日本人の感覚に似た、ブラジルの「おもてなし」に驚いた。

前回のつづき)。じつは私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国「ブラジル」へ行って来ました。ブラジルの有名なバリスタさんが、日本から来た私をブラジルのコーヒー農園へ連れて行ってくれて、コーヒー産業がどう変わってきているのかを見せてくれる、というテレビ番組の撮影です。ブラジル輸出投資振興庁(ApexBrasil)が現在おこなっているBeBrasilというキャンペーンの一環でトランプ大統領とひと悶着あった(私は大好きな)CNNで放送される番組です。

この国のコーヒー文化は、とても新鮮で驚きがいっぱいでした。

ブラジル人は
コーヒーをどのくらい飲むの?

1476db3e1fc4f7deaaef50ecd0c161bd327e4f59

コーヒー世界生産No.1の国の人も、やっぱりコーヒーが大好きみたいです。もちろん私が観察した限りの印象ですが、とりあえず飲まない人はいないんじゃない、というほどのパーセンテージだと思います。

アメリカみたいに紙のカップで持ち歩いている人はあまり見かけませんでしたが、みなさんエスプレッソをささっと飲みます。撮影クルーも全員ヒマさえあればコーヒーを飲んでましたし、私が移動中にコーヒー飲みたいなと思う頃にはみんなも同じだったようで、サービスエリアに入ってゾロゾロとみんなで頼む、という光景が何度もありました。

コーヒーの種類やどんな豆、どこの農園、淹れ方などにまで気をつかっている人はまだまだ少ないかもしれませんが、飲み物としてのコーヒーの地位はブラジルでは絶大です。

地球の裏側で
感じた「和」

74a48af966958ef2927f4d7e4ce86397b4f93569

少しコーヒーの話からズレますが、私がブラジルに行って1番思ったのは「ブラジル人はとっても気遣い」と言うことです。

ブラジル人って、陽気でバスとかでもみんなで歌い、踊り出しちゃう感じのパーリーピーポーなのかな、というイメージ(ごめんなさい…)でしたが、私が出会ったブラジル人はみんな、周りに気をつかい、和を乱さない、優しくて温和、でも明るくて、気に入った人には絶対に忠義を尽くす人たちでした。

私は12日間、15人のブラジル人のなかに1人だけ日本人(ポルトガル語が話せないのも1人だけ…)という状況でしたが、一度も孤立したり話についていけなくて1人でぼーっとするということがありませんでした。それは、15人みんなが私を中心に和を保ってくれていたおかげだと思っています。

最高の「おもてなし」を
受けました

Cafc3047d89efd9382a5104924a5559da09a34f3

最後に。3つ目に行った農園でカッピングしたコーヒー豆がすごくおいしかったので「買って帰りたい」と言うと、その豆は生豆しかないとのことでした。残念でしたが、おいしいコーヒーを農園のなかでたくさんカッピングできたので良し、としようと思ってホテルに戻って、夜の11時を回った頃。その農園の方がわざわざ夜、生豆を私のために焙煎して、それを30分もかけて山道を運転して届けてくれたのです。

「ブラジル人のおもてなしって、日本人の感覚に似てるのかもな」って思った出来事でした。日本に帰ってそのコーヒーを飲んだら、とっても優しい味でした。

ブラジルは
100点満点だった

794b724d2ab998f23ade57bcc9dd6ee0d89f9ca0

ブラジルと聞くと、治安が悪いとか経済が安定してないとか、負の部分を見ようと思えばたくさん見えてくるかもしれません。でも結局、どんなことでも、人と人との繋がり、お互いどう分かり合うのかが、その国を理解するという点において1番大きいんじゃないかな、と私は思います。

私のブラジルの旅は、その点で言うなら100点満点でした。日本から35時間も飛行機に乗らなくては行けない地球の裏側にありますが、それでもやっぱり「また行きたい」って思わせてくれる国。今回のブラジルは夏だったので、今度は冬、コーヒー豆の収穫の時期に行きたいなと思っています。

実は私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国ブラジルへ行って来ました。そう、コーヒー生産国世界ナンバー1の国です。世界で出回っている3分の1はブラジルのコ...
コーヒーを飲むとき、チョコレートっぽい味とか柑橘系の風味などを感じることがあると思いますが、その味を作り出しているコーヒー豆にまで考えが及ぶことはあまりな...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
お店の名前でもある「ONIBUS」は、コーヒー大国ブラジルの公用語ポルトガル語で「公共バス」「万人の為に」という意味なんだそうです。今回、インタビューした...
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのような...
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...
毎日飲む、コーヒー。私の生活になくてはならないものですが、一体誰がどうやって最初にコーヒーを見つけて飲むことになったのか、ご存知でしょうか。以前、コーヒー...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
世界で1番コーヒーがよく飲まれていると言われる「北欧」。私の住むシアトルは、冬場は朝9時過ぎにやっと明るくなったかと思うと夕方4時には暗くなるのですが、北...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
挽く前に、よく豆を冷やすと、より深いアロマが楽しめるーー。という研究結果が「ネイチャー」に掲載されました。イギリスのバース大学と、地元のコーヒーショップ「...
つい先月、フィンランドへ行ってきました。毎年「世界で最もコーヒーを消費する国」としてランキングのトップに名を連ねる北欧のコーヒー大国です。「北欧」はノルウ...
暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
シアトルに住んで、もうすぐ8年になります。シアトルというと「コーヒー」とか「雨」というイメージが強いと思いますが…正解です。まったく裏切りません。本当にコ...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
コーヒー好きのみなさま。突然ですが、コーヒーの好きなとこってなんですか?私の場合は、そりゃもうたくさんあります。味はもちろんのことですが、知れば知るほど深...
「ハマる」という現象は、思いもよらず訪れるのかもしれません。とくにそれまで興味がなかったり、逆に「食わず嫌い」だったりすると、その反動でハマり方の振れ幅が...