意外と知られていない「唐揚げを美味しく作る」コツ

こんがり揚がったカリカリの衣、噛むとじゅわ~っと肉汁の染み出る唐揚げ。でも、お店みたいな調理器具はないし、特別なスパイスもない……。

ここでは、簡単に家庭でプロの味を再現するコツを紹介しましょう。

ポイントは
ずばり「低温加熱」!

40ddefde81e721d4e73bf0c769e48d01410ce3bf

1.つけ汁ごと低温で下茹でする
つけ汁にお肉を入れ、低温で下茹でし、火を通してしまいます。こうすることで、一口噛んでみたら中は生焼け……なんてこともないですし、加熱しすぎて肉汁を失わせる心配はありません。
この手順を踏み、じっくりと加熱することで柔らかく仕上がり、つけ汁の風味を、肉の中までしみこませることができます。
ちなみに、鶏肉を加熱した茹で汁は濾してからお湯で割り、具を入れて煮るとおいしいスープになりますよ。

2.衣をつける前に、つけ汁の水けを切る
キッチンペーパーの上にのせて水けを切っておくことで、衣がベチャッとしてしまうことを防ぎます。

3.少量のベーキングパウダー
小麦粉にベーキングパウダーを混ぜることで、衣の食感をしっかりと残すことができます。

4.油の温度を180度に保つ
油の温度が下がってしまうと、衣がカリッとした食感になりません。小さい鍋や、少ない油でいっぺんに揚げてしまうと油の温度が下がりすぎてしまうので、少量ずつ揚げるか、少し高めの温度にしてから肉を入れましょう。

5.しっかり油を切る
せっかくカラッと揚がっても、油をよく切らないと衣がしなっとしてしまうことも。肉を油からを取り出す際には、よく油を切ってくださいね。また、網の上にのせて油を切ったあと、さらにキッチンペーパーの上に置くと、油をしっかりと切ることができます。

スタンダードな
唐揚げのレシピ

Cbd921aa81d2b85924e61dcdaa1bd87a290a95a6

【材料】
鶏もも肉:300g
A水:300ml
A醤油:大さじ3
Aみりん:大さじ3
Aおろしにんにく:1片分
小麦粉:大さじ4
ベーキングパウダー:小さじ1/4
揚油:適量


【作り方】
①鶏もも肉を一口サイズに切る。
②小鍋に①とAを入れて弱めの中火にかける。40℃~45℃まで加熱したら火を止め、蓋をして5分おく。
③肉を裏返して中火で70℃まで再加熱したら火を止めて蓋をする。5分おいたら取り出す。
④キッチンペーパーで水気をふきとる。
⑤小麦粉とベーキングパウダーを混ぜてまぶす。
⑥180度の揚油できつね色になるまで揚げる。

「揚げ物は失敗が怖くて、なかなか手が出せない…」なんて方も多いのではないでしょうか? でも、低温加熱ならば旨味を逃がさない上に、漬け汁がたっぷり染みこんでいるので、ジューシーさを保つことができますよ。
低温加熱をマスターして、失敗なしのカリッじゅわ~の唐揚げを作りましょう!

フードクリエイティブファクトリー
「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。
唐揚げは、定食や弁当のおかずとして、特に鶏の唐揚げが老若男女を問わず高い人気があります。一方、竜田揚げは唐揚げとはまた違った味と食感で美味しいですよね。し...
ゲッ!写真を見るなり、そんな声を発してしまった。だって、キモいし、グロい。そのカタチは、まるで映画『エイリアン』で登場するフェイスハガーそのもの。つまり、...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
昨今の健康ブームに乗っかって、ではなく日常的に食卓に「豆腐」が登場する国は多々あります。その起源は中国と言われ、ベトナムやタイ、カンボジアなど東南アジアの...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
普段、何気なく使っている「食材」にまつわる言葉も、明確に何が違うのかと言われると答えられないことがあります。例えば、ハムとベーコン、唐揚げと竜田揚げ、ツナ...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった書籍『聡明な女は料理がうまい』。この本は、社会が進化しても変わらない女性の生き方について、“料理”と“台所...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
もし、日本の食卓に並んだら、箸が進まないかもしれない。でも、他の国では愛され、好まれる料理を「The Infographics Show」の動画で紹介され...
「ゆうなんぎい」のお母さん、辻野愛子さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味噌味...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
「野菜炒めのコツは、強火で一気に炒めること」料理の常識として、当たり前のように語られていますが、こんな経験はありませんか?「言われたとおり強火で一気に炒め...
食卓にすっかり浸透した「ゆず胡椒」。そんなゆず胡椒愛好家の間で、話題になっているのが「かんずり」という調味料。その「かんずり」の魅力や料理がグンとおいしく...
麺がおいしい季節となりました。生麺や乾麺、茹で麺など。麺にも様々な種類がありますが、ささっと食べられる茹で麺は忙しいときや料理に時間をかけたくないときに重...
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...
手頃な価格で、あると便利な「きゅうり」。ついつい多めに買ってしまって冷蔵庫にきゅうりしかない…。そんな状況でも美味しくお腹を満たすことができる絶品のレシピ...
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
冷蔵庫を開けた時に、トマトしかない。でもお腹を満たしたいし、美味しいモノを食べたい! ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応えます。...