欧州でもっとも重要なキュレーター「マヌエル・シラウキ」を知っているか?

アート・シンキング関連の本が数多くヒットしたことで、日本でもアートが身近な存在になりました。

アート・シンキングとはアーティストの思考プロセスをビジネスに応用しようという考え方。まだ存在しない未知の何かを生み出すアーティストの創造力をビジネスに応用すれば、世界を変えるような新しい製品やサービスが生まれるのではないか?そんな期待が起源になっています。

その重要性は日本でも注目されるようになり、最近では多くの展示会やアートシンキングのイベントが開催されています。しかし、ヨーロッパでは、アートはさらに重要な役割を果たしており、日本のアートに対する考え方とは一線を画しています。

そんな本場で一目置かれている人物が、世界でも指折りの美術館であるビルバオ・グッゲンハイム美術館でキュレーターを務めるマヌエル・シラウキ氏。

©Rene Bade

彼がキュレーションをおこなった展示会が軒並み成功を収めてきたのは特筆に値しますが、真に注目を集めているのがアート、テクノロジー、サイエンスを繋ごうとするその姿勢です。

三者を繋ぐなんて突拍子もない話?じつはその関係性は今に始まったことではありません。

レオナルド・ダ・ヴィンチに始まり、モールス信号を発明したサミュエル・モールス、「それでも地球は回っている(動く)」という言葉で有名なガリレオ・ガリレイなど多くの科学者やテクノロジストがアートを学んでいました。

最近ではAppleのスティーブ・ジョブズやAirbnbの共同創業者、ブライアン・チェスキーとジョー・ゲビアなどテック界をリードする経営者たちがアートを学んでいたことも有名な話です。

©Rene Bade

マヌエル・シラウキ氏がキュレーターとして参画しているのが、欧州委員会が先導する「S+T+ARTS」というプロジェクト。Science(科学)、Technology(テクノロジー)、Arts(アート)の頭文字を取ったもので、このプロジェクトの存在意義はただ単にイノベーションを加速させることではなく、社会における三者のバランスを取ることにあります。

今やGAFAに代表されるテック企業とテクノロジーが私たちの生活に与える影響は非常に大きくなり、私たちの関心はいっときの利便性や目先の経済性を重視してしまいがち。すると気づかないうちに社会や環境のあらゆるところに歪みが生まれ、いつの間にかテクノロジーに合わせて人間が生活するというおかしな状況が生まれてしまう。

本来、テクノロジーは私たち人間のためにあり、新しいテクノロジーが生まれる背景には科学の進歩があります。

人間の本質を理解するためのアート、人間の可能性を広げるテクノロジー、人間の住む世界の理を明らかにするサイエンス。これらの融合がイノベーションを加速させるのは、そもそも三者が密接した関係にあるから。

だからこそ、シラウキ氏の考え方は私たちの未来を知る大きなヒントになるはず。そんな思いからインタビューを実施しました。

インタビュー(前篇)は28日15時公開

Top image: © Ana Habash

関連する記事

欧州でもっとも重要なキュレーター「マヌエル・シラウキ」氏へインタビュー(前篇)。
欧州でもっとも重要なキュレーター「マヌエル・シラウキ」氏へインタビュー(後篇)。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
新しい時代の都市と自然と人々のありようや、新たな建築、空間のありようを模索する建築集団「チームラボアーキテクツ」が保育園を設計。
来年2月20日〜24日、「アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場」をコンセプトに掲げるアート×テクノロジーのイベント「...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
日本の文化、アート、モノづくりを発信するデジタル体験施設「羽田出島(DEJIMA by 1→10)」が、「羽田空港」に隣接した複合施設「羽田イノベーション...
「Indeed」がおこなった、今、イギリスでもっとも高収入な職業調査。1位の平均年収は£145,000(=約2000万円)に及ぶとか。
「触ってるだけで落ち着く」「手持ちぶさた解消」など、不思議な中毒性で大人がどハマりするフィジェットトイ(暇つぶし用玩具)に、新たなアイテムが登場
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
イギリスの神経学者たちが科学的な実証を得て作成した「地球上でもっともリラックスできるプレイリスト」。コールドプレイやアデルといった現代のアーティストからモ...
欧州一高いビルになる予定。フロアの多くはオフィスとなるようですが、34基のエレベーターが導入して、待ち時間を大幅に削減するそう。
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
「『科学によって証明された』と言われると、偏りのない事実のように感じられるけれど、実はそうではない側面がある」と語るのは、サイエンスジャーナリストのAnn...
どこで生まれ育ったかは、味覚を決定するうえで重要な要素なんですね。
11月2日(土)より『特別展 ミイラ 〜「永遠の命」を求めて』。国立科学博物館で開催。世界のミイラが一堂に会する。

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
普段何気なく着ているつもりのブラも、時代やマインドが反映されていることが分かるおもしろい結果に。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
Giuseppe Colarusso氏の作品『IMPROBABILITA’』シリーズは、あれ?これってあり得ないよね…という、ありそうで非現実的なものばか...
「コクヨ株式会社」からクリエイティビティを刺激する新ブランド「PERPANEP(ペルパネプ)」が登場。