3分でどこでもカフェになる「ポータブルエスプレッソメーカー」

エスプレッソ。それは熱湯が細かなコーヒーの粉と出会い、旨味をたっぷりと含んで滴り落ち生まれる至高の飲み物。しかし、家庭で作るには風味調整も難しく、一杯淹れるのにも随分と時間がかかるのだとか。

そんなか生まれたのが、レバーを下ろすだけでどこでも簡単に本格的なエスプレッソが楽しめる小型エスプレッソメーカー「レバープレッソ(LEVERPRESSO)」

©Makuake

テコの原理を利用した手動レバー式で、均一な圧力による安定した品質の味を実現。抽出時間圧力の強さを細かく調整することが可能となり、とことんこだわった自分好みの味を表現できるという。

さらに、通常のマシンだと余熱に5分以上かかるところを、3分で抽出まで終えることができるという便利さ。

携帯サイズなのでアウトドアオフィスに持っていけば、すぐにカフェクオリティのおいしいエスプレッソで一息入れることができる。

アレンジすれば黒ごまラテカフェラテ黒糖タピオカラテも作れるので、オリジナルレシピの幅も広がりそう。

価格は9340円(税込)〜。応援購入サービス「Makuake」にて先行予約販売中だ。

©Makuake
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

イギリスから日本初上陸したポータブルコーヒーメーカー「Brewer Mug」。今月16日から応援購入サービス「Makuake」で先行予約販売をスタート。
電気を使わず、持ち運び可能な「エスプレッソマシン」。自宅で本格バリスタの味。
水出しコーヒーメーカーには、ドリッパータイプ、ポットタイプ、パックタイプがあるなかで、一歩抜きん出た機能を持ったのが「リヴィーズ電動水出しコーヒーメーカー...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
イギリス発のコーヒー器具メーカー「ROK Coffee」が、自身が手がける「手動エスプレッソメーカー」を、2年の歳月をかけて大幅に改良。クラシックなデザイ...
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
「ZARA」は5月12日に、ヨーロッパ、アメリカ、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、5月13日に日本、中国でメイクアップコレクション「ZARA BE...
目覚まし時計とドリップ式コーヒーメーカーが一体となった「The Barisieur」。いよいよ国内販売へ。
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
「NESPRESSO(ネスプレッソ)」が、“東京”をテーマにつくった特別なコーヒー「ワールド・エクスプロレーションズ・トウキョウ・ヴィヴァルト・ルンゴ」の...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
「Jot」のボトルエスプレッソが簡単に本格的なコーヒーを愉しめると話題に。スプーン1杯分の「Ulrta Coffee」とホットミルクや氷などをお好みで混ぜ...
昨年末まで東京・大井町で営業していた「ネスカフェ 睡眠カフェ」が全面リニューアル。拠点を原宿に移し、3月24日(水)より営業を開始予定。
ネスプレッソのようなカチャッとカプセルを入れるタイプのコーヒーメーカーが常識になった今、亜流とも捉えられる「Flatev」。同じように手軽さがウリですが、...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
電気も火も要らないエスプレッソマシン「ナノプレッソ」の紹介です。
「ヤマダ電気」のオリジナル家電シリーズから、自動ドリップができるコーヒーメーカー「Auto Drip Coffee Make」がデビュー。
窒素と二酸化炭素のガスカートリッジを使用して、普段の飲み物にアレンジを加えるドリンクメーカー「サプライズボトル」。
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
アメリカのデザインスタジオMontaagが手がけた、コンクリート造りのエスプレッソマシン「AnZa」。レバーや注ぎ口は、白く化粧された人工大理石に真鍮を使...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。