日本人の感覚に似た、ブラジルの「おもてなし」に驚いた。

前回のつづき)。じつは私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国「ブラジル」へ行って来ました。ブラジルの有名なバリスタさんが、日本から来た私をブラジルのコーヒー農園へ連れて行ってくれて、コーヒー産業がどう変わってきているのかを見せてくれる、というテレビ番組の撮影です。ブラジル輸出投資振興庁(ApexBrasil)が現在おこなっているBeBrasilというキャンペーンの一環でトランプ大統領とひと悶着あった(私は大好きな)CNNで放送される番組です。

この国のコーヒー文化は、とても新鮮で驚きがいっぱいでした。

ブラジル人は
コーヒーをどのくらい飲むの?

1476db3e1fc4f7deaaef50ecd0c161bd327e4f59

コーヒー世界生産No.1の国の人も、やっぱりコーヒーが大好きみたいです。もちろん私が観察した限りの印象ですが、とりあえず飲まない人はいないんじゃない、というほどのパーセンテージだと思います。

アメリカみたいに紙のカップで持ち歩いている人はあまり見かけませんでしたが、みなさんエスプレッソをささっと飲みます。撮影クルーも全員ヒマさえあればコーヒーを飲んでましたし、私が移動中にコーヒー飲みたいなと思う頃にはみんなも同じだったようで、サービスエリアに入ってゾロゾロとみんなで頼む、という光景が何度もありました。

コーヒーの種類やどんな豆、どこの農園、淹れ方などにまで気をつかっている人はまだまだ少ないかもしれませんが、飲み物としてのコーヒーの地位はブラジルでは絶大です。

地球の裏側で
感じた「和」

74a48af966958ef2927f4d7e4ce86397b4f93569

少しコーヒーの話からズレますが、私がブラジルに行って1番思ったのは「ブラジル人はとっても気遣い」と言うことです。

ブラジル人って、陽気でバスとかでもみんなで歌い、踊り出しちゃう感じのパーリーピーポーなのかな、というイメージ(ごめんなさい…)でしたが、私が出会ったブラジル人はみんな、周りに気をつかい、和を乱さない、優しくて温和、でも明るくて、気に入った人には絶対に忠義を尽くす人たちでした。

私は12日間、15人のブラジル人のなかに1人だけ日本人(ポルトガル語が話せないのも1人だけ…)という状況でしたが、一度も孤立したり話についていけなくて1人でぼーっとするということがありませんでした。それは、15人みんなが私を中心に和を保ってくれていたおかげだと思っています。

最高の「おもてなし」を
受けました

Cafc3047d89efd9382a5104924a5559da09a34f3

最後に。3つ目に行った農園でカッピングしたコーヒー豆がすごくおいしかったので「買って帰りたい」と言うと、その豆は生豆しかないとのことでした。残念でしたが、おいしいコーヒーを農園のなかでたくさんカッピングできたので良し、としようと思ってホテルに戻って、夜の11時を回った頃。その農園の方がわざわざ夜、生豆を私のために焙煎して、それを30分もかけて山道を運転して届けてくれたのです。

「ブラジル人のおもてなしって、日本人の感覚に似てるのかもな」って思った出来事でした。日本に帰ってそのコーヒーを飲んだら、とっても優しい味でした。

ブラジルは
100点満点だった

794b724d2ab998f23ade57bcc9dd6ee0d89f9ca0

ブラジルと聞くと、治安が悪いとか経済が安定してないとか、負の部分を見ようと思えばたくさん見えてくるかもしれません。でも結局、どんなことでも、人と人との繋がり、お互いどう分かり合うのかが、その国を理解するという点において1番大きいんじゃないかな、と私は思います。

私のブラジルの旅は、その点で言うなら100点満点でした。日本から35時間も飛行機に乗らなくては行けない地球の裏側にありますが、それでもやっぱり「また行きたい」って思わせてくれる国。今回のブラジルは夏だったので、今度は冬、コーヒー豆の収穫の時期に行きたいなと思っています。

実は私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国ブラジルへ行って来ました。そう、コーヒー生産国世界ナンバー1の国です。世界で出回っている3分の1はブラジルのコ...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
同じ豆でも、ローストの具合によって味は大きく変わるもの。ローストする時間を変えて、飲み比べするのも楽しそう。コーヒーの楽しみ方が変わりそうな予感がします。
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
コーヒー、紅茶、緑茶を“ショットグラス”で楽しむ。 世界初のオーガニックカフェインチャージバーcaffeineholic〒103-0002 東京都中央区日...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
コーヒーを飲むとき、チョコレートっぽい味とか柑橘系の風味などを感じることがあると思いますが、その味を作り出しているコーヒー豆にまで考えが及ぶことはあまりな...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
お店の名前でもある「ONIBUS」は、コーヒー大国ブラジルの公用語ポルトガル語で「公共バス」「万人の為に」という意味なんだそうです。今回、インタビューした...
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...