私が「変わり種」のコーヒーを飲んだときの話

コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのようなものまで多種多様です。

私がこれまで飲んできたコーヒーの中でも、とくに印象に残っているちょっと「変わり種」のコーヒーを紹介したいと思います。

シアトルで出会った
「Medici(メディチ)」

27ea954e5924eabb7d85c0a3ab1f1626f0b18ea8

最近はもっぱらドリップでブラックコーヒーを飲む習慣がつきましたが、私も最初は甘めの味からコーヒーの世界の門を叩きました。それまで全然飲んで来なかった私がコーヒーで有名なシアトルの街に引っ越し、苦くて好きじゃなかったのに初めて「おいしくて落ち着くな〜」って感じたのが、シアトルで出会った「Medici(メディチ)」というコーヒーでした。

メディチは私の家の近くにあった「Caffe Ladro」のオリジナルメニューです。名前からはどんな味か想像がつきませんよね。じつはこれ「オレンジ・モカ」なんです。

エスプレッソとスチームミルク、チョコレートシロップでつくるのがカフェモカです。そこにオレンジの皮が入っているのがCaffe Ladroのメディチ。ふんわりとオレンジの匂いがして、チョコレート&エスプレッソとの相性が抜群です。

この飲み物でコーヒーへの苦手意識がなくなり、エスプレッソを楽しめるようになってきました。オレンジの皮が入るだけでこんなに味が広がるなんて!と感動した飲み物でした。

鳥のフンから収穫する
「ジャクーコーヒー」

D5f98377793658b6e2ee4fa5699e0c457432c478

次は、かなり変わっています。ブラジルのオーガニック・コーヒー農園に行ったときに飲ませてもらった「ジャクーコーヒー」です。

「ジャクー」は、日本でいうならキジの仲間みたいな大きな鳥のことです。その農園は超がつくほどオーガニックを掲げていて、森の中にコーヒーの木を他の色々な木と一緒に自然の状態で育てていて、もちろん農薬も使わなければ、木にとってストレスになるようなことも一切せず、自然に育ったままの状態のコーヒーを収穫しています。まさにオーガニックの真骨頂という感じです。

そんな超自然派の農園なので、鳥もやってきます。農園の方々は、ただ気まぐれに飛んできてはコーヒーの実をおいしそうに食べるジャクーバードをこっそり見張っていて、フンをしたら急いで収穫するのが、ジャクーコーヒーなんです。とってもスッキリしていて嫌な酸味がなく、でもフルーティな味でした。

90b7b4137e639a526e84123e2b7d84a2e686c98638f7a9c64ad547d92e9e758ada3484d053fab5ed

まろやかでおいしい。
「ノルウェー式卵コーヒー」

最後は「ノルウェー式卵コーヒー」です。え、卵!? ですよね。

これは、レシピを見て実際に自分で作ってみました。作り方はけっこう「おえー」という感じがしますが、信じてついてきてください。

まず挽いたコーヒー豆にそのまま生卵を混ぜます。いきなり「おえー」ですが、大丈夫です。そこに水を入れてかき混ぜます。ドロドロです。その後、それを沸騰したお湯にドボンと入れます。大丈夫なの?と思いつつ、私も半信半疑のままレシピに従いました。煮立ったら、卵入りのコーヒー粉を漉してできあがり!

さてお味はというと、めちゃめちゃまろやかでおいしい。大胆な作り方からは想像できないほど優しいお味です。メディチとジャクーはなかなか飲めないコーヒーですが、ノルウェー式卵コーヒーはお家でも作れますので、私を信じて一度作ってみて欲しい変わり種です。

コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
シアトルに住んで、もうすぐ8年になります。シアトルというと「コーヒー」とか「雨」というイメージが強いと思いますが…正解です。まったく裏切りません。本当にコ...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
いつものコーヒーにたった2つの材料をプラスするだけで、その味がティラミスに大変身してしまう。こんなことってある!?ウソだと思うなら、試しに練乳と卵を入れて...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
シアトルで「I Love Coffee」(こちら日本語版)というサイトを始めて、もうすぐ5年が経ちます。コーヒーのサイトを運営していると、やっぱりコーヒー...
コーヒーは、起き抜けよりも「他の時間」に飲むほうがいいらしい。それは一体いつなのでしょうか。
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
「ハマる」という現象は、思いもよらず訪れるのかもしれません。とくにそれまで興味がなかったり、逆に「食わず嫌い」だったりすると、その反動でハマり方の振れ幅が...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
世界で1番コーヒーがよく飲まれていると言われる「北欧」。私の住むシアトルは、冬場は朝9時過ぎにやっと明るくなったかと思うと夕方4時には暗くなるのですが、北...