「サステイナブル税」の導入で肉製品が値上がり?欧州議会の新たなアクション

欧州議会が、肉製品に対して「サステイナブル税」の導入を検討中であるという。

NPO法人「True Animal Protein Price (TAPP)」が今月5日に発表したレポートによると、肉製品は環境や健康維持にかかるコストを反映させた“適正価格”に値上げする必要があるという。同提案の企画者の一人は「肉製品は、今まで長い間、持続可能性を無視し、人工的に低い価格が設定されてきた」と述べている。

同提案が採択された場合、牛肉100g当たり€0.47(約56円)、豚肉100g当たり€0.36(約43円)、鶏肉100g当たり€0.17(約20円)値上げされ、持続的に少しずつ税率を上げていくという。

この値上げによって、消費者は肉製品の持つ環境へのダメージが反映された“持続可能な選択”をすることが可能になる。また、この税金は持続可能な農業の推進や、野菜、果物やフェイクミート製品の値下げへと使われる予定だ。

畜産業によるCO2の排出や環境破壊が問題視され、欧米諸国では肉食離れが進んでいる。今回の提案による“肉製品の適正価格化”は問題解決への大きな一歩になるのではないだろうか。

Top image: © iStock.com/AQtaro_neo
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
山口県・下関市に拠点を置く辛子明太子の専業メーカー「前田海産」が、辛子明太子をほぐして袋詰めしたバラコ製品「MAEDA SAUCE」のEU・HACCP」の...
EUが国際社会のなかで大きな存在を占めていること、ブレグジットが連日ニュースを騒がせること。その規模の大きさから是非も議論されるようになってきていること。...
毎月29日の「肉の日」に、肉を知り尽くした“肉のプロたち”が厳選したお肉が定期で届くサービス「お肉のサブスク(定期便)」が今月1日からスタート。
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。
オウムアムアは「高度な地球外文明によって太陽系に送り込まれたエイリアンの探査機」。米ハーバード大学教授が新著を発表。
環境に優しいサステイナブルな食品原料として期待される「Solein」。空気中から抽出した二酸化炭素、水、電気からつくられたパウダー状のもの。栄養素の割合は...
「ABCクッキングスタジオ」より、新たにスタートした食品ロス削減のためのレッスンプログラム。料理教室のSDGsアクションに注目。
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
8月7日、ドイツの社会民主党と緑の党の議員たちが、肉製品の軽減税率(7%)を廃止し、付加価値税率(19%)を適用することを提案した。
来秋発売の「Forever Floatride GROW」は、「Reebok」が誇る独自のクッショニング素材「Floatride」を搭載した高機能ランニン...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...
8月、「ハバリーズ」より、持ち運び可能な紙パックミネラルウォーターが発売。容器には100%再生可能な素材を採用。
イギリスのインペリアル・カレッジ・ロンドンが、スマホをかざすと食べ物が腐っているかがわかるセンサーを開発中だと発表。これまでにも似たようなセンサーは開発さ...
日進月歩の「代替肉」市場。今年も話題に事欠かない一年でした。
花火の夢の意味とは?花火の夢について、登場人物、シチュエーション別に夢占いの専門家が解説します。
フレグランスカプセルが入ったマスク用のノーズパッド「Petitnina nosepad」(プチニーナ ノーズパッド)」が、2月6日(土)までクラウドファン...
1月21日、スターバックスがサステイナブルな新戦略を発表。植物ベースのオプションを拡大することや使い捨てから再利用可能なものに変更すること、食品廃棄物を再...
ドイツに誕生した「廃棄商品専門スーパー」が今、注目を集めている。このスーパーで売られている食品はすべて“廃棄が迫っている食品”や“賞味期限の切れた食品”。...
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
欧州一高いビルになる予定。フロアの多くはオフィスとなるようですが、34基のエレベーターが導入して、待ち時間を大幅に削減するそう。
2019年4月にスイスの食品会社ネスレが、植物性の人工肉を販売すると発表しました。
カナダ議会は、イルカを含むクジラ目の生物の捕獲や繁殖を禁止する法案を可決。2015年に議会に提出されたものが、ようやく成立する見通しだ。