【1/27まで!】節分に歳の数だけ挽くコーヒー豆「節分珈琲」

自分の歳の数だけ豆を挽いて。恵方を向いて飲む、あたらしい「節分」のスタイル。

こんな提案をするのが、節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」だ。

多くのコンテンツを手がける「株式会社ヒャクマンボルト」と、神奈川県・海老名市の人気コーヒーショップ「Muu COFFEE」の共同企画として、ECサイトでのみで販売。

使用される豆は、キリマンジャロの「キボー」。芳醇で上品な酸味と、しっかりとしたコクの絶妙なバランスが特徴だ。キリマンジャロ山系の一番高い山からつけられた名前だが、その響きは、ハレの日にぴったり。

焙煎も節分らしく、深煎りの「赤鬼ロースト」と浅煎りの「青鬼ロースト」という2種類の鬼を用意。それらを年齢次第で若人は薄く、年長者は濃くなるコーヒーの味というのも面白い。

節分の日の前日までにポストへ配送するため、今週1月27日(水)までの限定販売。「鬼は外!福は内!」の大声を出さない、穏やかな節分を今年は楽しんでみるのはいかが?

©株式会社ヒャクマンボルト

『節分珈琲』

【購入ページ】https://setsubun.thebase.in/

Top image: © 株式会社ヒャクマンボルト
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
その日の気分によって豆を挽きたかったり挽きたくなかったりする。そんなコーヒー好きの悩みを解決してくれるのが、電動式と手挽きが両方可能なコーヒーミル「ARCO」。
同じ豆でも、ローストの具合によって味は大きく変わるもの。ローストする時間を変えて、飲み比べするのも楽しそう。コーヒーの楽しみ方が変わりそうな予感がします。
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...
今週22日(月)から“希少なコーヒー生豆”と“一流の焙煎士”を自由に組み合わせて注文できるアプリ「CROWD ROASTER」が配信スタート。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
「丸山珈琲」と「伊良コーラ」がコラボし『クラフトコーラ「魔法のシロップ」 IYOSHI LOVES COFFEE』を7月1日に発売。インドネシアのコーヒー...
「猿田彦珈琲」と人気の国産鞄ブランド「PORTER(ポーター)」のコラボ商品第二弾「コーヒー豆型2WAY トートバッグ」が、6月27日(土)より猿田彦珈琲...
「ZARA」は5月12日に、ヨーロッパ、アメリカ、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、5月13日に日本、中国でメイクアップコレクション「ZARA BE...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
茨城県ひたちなか市が発祥の「サザコーヒー」が、今月末まで提供している特別なコーヒーがある。そのお値段、仰天の1杯50万円━━。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
8月1日、日本を代表する京都発のロースター「小川珈琲」の旗艦店「OGAWA COFFEE LABORATORY」が東京・桜新町にオープン。
ハンドクラフテッドにこだわり、厳選されたコーヒー豆から作られる味わい深いコーヒーが魅力!ロンドン発のコーヒーブランド「コスタ コーヒー」が「銀座ロフト」に...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
世界の国別コーヒー消費量が第4位とも言われている日本の、全コーヒー好きに知って欲しい「国産コーヒー」の面白さをダイジェストで紹介。味の魅力、産地や生産農家...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
「World Brewers Cup 2016」チャンピオンのトップバリスタ・粕谷哲氏と、フレブル専門誌『BUHI』がコラボして作ったコーヒーが発売。ナッ...
自分が名付けた木で「コーヒーの森」を作る植樹プロジェクト「BIKAS COFFEE VILLAGE(ビカス コーヒー ビレッジ)」がスタート。5月8日より...
新時代のコーヒー飲料の誕生。8/19発売のO CHER(オーカー)はコーヒー生豆を独自の焙煎法で加熱し、クロロゲン酸(ポリフェノール)やカフェイン、トリゴ...
スポーツ用品販売大手の「アルペン」は、日本各地の山々が持つ個性を表現したアウトドアコーヒー「このやまコーヒー」に取り組んでいる。
西伊豆の海底15メートルで半年間熟成させる海底熟成ワイン「VOYAGE」。今回は、ワインに加え、日本酒、梅酒、さらにはアラビカ種のコーヒー豆も!