私が「変わり種」のコーヒーを飲んだときの話

コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのようなものまで多種多様です。

私がこれまで飲んできたコーヒーの中でも、とくに印象に残っているちょっと「変わり種」のコーヒーを紹介したいと思います。

シアトルで出会った
「Medici(メディチ)」

最近はもっぱらドリップでブラックコーヒーを飲む習慣がつきましたが、私も最初は甘めの味からコーヒーの世界の門を叩きました。それまで全然飲んで来なかった私がコーヒーで有名なシアトルの街に引っ越し、苦くて好きじゃなかったのに初めて「おいしくて落ち着くな〜」って感じたのが、シアトルで出会った「Medici(メディチ)」というコーヒーでした。

メディチは私の家の近くにあった「Caffe Ladro」のオリジナルメニューです。名前からはどんな味か想像がつきませんよね。じつはこれ「オレンジ・モカ」なんです。

エスプレッソとスチームミルク、チョコレートシロップでつくるのがカフェモカです。そこにオレンジの皮が入っているのがCaffe Ladroのメディチ。ふんわりとオレンジの匂いがして、チョコレート&エスプレッソとの相性が抜群です。

この飲み物でコーヒーへの苦手意識がなくなり、エスプレッソを楽しめるようになってきました。オレンジの皮が入るだけでこんなに味が広がるなんて!と感動した飲み物でした。

鳥のフンから収穫する
「ジャクーコーヒー」

次は、かなり変わっています。ブラジルのオーガニック・コーヒー農園に行ったときに飲ませてもらった「ジャクーコーヒー」です。

「ジャクー」は、日本でいうならキジの仲間みたいな大きな鳥のことです。その農園は超がつくほどオーガニックを掲げていて、森の中にコーヒーの木を他の色々な木と一緒に自然の状態で育てていて、もちろん農薬も使わなければ、木にとってストレスになるようなことも一切せず、自然に育ったままの状態のコーヒーを収穫しています。まさにオーガニックの真骨頂という感じです。

そんな超自然派の農園なので、鳥もやってきます。農園の方々は、ただ気まぐれに飛んできてはコーヒーの実をおいしそうに食べるジャクーバードをこっそり見張っていて、フンをしたら急いで収穫するのが、ジャクーコーヒーなんです。とってもスッキリしていて嫌な酸味がなく、でもフルーティな味でした。

まろやかでおいしい。
「ノルウェー式卵コーヒー」

最後は「ノルウェー式卵コーヒー」です。え、卵!? ですよね。

これは、レシピを見て実際に自分で作ってみました。作り方はけっこう「おえー」という感じがしますが、信じてついてきてください。

まず挽いたコーヒー豆にそのまま生卵を混ぜます。いきなり「おえー」ですが、大丈夫です。そこに水を入れてかき混ぜます。ドロドロです。その後、それを沸騰したお湯にドボンと入れます。大丈夫なの?と思いつつ、私も半信半疑のままレシピに従いました。煮立ったら、卵入りのコーヒー粉を漉してできあがり!

さてお味はというと、めちゃめちゃまろやかでおいしい。大胆な作り方からは想像できないほど優しいお味です。メディチとジャクーはなかなか飲めないコーヒーですが、ノルウェー式卵コーヒーはお家でも作れますので、私を信じて一度作ってみて欲しい変わり種です。

関連する記事

スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
その日の気分によって豆を挽きたかったり挽きたくなかったりする。そんなコーヒー好きの悩みを解決してくれるのが、電動式と手挽きが両方可能なコーヒーミル「ARCO」。
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
現在「マクドナルド」の「McCafe by Barista」併設店で「ワールドコーヒーツアー」キャンペーンを実施中。苦みの強いコーヒーに練乳を混ぜて味わう...
コーヒーは、起き抜けよりも「他の時間」に飲むほうがいいらしい。それは一体いつなのでしょうか。
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
そもそも、何をもって水出しなの?アイスコーヒーとの違いは?今さら聞けない水出しコーヒーをおさらいしながら、自宅でカンタンにつくれる3ステップを「Food5...
コーヒーのテイクアウト率、先進国のなかで日本が1位なのは、意外?
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
ハンドクラフテッドにこだわり、厳選されたコーヒー豆から作られる味わい深いコーヒーが魅力!ロンドン発のコーヒーブランド「コスタ コーヒー」が「銀座ロフト」に...
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
世界の国別コーヒー消費量が第4位とも言われている日本の、全コーヒー好きに知って欲しい「国産コーヒー」の面白さをダイジェストで紹介。味の魅力、産地や生産農家...