飲めば飲むほど、「キノコ」がどんどん生えてくる恐怖のコーヒーメーカー!!

ICO(International Coffee Organization)の調べによると、世界の年間コーヒー消費量はおよそ1億5,020万袋(60kg/袋)。しかしコーヒーとして抽出されるのは、豆全体のたった1%にも及ばず、あとは出がらしになるのです。

コーヒーメーカー「HIFA」は、コーヒーの出がらしを手軽に再利用するため、ある画期的な機能を備えたアイデアを採用しました。

それは、な、なんと、出がらしでキノコを培養するというもの。

エコではあるが、シュールすぎ

532850695104102451697861661818885737315091611648

テーブルの上に置いてあると、何ともシュール。

お客さんが来たら二度見されそうな見た目です。

飲めば飲むほど、キノコが育つ

いったいどういう仕組みになっているのでしょうか。

中をのぞいてみます。

6150891182751744

これがHIFAの断面図。

美味しいコーヒーを淹れられるのはもちろん、キノコの菌を育てるために、あえて暗くてジメジメした環境を保つように設計されています。

ガラス部分はコーヒーの熱を逃がさない二重構造。出がらしは下の容器に蓄えられており、ここにキノコの菌を植え付けます。

5085916997615616

菌糸が出がらしに広がったら水やり。

すると、数日のうちに美味しいキノコのできあがり。

収穫したキノコは、一部を培養用の菌として使うことで、コーヒーを飲み続ける限りキノコも育ち続ける、というサイクルができます。

出がらしを一切無駄にすることなく、キノコの成長を見守り、自分で育てたキノコを食べる楽しみまで得られる一石二鳥なコーヒーメーカーなのです!

6140443137933312

実はまだ市場で発売されていません。商用権が獲得できれば、正式にリリースされる予定だそう。

各家庭で、「コーヒーを淹れること」と「キノコを育てること」が同義になる日が来ると思うと、面白いし楽しみですね。

Licensed material used with permission by Mauricio Carvajal, Adrián Pérez
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
お茶は精神世界とつながっている。よくこんな表現がされますが、お茶を飲むことが私たちの創造力に磨きをかけてくれるという研究結果が出たようです。Valerio...
ウィーンのコーヒー文化に危機感を覚えたFlorian HoferさんとManuel Bornbaumさんは、使い道のなかった“ゴミ”でキノコを培養するアイ...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのような...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
ローストしたコーヒー本来のうまみを味わう、ごく一般的な飲み方のほかにもうひとつ、コーヒーに他の素材をブレンドし、付加価値をつけるスタイルが登場したのがここ...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
セグウェイから新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。軽くて小さいから持ち運びも簡単です。
コーヒーは、起き抜けよりも「他の時間」に飲むほうがいいらしい。それは一体いつなのでしょうか。
「押すだけで、最高のコーヒーと紅茶を淹れる」。コーヒー好きにとってはそんな夢のような話をモットーに作られた"FLASK"。このフラスコ型のコーヒー&ティー...
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
実は私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国ブラジルへ行って来ました。そう、コーヒー生産国世界ナンバー1の国です。世界で出回っている3分の1はブラジルのコ...