北海道・仁木町のワイナリーが作る「持続可能で人と自然に優しいクレヨン」

近年は台風や豪雨などの自然災害が増え、農作物が被害を受けることが社会問題に。傷んで出荷できなくなってしまった農作物が大量に廃棄されてしまっているという。

そんな状況の緩和に向け、北海道・仁木町の複合型ワイナリー「NIKI Hills Winery」は、出荷できない農作物を原料にしたクレヨンを開発した。

「NIKI Hills natural crayon」と名付けられたこの商品は、北海道の農家から提供された廃棄農作物を原料にした天然のクレヨン。化学物質過敏症に悩む方や小さな子どもも安心して使うことができるのだ。

また、今回開発された10色の味わい深い色の名前には、それぞれ「ワイナリーの食卓」をイメージさせるフランス料理や、同ワイナリーが製造するワインの名称がつけられている。薄桃色には「さくらんぼのコンポート」、緑色には「ブロッコリーのアミューズブーシュ」など、センス溢れる名前に、絵を描くうえでも芸術的な刺激を受けられそうだ。

さらに、同クレヨンの売り上げの一部は、義援金として仁木町に寄付されるという。ただ環境に優しいだけでなく、北海道の農家の復興にもつながる持続可能な素晴らしい取り組みだ。

『NIKI Hills Winery』

【NIKI Hills natural crayon】https://nikihills.co.jp/20200318/4476/

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
一見ランダムに決められているような配色ですが、元になっているのはゴッホの「星月夜」。夜空や星、月を描く時に使われた色がまとめられた1本のクレヨンです。
「私たちが届けたクレヨンで子どもたちが遊び、10分だけでも病院の中にいることを忘れられたら。このプロジェクトは成功だと思うね」ーThe Crayon In...
描いているうちに、突然違う色が現れたら、そりゃ使いづらいに決まっている。予想外の色が出てくることを「ノイズ」に感じるか、それとも「遊び心」と捉えるか。そも...
コクヨが秘密裏に開発したという自慢のクレヨンーーなんと水彩画のような透明感があり、下絵をかき消すことなく色が塗れるのだとか。もちろん鮮明な色使いが可能です...
「カーシェア」について、レンタカーとの違いやメリット・デメリット、おすすめのカーシェアサービスまで、網羅的に解説。
緑色ではなく、ピーマン。黄色ではなく、とうもろこし。ちょっと変わったカラー表記のクレヨンが話題です!楽しめるのは“誰も知らなかった色”その正体は、mizu...
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
クロアチアの“海底ワイナリー”「Edivo Vina」。普段は一般公開されていませんが、今なら期間限定で行くことができます。11月まで!
メジャーなワイナリーであろうとなかろうと、魅力的なぶどう畑は、結婚式を挙げるのにはパーフェクトなロケーションだといえるでしょう。単純にワインは素晴らしいで...
こんなふうに何かを「いつくしめる」人になりたいな。
世界一の座を4度獲得したファインダイニングの代名詞的レストラン「noma」が、新型コロナウイルスによる臨時休業を経て5月21日、約2ヵ月ぶりに営業を再開。...
NPO法人「True Animal Protein Price(TAPP)」が今月5日に発表したレポートによると、肉製品は環境や健康維持にかかるコストを反...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
デンマークの建築事務所「Henning Larsen」は、“建物すべてが木造で建てられた街”を構想中だ。
スウェーデンに「Kajstaden」と名付けられた9階建ての木造マンションが誕生。建築事務所「C.F. Møller Architects」が設計をおこな...
近年、シアトルでは街中や郊外にワイナリーが増加中。そのきわめつけが、都心部から車で30分の場所にあるワイン村・Woodinville(ウィッディンビル)。...
フランスの老舗鋳物ホーロー鍋メーカー「STAUB(ストウブ)」より「ヴィンテージフライパン」が復刻発売。
生産者から直接商品を購入できるオンラインマルシェ「食べチョク」が実施してきた「コロナでお困りの生産者さん」応援プログラムが、週末の5月31日で終了する。
一見気づきにくいほど周囲の自然に溶け込んだ小屋が、メキシコの西海岸にある田舎町サン・ファン・デ・アリマにあります。小屋とはいえ、中はホテルのロビーみたいに...
自然欠乏症候群。本来は、子どもたちが自然に触れる機会が少ないために起こってしまう、不眠などの症状を表します。とは言っても、大人にも当てはまるような気がしま...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
「優しい人になりたい」と思うことは至って自然なこと。でも、ただの“いい人”で終わってしまわないかと、少なからず抵抗をもつ人もいるかもしれない。そのようなネ...
アボカドサラダにトッピングされている様子は、とっても美味しそう!
北極圏にあるスヴァールバル世界種子貯蔵庫が、完成したのは2008年。農作物が絶滅したときに備えて、現在は約98万の種子サンプルが保存されているんです。