こんどは食文化を育む。北海道の廃校が「食の複合施設」に

「日本で最も美しい村」連合。そう聞くだけでなんだか旅情たっぷりな景色が浮かんできそうだ。北海道にある美瑛町(びえいちょう)も、その一員。そして、その町の小麦畑に囲まれた場所に「北瑛小麦の丘」という施設がある。敷地内にレストラン、ホテル、パン工房、料理塾がそろっているのだが、ここはかつて、「北瑛小学校」という小学校があった場所。2006年3月に廃校になったこの場所で、こんどは食文化を育むべく2014年にオープンした。 

【レストラン】
“ここ”でしか味わえない料理を。

レストラン「bi.ble(ビブレ)」では、料理塾の塾生を育てながらシェフが腕をふるう。北海道らしい壮大な景色を眺めながら、絶品フレンチを堪能できる。

野菜は近くの畑からとってきたばかりのものを。そして、食材は食の宝庫らしさを存分に発揮。まさに北海道でだから成せるコース料理となっている。

【パン工房】
目の前に小麦畑があるからこそ。

パン工房では、焼きたてパンを購入できる。美瑛の小麦畑からの恩恵を存分に受けたパンは格別。パン用に改良を重ねられた小麦が使用されているというのも、本気度がうかがえる。北海道在住の友人が、「とにかくもっちもち!そして、クロワッサンがとくに絶品」という情報とともに、会社の上司が車で2〜3時間かけてパンを買うためだけに毎週のように通っているという話をしてくれた。それだけでも、おいしさをはかるには十分だな、と思う。

【ホテル】
「朝食」を、楽しみに。

併設されているホテルには、ツインルームが全部で5室。朝食には、先ほど紹介した焼きたてパンを。「朝起きるのが待ち遠しい」なんて、そんな風に思うくらいには期待してもいいのではないだろうか。

【料理塾】
「作り手として」を学ぶ。

「食す場所」だけじゃなく、ここは「作る場所」でもある。料理塾は、施設全体が研修の場。農業研究機関、羊の牧場、チーズ工房、ワイン醸造所、そしてこの場所で。座学で理論を学び、実際にはたらきながら料理とサービスを学ぶ。たびたび、錚々たるゲスト講師を招き、料理人を育むことをゴールとしている。

 

ここを「食文化」の拠点に。

かつて学び舎だった建物を活かしたままの「北瑛小麦の丘」。新しいカタチになった今、この場所で、ほかにはない美食を提供し、そして作り手の育成まで担う。地元の「食」を通してよろこびを生み出し、それを次世代まで受け継いでいく。

かつての小学校の卒業生も、巣立っていった料理塾の塾生も、そして、観光のために遠方から足を運んだ人々も。「きっと、またここで。」そう言って集いたくなる、そんな場所だ。

 

 

レストラン「bi-ble(ビブレ)」

昼食/11:00~16:00(LO15:00) 夕食/17:30~21:30(LO19:30)
定休日/火曜日 ※祝祭日は営業

 〈11月~3月は冬季営業〉
昼食/11:30~15:00(LO14:00) 夕食/17:30~21:00(LO19:00)
定休日/月曜日~木曜日

 

パン工房

オープン/10:00
定休日/火曜日 ※祝祭日は営業

 〈11月~3月は冬季営業〉
オープン/11:00
定休日/月曜日~木曜日

 

※ホテル、レストランの利用は小学生以上 
※レストランはコース料理のみ
予約/0166-92-8100

 

美瑛料理塾 http://bi-ble.jp/ecole/

Licensed material used with permission by bi.ble
美瑛町といえば、近隣の富良野市と並んで北海道を代表する観光地のひとつ。中でも「パッチワークの路」と「パノラマロード」は二大観光コースと言われるほど、多くの...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
「北海道=大自然」と言われて反対する人はいないと思いますが、そんな広大な土地を生かした「国立公園」の存在については、意外と知らない人も多いのではないでしょ...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
地図や鉄道関連の本に多く携わってきたフリーライターの今尾恵介さん著書『番地の謎』(光文社)では、日本の住所表記について掘り下げ、歴史や傾向について詳しく紹...
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
ある者は、冬山のガイドをしてもらいたくて。ある者は、弟子入りをしたくて。北海道の札幌にある小さなホステル「SappoLodge(サッポロッジ)」には、名指...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
それは、北海道の自然をありのままに感じる、最高に贅沢なアウトドアステイ。広尾郡大樹町にある環境技術研究施設「メム メドウズ」内に、大自然一体型ホテル「ME...
愛知県名古屋市で教員生活をしていた山田忠男さん。定年退職を機に、北海道の厚真町で羊農家に挑戦しました。厚真町唯一の羊農家となり、羊肉を出荷しています。羊の...
北海道幌加内町の北部にある「朱鞠内湖(しゅまりないこ)」は、気象庁非公式ながらも、過去にとんでもない記録を叩き出した模様。なんかもう、書くだけで寒気がする...
北海道の上士幌町(かみしほろちょう)にある「タウシュベツ橋梁」は、ダムの湖底に沈んでいるコンクリート製アーチ型の橋。水位が季節によって変移する糠平湖という...
「食」をテーマにデザインするテキスタイルブランド・gochisouのデザイナー、坂本あこさんが、東京代々木上原エリアの伝説的パン屋「ルヴァン」のパンを、テ...
埼玉にある自家製酵母のベーカリー「タロー屋」では、季節折々の自家菜園の素材で酵母を起こし、その酵母でパンを焼いている。だが、この記事で注目したいのはパンで...
友人に絶対行けって言われた茨城・つくばのパン屋さん、「encuit(アンキュイ)」。誰がどう見ても、右から見ても左から見ても、外観が、「ガソリンスタンド」...