ミシュラン3つ星、SUSHI YASUDAのオーナーが教える「正しい寿司の食べ方」が勉強になる・・・

過去にニューヨークでミシュランの3つ星を獲得した「SUSHI YASUDA」。その元オーナーで、現在は南青山に「SUSHI BAR YASUDA」を構える安田直道氏が、外国人に「正しい寿司の食べ方」を指南しています。
その映像を見た世界中の寿司ファンたちからは、「もっと見たい!」「素晴らしいよ!」「まるでアートの世界!」といった、賞賛の声が相次いでいるのだとか。

えっ、そうだったの…
実は知らないものもある!?

まずはじめに、氏から一言。

「寿司といえば、ネタのことばかりを話しがち。でも、もっとも重要なのはシャリなのです」

と、ここで「寿司ビギナー」のジョセフさんが入店。少し緊張した面持ちです。

安田氏の店で提供される醤油やガリは、どれもすべて自家製。

「日本のワサビとホースラディッシュは色も刺激もまったく違います」

「試しにどうぞ」

「辛さがくる前に甘みがありました」

ここからは、いよいよ寿司を作り始めます。まずは、鉄火巻きから。使用するのは「日本一の海苔」なのだそう。

ここで【ルールその1】
細巻きは手で食べる

鉄火巻きや納豆巻きなどの「細巻き」は、直接手で食べます。醤油は片側に一度触れる程度。さらに…

【ルールその2】
ガリと寿司を一緒に食べない

「アメリカ人の中には、寿司とガリを一緒に食べる人もいますが、バッドマナーです」

【ルールその3】
醤油を付ける前は
コロッと90°回転!

この体勢から…

【ルールその4】
醤油はネタだけに
軽く付ける

【ルールその5】
一度付けた醤油は
振り落とさない

「揺さぶって落とすのは、男性トイレで」とのこと(笑)。

最後に【豆知識】

寿司はシャリとネタの「温度差」により、毎秒味が変化する模様。つまり、この大トロも「カウンター」で食べるのと少し離れた「テーブル席」で食べるのとでは味がまったく違うことに!

ジョセフさんも、カウンターで食べた大トロに大満足の様子。

もし、知らない作法があったなら次回から意識してみてください!

Licensed material used with permission by MUNCHIES.TV
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
日本人が愛してやまないソウルフード、お寿司。いまでは国境を越えて多くの人に愛されているけれど、ふと、理由が気になってしまったんです。アメリカの女性ライター...
イギリスにある最高!?のマリアージュを発見。「Runaway Brewery」が開発したGari Goseは、成分にガリや昆布、梅やすし飯が入っているビー...
創作寿司の可能性って、まだまだありそうですね。
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
20代のリアルカルチャーを発信する「Elite Daily」。食のトレンドを伝える記事は、目新しさ、驚きそして、若者ウケの良さが判断基準だったりして?ライ...
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
15,000を超えるRTを集めた「簡単寿司」の作り方がまさに目からウロコ!使うのは100円均一で購入できる製氷トレーです。確かにこれなら手がベトベトにもな...
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外、おいしい発見がありました。
意識して考えたことはありませんでしたが、言われてみれば確かにそう。すでに知っている人も多いかもしれませんが、海外でも取り上げられることが多い話題のようです...
2016年1月6日よりTOKYO MXで放送されている5分アニメ『SUSHI POLICE』のアイデアは、実際に起きた騒動が元になっているそう。ホームペー...
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
イタリア生まれの中国人シェフYujia Hu。彼の名前を覚えておいて損はない。もしかして、もしかすると、来年あたりTIME誌の選ぶ「最も影響力のある100...
オフィスランチをメンバー持ち回りで手作りしているTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもおいしいけれど、いろいろな人とこの場を共有したらもっと...
やはり「お米」がうまく炊けるかどうかで、その日の食事のおいしさが決まるといっても過言ではありません。おいしいごはんを炊くうえで重要なのは、下準備である「米...
栄養価の高いネバネバ野菜「オクラ」は、夏バテにも効果があると言われています。せっかくなので、おいしく食べるためのとっておきレシピを紹介しましょう。ごはん1...
空港で注目を集めること間違いなしの「スーツケースカバー」が話題になっています。ビジュアルは、どこからどう見ても“握り寿司”そのもの。きっと、国内はもちろん...
納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
コンビニやスーパーに並ぶ食品なら、おおよその原料と添加物がわかりますが、居酒屋やファミリーレストランなどの外食の場合、原材料は何も表示されていません。消費...
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外。おいしい発見がありました。