北海道・仁木町のワイナリーが作る「持続可能で人と自然に優しいクレヨン」

近年は台風や豪雨などの自然災害が増え、農作物が被害を受けることが社会問題に。傷んで出荷できなくなってしまった農作物が大量に廃棄されてしまっているという。

そんな状況の緩和に向け、北海道・仁木町の複合型ワイナリー「NIKI Hills Winery」は、出荷できない農作物を原料にしたクレヨンを開発した。

「NIKI Hills natural crayon」と名付けられたこの商品は、北海道の農家から提供された廃棄農作物を原料にした天然のクレヨン。化学物質過敏症に悩む方や小さな子どもも安心して使うことができるのだ。

また、今回開発された10色の味わい深い色の名前には、それぞれ「ワイナリーの食卓」をイメージさせるフランス料理や、同ワイナリーが製造するワインの名称がつけられている。薄桃色には「さくらんぼのコンポート」、緑色には「ブロッコリーのアミューズブーシュ」など、センス溢れる名前に、絵を描くうえでも芸術的な刺激を受けられそうだ。

さらに、同クレヨンの売り上げの一部は、義援金として仁木町に寄付されるという。ただ環境に優しいだけでなく、北海道の農家の復興にもつながる持続可能な素晴らしい取り組みだ。

『NIKI Hills Winery』

【NIKI Hills natural crayon】https://nikihills.co.jp/20200318/4476/

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

一見ランダムに決められているような配色ですが、元になっているのはゴッホの「星月夜」。夜空や星、月を描く時に使われた色がまとめられた1本のクレヨンです。
持続可能な観光業について取り上げるカンファレンス「Global Green Destinations Days(GGDD)」が10月6日〜8日に開催。今年...
「私たちが届けたクレヨンで子どもたちが遊び、10分だけでも病院の中にいることを忘れられたら。このプロジェクトは成功だと思うね」ーThe Crayon In...
描いているうちに、突然違う色が現れたら、そりゃ使いづらいに決まっている。予想外の色が出てくることを「ノイズ」に感じるか、それとも「遊び心」と捉えるか。そも...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
コクヨが秘密裏に開発したという自慢のクレヨンーーなんと水彩画のような透明感があり、下絵をかき消すことなく色が塗れるのだとか。もちろん鮮明な色使いが可能です...
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。