日本人よ、これが正統派フレンチオムレツだ。

簡単、シンプルに見えるものほど奥が深い。世の中のあらゆるものがそうであるように、料理においてもそれが言えます。例えばこの「オムレツ」がそう。ふわっとさせて、トントントン。あの極意を紹介した「Gear Patrol」の記事を見つけました。

美しいフレンチオムレツが
料理人の第一歩

「私たちの学部長のひとりであるAndré Soltnerは元々Lutèceでシェフをやっていたんだけど、彼は美味しいフレンチオムレツが作れるようになると、自身のキッチンに入れてくれるんです」

とても謙虚な見た目ではありながらも、シェフ志望の人たちにとって、フレンチオムレツとは、やはり“リトマス試験”の立ち位置。NYの「インターナショナル・カリナリー・センター(以下ICC)」で、料理とペストリーアートの副会長を務めるCandy Argondizzaさんがその理由を説明します。

「卵は熱にとても敏感です。火をうまく調節して、加熱しすぎないようにすることは、とても高度な技術を必要とするから」

5435677122494464

ICCで生徒たちは最初にまず、よくできたオムレツの「形」、「色」、そして「触感」を学ぶんだそう。

彼らが教わる理想の姿は、無色でシワがなく、そしてbaveuse (フランス語で半熟の意)。つまり茶色がかっていて、ぎっしりしていて、シワが入っている“田舎オムレツ”と比べると、フレンチオムレツは真ん中辺りが半熟になったブリトーのようなイメージ。

そして、フレンチオムレツの平均調理時間は1分とちょっと。このわずかな時間で、中心部がクリーミーなフットボール型に仕上げるのには変わりないのですが、実際にかかる時間はオムレツによって若干変わってくるそう。

成功できるかどうかは、フライパンでの卵の動きをどれだけよく観察できて、どれだけ上手く手を入れられるか…つまりは調理師の技術次第。

では、どうすればそれが上手にいくのか。
秘密をお教えしましょう。

5982957961478144

【材料(1人分)】

・卵(大):2個
・ホールミルク:小さじ1
・バター:小さじ1
・コーシャーソルト:適量

【レシピ】

1. 
8インチ(約20センチ)のノンスティックフライパンを強火で温める。

(ノンスティックが誕生する前は、オムレツや卵用の鋳鉄製のフライパンを使う以外手段がありませんでした)

2. 
ボウルの中に卵を2個割り、卵白と卵黄が完全に混ぜ合わさるまで溶く。

(空気を入れたいわけではなく、黄身と卵白が完全に溶くのがゴール)

3. 
オムレツを柔らかくしてくれる脂肪分であるミルク、もしくはクリームを小さじ1杯入れる。フライパンに入れる前に、塩を1、2つまみほど振りかける。

(味付けは必ずオムレツを調理する前に済ませておく。プレートに乗せてから塩を振りかけるのは絶対に避けること)

4. 
フライパンが熱くなったら、バター(小さじ1)でフライパンの全面をコーティングするようにスライドさせる。バターが茶色に焦げ始める前に、卵を入れて、中火と強火の間に火を調整する。

(そして即座に次のステップへ移る)

5.
 耐熱のシリコンスパチュラを使って、凝乳やシワができないように卵を激しく混ぜる。

(そうしないと、スクランブルになってしまうため)

これを30秒くらい続ける。あとは端が加熱しすぎないように、随時スパチュラで卵をかきあげる。

6. 
卵の下の面が硬くなってきたら(上部はまだ半熟の状態であることを確認しつつ)かき混ぜるのを一旦ストップし、卵が行き渡っていないところに液を流し込むように、フライパンを回す。熱を止めて、理想の形に固まってくれるまで数秒待つ。

7. 
スパチュラを使って、卵の1/4を折りたたむ。再度1/4折りたたむ。

(目指すは、凸月<とつげつ>に似せた凸状の形)

8. 
フライパンの取っ手を持ち、フライパンの下部を硬い面に叩きつける。するとフライパンの縁から卵が剥がれてくれるので、すでに折りたたんである卵に向かって残りを巻きつけると同時に、プレートに転がすように乗せる。

(ここではテクニックが大事。フリタータのような平なオムレツもあれば、巻かれたオムレツもあるりますが、巻きオムレツはなかなか難しい。回数をこなして慣れる必要あり)

9. 
オムレツの形に満足がいかない場合は、手の平の横部分を使って、オムレツの横から突き出た部分をしまってあげる。

10.
 仕上げにバターを塗ってあげることで"光沢"を与える。

(これは、味も輝きも増す秘密兵器)

Licensed material used with permission byGear Patrol
組み合わせを考えたら、アリだと思うんですけどね。
バルの定番メニューのひとつが、このスペイン風オムレツ「トルティージャ」。むずかしい料理ではないんだけれど、ジャガイモを茹でる手間や、フライパンでひっくり返...
朝食やおやつの定番、フレンチトースト。最近、これを揚げて食べる「揚げフレンチトースト」なるものが流行中で、都内には専門店までできる人気ぶり。パンを卵液に浸...
おやつとしてではなく、朝ごはんとしても人気のフレンチトーストは、栄養バランスも満点なんです。アレンジ次第で、健康にも美容にも効果が期待できる「朝からフレン...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
女性の大好物であるフレンチトーストを、少しだけアレンジした創作スイーツがTwitterで話題です。食パンに乗せるのは、なんとプッチンプリン!?投稿からわず...
えっ、写真なのに一部だけが不自然に動いてる。誰もが「美味しい!」と思える料理写真の表現方法が、新しい時代に突入していることをその目で体感してみませんか?画...
フレンチ、中華、そしてトルコ、これが俗に言うところの世界三大料理です。その中でトルコ料理だけ、日本人の印象が薄いのはなぜでしょう。ドネルケバブのイメージは...
ふんわりトロトロの食感とじゅわ〜っと広がる甘みーー。でも、たまにはちょっぴり違うアレンジで!ミルク:3分の1カップたまご:2個刻んだタイム:ティースプーン...
レストランの入り口でよく見かける「食品サンプル」。本物みたいな出来にビックリすることも多いですが、「サンプル」なので、当然食べられません。ところが、今回ご...
春の行楽シーズンは、ちらし寿司や茶巾寿司など、薄焼き卵を焼く機会が増えてくるもの。普段のお弁当においても、彩りに重宝する料理です。ただ、薄焼き卵って地味だ...
思い立ったらすぐ作れるのに、炭水化物とタンパク質の両方が摂取できる。卵かけごはんは、忙しい朝の救世主だ。だけどビジュアルの地味さと庶民感は拭えない。そんな...
アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッ...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
かつて、フランス料理において泡=タブーな時代がありました。漉しが足りなかったり、温度が高すぎたり…料理人はスープやソースから泡をなくすべく格闘していたので...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
ビジュアルは、どこからどう見てもデコレーションケーキ。でも、その実態は…これは、見て楽しい、食べて楽しい、笑顔があふれる新しいかたちのサラダ「ベジデコサラ...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
その名はモンティクリスト。昨年ごろから何かと話題になっているソレを大まかに説明するならば、「フレンチトースト+クロックムッシュ」といったところでしょうか。...