「焼き」でも「揚げ」でもない 、肉を最高に仕上げる調理法

焼く、蒸す、揚げる、煮るなど、さまざまな加熱調理法がありますよね。そんな調理法のひとつ、「アロゼ」というフレンチのテクニックを知っていますか?

直訳すれば「水をまく」。でも、せっかく加熱した食材に本当に水をまくわけではありません。食材から出た油分や煮汁をかける、が正解。

もっともよく使われるのが肉を焼くとき。オリーブオイルや溶かしバターを食材にかけながら火を通していきます。そのうちお肉から出た油分やうまみが、オイルと渾然一体となって、お肉がどんどん美味しくなっていきます。

「アロゼ」をするメリット

同じ方法は魚を焼くときにも使えます。「アロゼ」するメリットは3つ。


素材の片面が乾燥するのを防ぐ。
皮目をパリッと焼いた魚や鶏肉のパリッと感をキープする効果もあります。


素材から出る味を余すところなく味わえる
焼いているうちに素材から流出してしまった成分をもう一度、食材にかけることができます。


ゆっくり火が通るから仕上がり柔らか。
片面だけ加熱されるよりも、両面からゆっくり加熱されるため、魚はふっくらと、肉はやわらかくジューシーに。

家庭でも“アロゼる”

コツさえつかめば、あとは簡単。

例えばステーキ肉の場合ならば、フライパンにオリーブオイルをたっぷりと引いて、弱火〜中火くらいの火加減で熱します。ステーキ肉を入れ、スプーンで肉の表面にオイルをかけ続けます。必要に応じてフライパンを傾けてもOK。

いつものステーキがびっくりするほど肉汁たっぷりジューシーに変身。ぜひお試しあれ。

唐揚げは、定食や弁当のおかずとして、特に鶏の唐揚げが老若男女を問わず高い人気があります。一方、竜田揚げは唐揚げとはまた違った味と食感で美味しいですよね。2...
素材の持ち味を逃さず、しかも柔らかく仕上がると、いま話題の調理法に“真空調理”があります。材料に応じた時間と温度設定で真空状態にしたお肉などを加熱していく...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
食材を昆布ではさみ冷蔵庫で寝かせる。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!
ウォーターローションとシリコンローションのいいとこ取りをしたような、肌なじみがいいテクスチャーが特徴です。
キャンプやBBQの醍醐味といえる肉料理を手軽に楽しむため、必要最小限のギアに集約させ、コンパクトにまとめた、アウトドアブランド「WAQ」からリリースされた...
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
卵と牛乳の比率が適当だったり、パンもなんとなくで選んでいたりすると、うまくなんてつくれません。でもこの5つのコツを参考にすると、フレンチトーストに失敗する...
シーズン問わず、コスパのいいおかず「塩サバ」ですが、いつも焼くだけではワンパターン。そこで、こんなおつまみはいかがでしょう。
最近よく聞くSDGsで出てくるレジリエンスってどういう意味?この疑問にお答えします!
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
“料理で世界を動かす人材”の育成を目指し「辻調理師専門学校」が2021年4月より"日本料理"に特化した新たな学科を新設すると発表。
フードスタイリストのToshihiro Uekiさん。フォロワー数12万人を越えるUekiさんのInstagramで大人気なのが「餃子」。フツーのようでい...
ふわふわ、とろとろ、芸術作品みたいなオムレツ。あれ、どうやって作ってるかというと…。
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
今夏持ち歩きたい“香りつき”の除菌ジェル、除菌スプレー、アロマハンドスプレー(ミスト)をピックアップ。SHIRO、ニールズヤード、パーフェクトポーション、...
村の古民家に暮らすように泊まれる分散型ホテル「NIPPONIA 小菅 源流の村」に、8月7日、新棟「崖の家」がオープン。
赤ワインをおいしい状態に仕上げるには、一定の長さ空気に触れさせておく必要がありますが、そのデカンタージュを代わりに果たしてくれるアイテムが登場しました。
フレンチシェフの業界で、これからを牽引するんじゃないかという注目すべき日本人シェフが、パリにいた……。
こんがり揚がったカリカリの衣、噛むとじゅわ~っと肉汁の染み出る唐揚げ。でも、お店みたいな調理器具はないし、特別なスパイスもない……。ここでは、簡単に家庭で...
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
「手羽先の唐揚げ」は油でカリッと揚げたあと、甘辛い秘伝のタレとスパイス、ゴマを振っていただきます。皮のパリっとした食感とジューシーな肉のうま味、さらにゴマ...
現代の食生活とマッチするよう干物をアップデート「アタラシイヒモノ」。