こんどは食文化を育む。北海道の廃校が「食の複合施設」に

「日本で最も美しい村」連合。そう聞くだけでなんだか旅情たっぷりな景色が浮かんできそうだ。北海道にある美瑛町(びえいちょう)も、その一員。そして、その町の小麦畑に囲まれた場所に「北瑛小麦の丘」という施設がある。敷地内にレストラン、ホテル、パン工房、料理塾がそろっているのだが、ここはかつて、「北瑛小学校」という小学校があった場所。2006年3月に廃校になったこの場所で、こんどは食文化を育むべく2014年にオープンした。 

【レストラン】
“ここ”でしか味わえない料理を。

D02b412ee51ebd036b82f471cabdcbf3d97ad871

レストラン「bi.ble(ビブレ)」では、料理塾の塾生を育てながらシェフが腕をふるう。北海道らしい壮大な景色を眺めながら、絶品フレンチを堪能できる。

6e2e97cd34b5b4d3b903df133ab3dddfb50a9cedA149a31ab929614646b3410584379e857b5237b3

野菜は近くの畑からとってきたばかりのものを。そして、食材は食の宝庫らしさを存分に発揮。まさに北海道でだから成せるコース料理となっている。

0cbe679ab77633275803a975ea27f5a95b3ee9d9

【パン工房】
目の前に小麦畑があるからこそ。

Cdbd2698e8ed7093845a75984788ebecc94c2331

パン工房では、焼きたてパンを購入できる。美瑛の小麦畑からの恩恵を存分に受けたパンは格別。パン用に改良を重ねられた小麦が使用されているというのも、本気度がうかがえる。北海道在住の友人が、「とにかくもっちもち!そして、クロワッサンがとくに絶品」という情報とともに、会社の上司が車で2〜3時間かけてパンを買うためだけに毎週のように通っているという話をしてくれた。それだけでも、おいしさをはかるには十分だな、と思う。

【ホテル】
「朝食」を、楽しみに。

74fed51adc431ed6189e697f6eaa25fabd337202

併設されているホテルには、ツインルームが全部で5室。朝食には、先ほど紹介した焼きたてパンを。「朝起きるのが待ち遠しい」なんて、そんな風に思うくらいには期待してもいいのではないだろうか。

【料理塾】
「作り手として」を学ぶ。

「食す場所」だけじゃなく、ここは「作る場所」でもある。料理塾は、施設全体が研修の場。農業研究機関、羊の牧場、チーズ工房、ワイン醸造所、そしてこの場所で。座学で理論を学び、実際にはたらきながら料理とサービスを学ぶ。たびたび、錚々たるゲスト講師を招き、料理人を育むことをゴールとしている。

 

ここを「食文化」の拠点に。

4c320c1417aefba862ea084394af7d5d5b0939d5

かつて学び舎だった建物を活かしたままの「北瑛小麦の丘」。新しいカタチになった今、この場所で、ほかにはない美食を提供し、そして作り手の育成まで担う。地元の「食」を通してよろこびを生み出し、それを次世代まで受け継いでいく。

かつての小学校の卒業生も、巣立っていった料理塾の塾生も、そして、観光のために遠方から足を運んだ人々も。「きっと、またここで。」そう言って集いたくなる、そんな場所だ。

 

 

レストラン「bi-ble(ビブレ)」

昼食/11:00~16:00(LO15:00) 夕食/17:30~21:30(LO19:30)
定休日/火曜日 ※祝祭日は営業

 〈11月~3月は冬季営業〉
昼食/11:30~15:00(LO14:00) 夕食/17:30~21:00(LO19:00)
定休日/月曜日~木曜日

 

パン工房

オープン/10:00
定休日/火曜日 ※祝祭日は営業

 〈11月~3月は冬季営業〉
オープン/11:00
定休日/月曜日~木曜日

 

※ホテル、レストランの利用は小学生以上 
※レストランはコース料理のみ
予約/0166-92-8100

 

美瑛料理塾 http://bi-ble.jp/ecole/

Licensed material used with permission by bi.ble
美瑛町といえば、近隣の富良野市と並んで北海道を代表する観光地のひとつ。中でも「パッチワークの路」と「パノラマロード」は二大観光コースと言われるほど、多くの...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
埼玉にある自家製酵母のベーカリー「タロー屋」では、季節折々の自家菜園の素材で酵母を起こし、その酵母でパンを焼いている。だが、この記事で注目したいのはパンで...
「食」をテーマにデザインするテキスタイルブランド・gochisouのデザイナー、坂本あこさんが、東京代々木上原エリアの伝説的パン屋「ルヴァン」のパンを、テ...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
友人に絶対行けって言われた茨城・つくばのパン屋さん、「encuit(アンキュイ)」。誰がどう見ても、右から見ても左から見ても、外観が、「ガソリンスタンド」...
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
スイーツを中心に日本でも火がつき、今グルメたちの間で高い注目を集めている台湾料理。その中でも歴史と伝統のあるのが「素食」です。素食とは、台湾の精進料理のこ...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
シンプルで潔ぎよい。東京・浅草にある老舗パン屋「ペリカン」には、たった2種類のパンだけ。食パンとロールパン。それは、ずっと変わらない。それでも、焼きあがっ...
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...