「得意料理はフレンチトーストです!」と言うための5ステップ

いままでのやり方が間違っていただなんて……ショック。
なにがって、フレンチトーストの話です。

卵と牛乳の比率が適当だったり、パンもなんとなくで選んでいたりすると、理想のフレンチトーストからどんどん遠ざかってしまいます。こう忠告するのは「Your Tango」のChristine Schoenwaldさん。

彼女が伝授する5つのコツを参考にすると、簡単に絶品フレンチトーストができちゃいます。これで当分、フレンチトーストに失敗してがっかりすることはなさそう。

極上のフレンチトーストづくり、
コツを教えましょう

© iStock.com/LauriPatterson

つまらない朝食をゴージャスに、かつ食べ応えのある朝食がいいときは、フレンチトーストがぴったり。ちなみに卵とトーストの組み合わせはフランス特有ではなく、むしろフランス建国前から親しまれていたのだとか。

5世紀から受け継がれてきたローマの食をまとめたレシピ本『Apicius』によれば、ローマ人は、パンを牛乳(場合によっては卵)に浸けて、フライパンで焼いた"Pan Dulcis"たるものを古くから食べていたそうです。
15世紀には、ヘンリー五世の王宮で「失われたパン」を意味する"pain perdu"という名で、同等のものが出されたといいます(いま私たちがフレンチトーストと呼ぶのはコレ)。

フレンチトーストの誕生にまつわる都市伝説を語るのなら、ニューヨークはアルバニー州の宿屋の主人だったジョセフ・フレンチの名も挙げられます。この説によれば、彼こそが1724年に卵に浸けたパンを焼き、「French Toast」と名付けた模様。
というのも、本来は「自分がつくったトースト」という意味で「French's Toast(フレンチさんのトースト)」と名付けようと思ったものの、アポストロフィー(')の使い方がわからず「French Toast(フレンチトースト)」になってしまったのだとか。
だとしたら、そろそろフレンチさんに尊敬の意を示すべく「French's Toast」に名前を変えたほうがいいかもしれませんね。

名前問題はさておき、多くのシェフはいまだに完璧なフレンチトーストをつくるのに奮闘しています。たとえばパンの耳がカリカリに仕上がらず、湿った状態で仕上がってしまうのは、よくあるミス。このように失敗をしてしまうと、見た目も非常に微妙になってしまうんですよね……。

そこで私たちが伝授するのは、完璧なフレンチトーストのつくり方!

01.
肝心なのは、パン選び

© iStock.com/OksanaKiian

まず、薄すぎるパンはおすすめしません。牛乳と卵をしっかり吸収してくれる厚みのあるものを選びましょう。でないと、フライパンに乗せる前からパンがよれてしまいます。

おすすめはずっしりした精白パン、卵の入った白パン、それかブリオッシュ。
パンは乾燥していればいるほど、カスタードに合ういいスポンジになってくれます。もしも日が経って硬くなったパンしかなければ、135℃のオーブンに10分ほど入れ、乾燥させてから卵に浸けてあげるといいでしょう。

02.
卵とミルクの比率は厳守!

© iStock.com/ZAKmac

黄金の比率は、牛乳1/4カップに対して卵1個。ここにパンを2枚浸ける、というイメージです。この比率さえ守れば、スクランブルエッグ状になるのを避けられます。

さらには卵黄だけ使うという技も。卵の味が出てしまう原因は卵白の硫黄なので、卵黄だけ使えばこれが避けられます。

また、そもそもフレンチトーストはダイエットにそもそも不向きな料理。だからカロリーは気にせずに、低脂肪乳ではなくホールミルクを使いましょう。

03.
味付けも忘れずに

© New Africa/Shutterstock.com

フレンチトーストに使われる主な調味料といえば、シナモンとバニラエッセンス。ですが、この2つに留まらず、思い切って粉砂糖を足してみるのもいいですよ(カスタードとうまく混ざります)。

キャラメルのような味を再現したければブラウンシュガーを入れてもいいですし、スパイスラムやグラン・マルニエなどのアルコール類を入れるのもアリ。ただ、アルコールは入れすぎるとカスタードが負けてしまうので要注意。

04.
バターでなく油で焼いてみる

© iStock.com/NicolasMcComber

バターで焼くのが主流ですが、バターは引火点が低いので、下手するとすぐに焦がしてしまいます。解決策として、油を使うか、バター半分と植物油半分を組み合わせて使うのがおすすめです。

05.
材料にはいいものを選ぶ

© showcake/Shutterstock.com

フレンチトーストの仕上げにかけるメープルシロップは、なんちゃってを選ばず、必ずホンモノを使うこと。ホンモノのメープルシロップのほうが味が濃くておいしいので、最高の出来に仕上げてくれますよ。

大好きな誰かにおいしくてお洒落なブレクファスト・イン・ベッドでサプライズしてあげたいときは、この完璧なフレンチトーストさえつくることができればバッチリです。

Top photo: © iStock.com/OksanaKiian
Text used with permission by Your Tango
朝食やおやつの定番、フレンチトースト。最近、これを揚げて食べる「揚げフレンチトースト」なるものが流行中で、都内には専門店までできる人気ぶり。パンを卵液に浸...
女性の大好物であるフレンチトーストを、少しだけアレンジした創作スイーツがTwitterで話題です。食パンに乗せるのは、なんとプッチンプリン!?投稿からわず...
おやつとしてではなく、朝ごはんとしても人気のフレンチトーストは、栄養バランスも満点なんです。アレンジ次第で、健康にも美容にも効果が期待できる「朝からフレン...
ニュージャージーに住むAdam Hillmanさんのトーストは、私たちの想像を超えている。
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
その名はモンティクリスト。昨年ごろから何かと話題になっているソレを大まかに説明するならば、「フレンチトースト+クロックムッシュ」といったところでしょうか。...
シンプルで美しい、ワンプレートの朝ごはん日記を発信中の大人気インスタグラマー。山崎佳(@keiyamazaki)さんの投稿を、毎朝59万人以上が楽しみにし...
ふんわりトロトロの食感とじゅわ〜っと広がる甘みーー。でも、たまにはちょっぴり違うアレンジで!ミルク:3分の1カップたまご:2個刻んだタイム:ティースプーン...
もし、毎日の朝食にこんなに“可愛いトースト”がでてきたら…。1日が楽しい気持ちでスタートできること間違いなし!♡こちらは管理栄養士の小山未央さんが作った「...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
ふわふわ、とろとろ、芸術作品みたいなオムレツ。あれ、どうやって作ってるかというと…。
うまく保存していたって、どうしても固くなるのがバゲット。こうなるともう「どうしていいかわからない」って人、必読です!
えっ、写真なのに一部だけが不自然に動いてる。誰もが「美味しい!」と思える料理写真の表現方法が、新しい時代に突入していることをその目で体感してみませんか?画...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
甘いものが大好きな人も、普段そんなに食べない人も、カラフルで気分の上がる「SWEET TOAST」は、ステキな1日のはじまりにぴったり。誰もが食べたくなる...
トーストにも、熱々の麺にも、お肉に溶かすもアリ!このバターをトッピングするだけで、いつもの料理が極上の味わいに。
時間に余裕がある朝は、あまーいフレンチトーストと淹れたてコーヒーで優雅な朝食。お昼は友だちとカフェでおしゃべりして、夜はお家で映画パーティー。イラストレー...
平日の朝食はいつも10分で用意したコーヒーとパンだけ。そんな人も、週末はもう少しパンとコーヒーをグレードアップさせてみない?
ここで紹介するのは、いまInstagramで話題沸騰中のとあるトースト。fujifab12さんが投稿している、その名も「悪魔のトースト」はクセになるおいし...
いまもっとも話題のスイーツといえばこれ!一見、ふつうの目玉焼きトーストじゃん…と見間違えますが、じつはパンの上にのっているのは「雪見だいふく」なんです。そ...
「私たちは、東西両方の食材の中に共通点を見つけて、自分たちだけの食文化を作っていった。そしてそこにはいつも、あずきがあった」台湾人の母を持ち、アメリカで生...
マフィンやフレンチトースト、チョコブラウニー。いまや、マグカップで作るスイーツは誰もが知るところ。でもこの動画、グラノーラやなんとピザまで、すべてマグカッ...