「軍の配給食はまずい」という声に、ミシュラン風アレンジで挑んだら…

写真は、第二次大戦勃発直後のアメリカで開発された、軍隊用の野戦食(コンバット・レーション)だ。レトルトパックに入った調理済みの料理や、エナジーバーなどが1食分ずつセットされているものだそう。

そこに記された「MRE」の3文字。
これはコードネームの類ではなく、英語の「Meals Ready to Eat」の略。文字どおり、どこでもすぐに食せて、栄養補給できるというもの。しかし、これが兵士たちからは不人気なんだとか。つまり、マズイということ。

「おいしくない」のは見た目のせい
トップシェフのアレンジでどう変わる?

支給が開始された1980年代初期、お世辞にも「おいしい」と言えるレベルではなかったようで、「Meals Rejected by Everyone(誰も見向きもしない食事)」とか、「Materials Resembling Edibles(食べものによく似たマテリアルだ)」など、兵士たちはMREのワードを文字って、揶揄したそうだ。

では、この不人気のコンバットレーションだけ(追加食材一切なし)を使って、シェフが“リアレンジ”すると、どんな科学反応が生まれるのだろう。NYのトップシェフChuck Georgeが、この難題に挑んだ。

ミシュランガイドで「星」を獲得する人気レストランで提供されているような、自由な発想と表現力で、見栄え(もちろん味も)に、はたしてどこまで近づけたのか?以下、各国のコンバット・レーションと、料理人とのコラボを写真で比較してみよう。これならおいしそう?それとも…。

01.
アメリカ軍

【メイン料理】
ベジタブル・タコ・パスタ、クラッカー、ローストピーナッツのつけ合わせ。

【デザート】
洋梨のコンポート、エナジーバーのローストピーナッツアシェ、ピーナッツバターとチリライムソースを添えて。

02.
フランス軍

【メイン料理】
仔牛のプレート、鹿のパテ、プルーン、ポークリゾットとマッシュルームヌガー、エナジーバー、チーズとビスケット。

03.
中国人民解放軍

【メイン料理】
ツナとスイートチリライムソースの焼きそば。

【デザート】
パイナップルと仔牛の膵臓レモネードの香り。

04.
リトアニア軍

【メイン料理】
肉(なんの肉かは不明)のタルタル、刻んだアーモンドとジャムをクラッカーにのせて、紅茶のフレーバーで。

【デザート】
2種類の食感が楽しめるレモン風味の「エネルギークリスタル」とチョコレートバー。

05.
大韓民国国軍

【メイン料理】
チキンと野菜の乾燥ビビンパにお湯をかけて、チリソースつき。

06.
ロシア連邦軍

【メイン料理】
豚の脳みそポテトシチューと牛ステーキのレッドソース。

【デザート】
プルーンバー、アップルマーマレードにはじけるレモネードと溶けたチーズソースで。

マズイか否かは、さすがに食べてみないことには分からないが、おいしさがどの程度伝わってきただろう。まあ、野戦食ということを考えれば、それこそ選り好みができる状況ではないのかもしれない。

それでもGeorgeのチャレンジによって、普段なかなか目にすることのない兵士たちの有事の食習慣が垣間見えたんじゃないだろうか。続きは動画で。

Licensed material used with permission by Henry Hargreaves
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
過去にニューヨークでミシュランの3つ星を獲得した「SUSHI YASUDA」。その元オーナーで、現在は南青山に「SUSHI BAR YASUDA」を構える...
北海道美瑛町に廃校を活用した「食の複合施設」がある。敷地内には、レストラン「ビブレ」、パン工房、ホテル、料理塾がそろっている。地元の食を通してよろこびを提...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
スイーツを中心に日本でも火がつき、今グルメたちの間で高い注目を集めている台湾料理。その中でも歴史と伝統のあるのが「素食」です。素食とは、台湾の精進料理のこ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
料理を語るうえで欠かせない存在はやっぱり母の味。人生の多くの時間を、食を共有することで得た価値観とはどんなものか。ある母娘の食に対する考え方を紹介します。
「うなぎの聖地」と言われる浜松には、関東風と関西風のお店がちょうど半分ずつあるそうです。なかでも明治25年(1892年)に浜名湖産うなぎの行商から始まった...
フリトレー社のスナック菓子「チートス」といえば、世界40ヵ国で販売されている人気商品。チェダーチーズの濃厚な味わいと食感がクセになっている人も多いのではな...
ここでは、自宅やパーティーなどで外国人を招いた際に気をつけるべき「食」についてご紹介。宗教などによって「何が食べられて、何が食べられないのか」。とくにこれ...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
英国のレシピサイト「Twisted Food」がクロワッサンを使った新しいメニューを考案。これを見たフランスの人々から、「神への冒涜だ!」などの非難の声が...
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
ピクルスと言えば、少し食感が固めの食材をイメージしがちですが、今回提案するのはアボガドのピクルス。聞いたことがないし、見たこともない人がほとんどだと思いま...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。──ぼくにとって「食」とは、どんな問題も解決へと導いてくれる...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。ーー日本人はひとつの味を同じように、一定の条件の許で食べてい...
食の知恵として古くからある保存法に「塩漬け」があります。肉も魚も野菜も、食材の水分を抜いて、保存性を高めるのに塩。塩分濃度が上がればその分、痛みにくくもな...
海外の日本食ブームをみていると、内食としてそれを取り入れるとき、扱いやすさ、アレンジの幅はかなり重要なようです。そういう意味で広く受け入れられたのが「SU...
日本のどこかで数日だけオープンする、今注目の幻の野外レストラン「DINING OUT(ダイニングアウト)」。過去には、佐賀県の有田や新潟県の佐渡で大きな成...