「これからの持続可能性とは?」欧州でもっとも重要なキュレーターが語る

前回の記事では、科学、テクノロジー、アートの三者の融合を先導する欧州でもっとも重要なキュレーターの一人であるマヌエル・シラウキ氏について述べました。

今回は氏への取材を通じて、もう少しこのテーマを深堀りたいと思います。

©Ana Habash

──なぜ「S+T+ARTS」にとって科学、テクノロジー、アートの融合は重要なのでしょうか?

※「S+T+ARTS」/マヌエル・シラウキ氏がキュレーターとして参画している、欧州委員会が先導するプロジェクト

「『S+T+ARTS』は欧州における科学、テクノロジー、アートのコラボレーションや相乗効果を促すための取り組みとして生まれたもの。しかし、実際はこの3つの分野が連携することで一つのものになっています。

なぜなら、三者には深い部分で共通点が多いから。好奇心、研究、現状への疑い、問題提起、創造的な解決策の模索、そして発見を生み出すための実験などがそう。

こうしたプロセスを通して人類の発展のための新たな道が開かれ、予測不可能な出来事の連鎖が生じる。そして、これらの共通の特徴が、分野間の創造的な対話を可能にし、イノベーションと発明のサイクルそのものの更新を可能にしているのです」

──今注目しているテクノロジーはありますか?

「『素材』です。

新素材の開発が持続可能な生活のポイントであることに疑いの余地はない。廃棄物を価値ある製品にアップグレードするアップサイクルは非常に尊いのですが、私たちの資源消費パターンを変えるには小さな改善と言わざるを得ません。

アーティストにとって、この分野の持つ可能性は複雑であると同時に、非常に刺激的なものでもあります。イリス・ヴァン・ヘルペンやアンドレア・リンのように、新素材を使った作品を制作しているアーティストはすでに存在している。この傾向は何十年も前からアートの世界で高まっていて、今ではほぼ主流の一つと言えるほど。

そのなかにはベルリンを拠点に活動する菅野壮氏や、2017年にS+T+ARTS賞を受賞したやくしまるえつこ氏など、日本のアーティストも含まれます」

──アーティストは世間が関心を持つ遥か前からさまざまな可能性を模索、提示してきましたね。新素材は私たちの世界をどう変えると思いますか?

「科学やテクノロジーの世界でも、バイオポリマーからスマートファイバー、複雑な部品の自己組織化、あるいは廃棄物の細菌による自己分解など、新しい素材が世界を変える可能性を秘めてきています。

素材が有機物になれば、廃棄した段階で自然の一部に戻っていく。人間と自然を分断して考えない、自然界のサイクルに合った生産・消費モデルといえるでしょう。

また、合成DNAをデータ保存に利用するなど新しい分野の研究も始まっている。このように素材自体にイノベーションを起こすことで持続性の考え方に本質的な変化が見込まれるのです。

これからの持続可能性とは、単にエコやアップサイクルといった話ではありません。それは、自然界との新たな提携、資源利用の契約、ポジティブ・インパクトの新たな考え方、種を超えたコラボレーションを発明することなのです」

©Rene Bade

Google社が「Google Street View」を発表する遥か前、1978年にマイケル・ネイマークというアーティストが「アスペン・ムービー・マップ」というプロジェクトを通して自宅から遠隔地を訪れるという案を具現化しました。中谷芙二子氏は、1970年の大阪万博で化学物質を一切使わない方法で生み出した霧を使ってパビリオンを包み世界を驚かせました。

アーティストと科学やテクノロジーのコラボレーションは常に時代の一歩も二歩も先をゆく発想や視点を生み出してくれる。やはり、科学、テクノロジー、アートの融合は私たちの未来を明るく照らす強力なコラボレーションと言えそうです。

インタビュー【後篇】は30日15時公開

Top image: © Rene Bade

関連する記事

欧州でもっとも重要なキュレーター「マヌエル・シラウキ」氏の紹介。
欧州でもっとも重要なキュレーター「マヌエル・シラウキ」氏へインタビュー(後篇)。
NPO法人「True Animal Protein Price(TAPP)」が今月5日に発表したレポートによると、肉製品は環境や健康維持にかかるコストを反...
持続可能な観光業について取り上げるカンファレンス「Global Green Destinations Days(GGDD)」が10月6日〜8日に開催。今年...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
再生プラスチックから建築するテクノロジーを持つノルウェー発のスタートアップ「ohalo」に、JDS建築会社CEOのJulien De Smedtがジョイン...
「『科学によって証明された』と言われると、偏りのない事実のように感じられるけれど、実はそうではない側面がある」と語るのは、サイエンスジャーナリストのAnn...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
来年2月20日〜24日、「アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場」をコンセプトに掲げるアート×テクノロジーのイベント「...
イギリスの神経学者たちが科学的な実証を得て作成した「地球上でもっともリラックスできるプレイリスト」。コールドプレイやアデルといった現代のアーティストからモ...
Twitterのツイートを額に入れてアート作品として販売する会社がある。売れ筋の作品は、Donaldo Trump氏やKanye West氏のウィットに富...
スウェーデンに「Kajstaden」と名付けられた9階建ての木造マンションが誕生。建築事務所「C.F. Møller Architects」が設計をおこな...
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
国連は生態系の破壊が、動物の病気が人間に進入する危険性を高め、新型コロナウイルスのような感染症のパンデミックを頻発させる可能性を指摘した。
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...
「読む」、「書く」、「なにもしない」の3つの過ごし方を軸に、自分のために時間を使う贅沢を味わう"RETREA Healing Lounge"(リトレア ヒ...
欧州でもっとも重要なキュレーター「マヌエル・シラウキ」氏の紹介。