飲めば飲むほど、「キノコ」がどんどん生えてくる恐怖のコーヒーメーカー!!

ICO(International Coffee Organization)の調べによると、世界の年間コーヒー消費量はおよそ1億5,020万袋(60kg/袋)。しかしコーヒーとして抽出されるのは、豆全体のたった1%にも及ばず、あとは出がらしになるのです。

コーヒーメーカー「HIFA」は、コーヒーの出がらしを手軽に再利用するため、ある画期的な機能を備えたアイデアを採用しました。

それは、な、なんと、出がらしでキノコを培養するというもの。

エコではあるが、シュールすぎ

テーブルの上に置いてあると、何ともシュール。

お客さんが来たら二度見されそうな見た目です。

飲めば飲むほど、キノコが育つ

いったいどういう仕組みになっているのでしょうか。

中をのぞいてみます。

これがHIFAの断面図。

美味しいコーヒーを淹れられるのはもちろん、キノコの菌を育てるために、あえて暗くてジメジメした環境を保つように設計されています。

ガラス部分はコーヒーの熱を逃がさない二重構造。出がらしは下の容器に蓄えられており、ここにキノコの菌を植え付けます。

菌糸が出がらしに広がったら水やり。

すると、数日のうちに美味しいキノコのできあがり。

収穫したキノコは、一部を培養用の菌として使うことで、コーヒーを飲み続ける限りキノコも育ち続ける、というサイクルができます。

出がらしを一切無駄にすることなく、キノコの成長を見守り、自分で育てたキノコを食べる楽しみまで得られる一石二鳥なコーヒーメーカーなのです!

実はまだ市場で発売されていません。商用権が獲得できれば、正式にリリースされる予定だそう。

各家庭で、「コーヒーを淹れること」と「キノコを育てること」が同義になる日が来ると思うと、面白いし楽しみですね。

Licensed material used with permission by Mauricio Carvajal, Adrián Pérez
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
ウィーンのコーヒー文化に危機感を覚えたFlorian HoferさんとManuel Bornbaumさんは、使い道のなかった“ゴミ”でキノコを培養するアイ...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
カニエ・ウェストがトラヴィス・スコットを迎えた新曲『Wash Us In The Blood』をリリース。虐殺、奴隷といった単語が登場し、現在も進行中であ...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
奄美群島・徳之島の国産コーヒーシーンを特集。第三弾は、島で唯一吉玉農園の国産コーヒーが飲める、犬田布岬の喫茶店「自家焙煎珈琲スマイル」へ。徳之島で作られる...
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
コーヒーは、起き抜けよりも「他の時間」に飲むほうがいいらしい。それは一体いつなのでしょうか。
窒素と二酸化炭素のガスカートリッジを使用して、普段の飲み物にアレンジを加えるドリンクメーカー「サプライズボトル」。
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
現在「マクドナルド」の「McCafe by Barista」併設店で「ワールドコーヒーツアー」キャンペーンを実施中。苦みの強いコーヒーに練乳を混ぜて味わう...
水出しコーヒーメーカーには、ドリッパータイプ、ポットタイプ、パックタイプがあるなかで、一歩抜きん出た機能を持ったのが「リヴィーズ電動水出しコーヒーメーカー...
「Smart Rope PURE」は、高性能センサーを内蔵。回数や消費カロリーを計測し、スマホで確認して効果的な有酸素運動を実行できる進化した縄跳びだ。
二度見しちゃうこと間違いなし!晴れた日にはレーニア山が見える「空中庭園」。形もまるで彫刻のようで、ラウンジ内にいてもビル外から見上げてもオシャレなデザインだ。
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
コーヒー好きな身として王道の楽しみ方ももちろん外せないけど……
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。