仰天!……「1杯50万円」のコーヒー

茨城県ひたちなか市が発祥の「サザコーヒー」が、今月末まで提供している特別なコーヒーがある。そのお値段、仰天の1杯50万円━━。

なんたって、こんなプライスに?

なんでも、1969年創業のサザコーヒーの代表を務める鈴木太郎氏の所有する倉庫から、1971年のコロンビア産コーヒー生豆が10kg発見されたらしい。同社前身の映画館時代の舞台用の地下物置で、50年ぶりの大掃除まで誰も気が付かなかったんだそう。

発見された豆袋の印刷から、コロンビア・ヤシイゲ村で栽培されたコーヒーであることが判明。袋の中で奇跡的に新鮮な状態で保管されていたコーヒー生豆は、「昭和を感じさせるスモーキーな甘味」が特徴なんだとか。

半世紀もののヴィンテージコーヒー。よほどのコーヒーラバーでないと、おいそれとは手が出せないか。「それでも!」という方は事前予約(要電話)のうえ、50年もののアロマを楽しんでいただきたい。

それにつけても、くだんの倉庫。開かずの間だったのはナゼだろう?

創業者の鈴木誉志男氏によれば、「小さな頃にオバケが出ると言われあまり近づかなく、何でここに保管されていたのかわからない」。謎は深まるばかり。

©株式会社 サザコーヒー

サザコーヒー本店

【住所】茨城県ひたちなか市共栄町8-18
【電話】029-274-1010
【営業時間】10:00〜20:00

Top image: © 株式会社 サザコーヒー
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
ハンドクラフテッドにこだわり、厳選されたコーヒー豆から作られる味わい深いコーヒーが魅力!ロンドン発のコーヒーブランド「コスタ コーヒー」が「銀座ロフト」に...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
「Jot」のボトルエスプレッソが簡単に本格的なコーヒーを愉しめると話題に。スプーン1杯分の「Ulrta Coffee」とホットミルクや氷などをお好みで混ぜ...
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
現在「マクドナルド」の「McCafe by Barista」併設店で「ワールドコーヒーツアー」キャンペーンを実施中。苦みの強いコーヒーに練乳を混ぜて味わう...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
その日の気分によって豆を挽きたかったり挽きたくなかったりする。そんなコーヒー好きの悩みを解決してくれるのが、電動式と手挽きが両方可能なコーヒーミル「ARCO」。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。