ブラックで飲んでいる人を見ると、なんだかカッコいいなって思います。「大人っぽいな」「コーヒーをわかっていそうだな」……。そんな風に見えるのです。

あまりに安直で、ちょっと書くのも恥ずかしいくらいですが、自分のなかでは、消防士とかパイロットがユニフォームを着ていると一層カッコよく見えたり、スーツをパリッと着こなしている人が“デキる人”に見えたりするマジックと同じかなと思っています。

しかもこのマジックにかかっちゃう人、意外と少なくないと思うんです。

「やっぱりコーヒーはブラック」
なのか?

4868755398066176

そんなことを言いつつ、コーヒーはどんな飲み方であれ、自分がおいしいと思って楽しめる飲み方が1番だと、私は思います。それが缶コーヒーであっても、甘いモカであっても、ブラックであっても。

こうしてコーヒー関係の仕事をしていると「やっぱりコーヒーはブラックですよね?」と聞かれることも多いし、「こんなコーヒーを出すのは失礼ですよね」と逆に恐縮されてしまう、なんてこともあります。

でも本当に私は「どんなコーヒーでも好き」というオールマイティなのです。そのときどきで好きなコーヒーが変わる、というほうが合っているかもしれません。食後は甘いコーヒーを飲みたくなるし、寒い日には柔らかいラテに癒されるし、ダレてきたときはブラックが体に染み渡るし。とくに人から淹れてもらったコーヒーというのは、本当においしいものです。

おいしいって思う感覚は、環境とか一緒に飲む人とか、そんな些細なことで変わってくるものなんです。

「完成形」をそのままいただく
粋なアクション

5930658547367936

では、どうしてブラックで飲む人を無意識に「カッコいい」と思ってしまうんだろう。

それはきっと、作り手が完成した形で出しているものに敬意を払って、出してくれたままをいただいているサマがカッコいいのかもしれません。何も加えてない、と明らかにわかるのがブラックコーヒー。

たとえば、お寿司屋さんで「これは醤油なしで、このままで」と教えてくれるときがありますよね。完成した状態で出してくれているので、そのまま食べるのが作法だと思います。お家のごはんだって同じ。一生懸命つくった食事に、あとからジョボジョボ醤油をかけられたり、味を変えられると、ちょっと残念な気持ちになりますよね。

コーヒーも、一杯ずつ丁寧に淹れてくれた場合、豆本来の味をバリスタさんが引き出して淹れてくれているので、それを味わう前にミルクや砂糖をドドドーッと入れると、バリスタさんも悲しくなっちゃうと思うんです。ラテの場合もきめ細やかなミルクとエスプレッソが完璧な比率で出来上がっているはずなので、どんなコーヒーでも、せめて最初の一口だけはそのままでいただくと、バリスタさんに対しても「粋なアクション」だと言えるのではないでしょうか。

どうでしょう、この私の考え。
えっ? そもそもブラックを飲んでることがカッコいいと思わない?

何にグッと来るのか、何がおいしいと思うのかって、結局人それぞれ……ですよね。

カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのような...
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?