ドリップの時間さえ待てない、せっかちさん向け!

おいしいコーヒーを自分で淹れてスタートする朝って気分がいい。しかも、それが手軽にできれば尚のこと。好みは別れるけれど、僕の場合フレンチプレスがしっくりくる。

なんたって、ワンプッシュの手軽さがいい。朝からちょろちょろと一滴ずつのドリップ気分を楽しむ余裕なんてないわけで。

ワンプッシュで抽出、これ基本。
かすを出すのもポイッと押すだけ

66677135900672005334193756176384

これこれ、FLASKなるフラスコ型のコーヒーメーカーなんですが、同時にティーメーカーでもある。シンプルなこの抽出器具は、紅茶葉を抽出する際に“茶かご”としても利用できることから、紅茶を楽しむときにも利用されてきた。

もちろんこのFLASKも二刀流。

コーヒー粉あるいは茶葉を入れて、沸騰したお湯を注ぎ入れてしばし待ったらピストン付きのフタをかぶせてプッシュ、とね。

けれど、これだけならば単なるフレンチプレス。コイツがなにゆえ「せっかちさん」向けかというと……。

 

ぽんっ。
これもワンプッシュ

6029489368727552

というワケ。

ただ待つだけだし、手順はカンタンだし、誰が淹れても味にブレがないのもフレンチプレスのいいところ。だけど唯一難点を挙げるならば、ボク的にはあの煩わしい「お手入れ」だと思う。

ペーパードリップならばフィルター外して丸洗い。フレンチプレスはポット部とフィルター部に分けて洗う必要あり。まあこれだって“慣れ”なんでしょうけど、どうにも朝の時間となると、手間に思えてしまう。

その点、FLASKはびっくりするほど手入れがスムーズ。フィルターを取り出したあとは、これまたピストンを押すだけでポンッとコーヒーかすが飛び出ていくのだ。キモチいいくらいに。

4769689561464832

はっきり言ってしまえば、推しポイントはそこくらいかも。でもそれだけでいいし、それが大きい。容量も最大500mlと、2人分のマグにちょうどいい分量。

なんでも、カラダに有害とされるBPA(ビスフェノールA)を含まないプラスチックが採用されているらしく、健康面にも配慮してくれているようだ。

気になる方はこちらからどうぞ。

 

Licensed material used with permission by ALPHADOMINCHE LTD.
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
ポテトサラダの具を何にしようかは考えるでしょうが、「何を隠すか?」と考えたことはないはず。
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
この「GINA」は、Bluetoothを搭載したスマートなコーヒーメーカー。機能は非常にシンプル。豆の量を測る。そして、水の量を測る。基本的にはそれだけ。...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
「V60オートプアオーバーSmart7」は、湯量・湯温・スピードの3要素をコントロールできる、新感覚のコーヒーメーカーです。「コンパクトサイズで...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...
平日の朝食はいつも10分で用意したコーヒーとパンだけ。そんな人も、週末はもう少しパンとコーヒーをグレードアップさせてみない?
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...