「アフターコロナの未来で大切なこと」欧州でもっとも重要なキュレーターが語る

2回にわたり、科学、テクノロジー、アートの融合がなぜ私たちの未来を創るのかについて紹介してきました。

では、マヌエル・シラウキ氏はアフターコロナの未来をどう見ているのか?この問いに対し、氏はこう答えました。

「私たちはすでに未来に生きている」

©Rene Bade

昨夏、コロナパンデミックの真っただなかに、彼がキュレーションした「NEAR+FUTURES+QUASI+WORLDS(近未来準世界)」という展覧会がベルリンで開かれました。

「QUASI」というあまり聴き慣れない単語は日本語に直訳すると「準」。ほぼ何かであるが、完璧にそれではないというニュアンスで使われます。つまり、この展示会では、ほぼ実現しつつある近未来の世界を提示することが目的でした。

──あの展覧会で伝えたかったこととは?

「あの展覧会は、芸術的、技術的、科学的な研究における特別な時間の捉え方に迫ったもの。創造的な仕事は決して完成することはなく、常に何かが近未来に投影されている。

たとえば、科学、テクノロジー、アートの世界では、何かが生まれた瞬間から次の探求と創造に向かって動き出し、そこに終わりはありません。科学者、技術者、アーティストは常に“ほぼ”完成した世界に生き、さらなる未来の実現に向け日々創造を続けています。つまり、創造とは何かが実現する瞬間からさらに一歩先に離れ、進歩的な動きと実験的な変化のなかで生きることだといえます』

氏はこの哲学的な考え方こそが、アフターコロナの未来を考えるうえで重要だと説明する。なぜか?

「パンデミックの影響で、最初は仕事や生活の変化に順応するのが大変でしたが、慣れてくると今を生きること、今を創りながら生きていくことの大切さを実感し始めます。人類史上初のコロナという危機に直面したことで、本当に大切なモノやコトに気がついた人も多いと思います。

希望とはさまざまな制約を課された最悪の状況でも、可能性を体験することから生まれるものです。困難な状況下でも課題を受け入れ、解決策を考え出し、共有し、乗り越えるためのエネルギーを生み出すことで未来への自信が湧いてきます。ただ単にすべてが良くなるという非現実的な約束や、行動を伴わない楽観的な観測から希望が生まれるわけではありません。

だからこそ、今の私たちに必要なのは受け身の未来予測ではなく、どんな未来を創りたいかを能動的に考え、現在という時間軸でそれを創造することだと言えます。アフターコロナの世界がどうなるかに思い悩むのではなく、コロナを経験した今、私たちがどのような世界を創り上げたいかが大切なのです」

©Rene Bade

シラウキ氏の「私たちはすでに未来に生きている」という言葉は、どんな未来を創りたいかという私たちの考えが現在を創っているということ。未来を持続可能なものにするには、今のうちに積極的に未来に向かって創造する必要があります。

今こそ協力して創造し生み出し続けることで、いつかコロナが過去のものになった時に未来の世界を大いに楽しみ感謝することができるはずです。

Top image: © Silvia Poch

関連する記事

欧州でもっとも重要なキュレーター「マヌエル・シラウキ」氏へインタビュー(前篇)。
欧州でもっとも重要なキュレーター「マヌエル・シラウキ」氏の紹介。
来年2月20日〜24日、「アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場」をコンセプトに掲げるアート×テクノロジーのイベント「...
フランス出身のアーティストがスイスの丘に描いた巨大地上絵「Beyond crisis」。そこにはアフターコロナの世界への、作者の願いが込められていた。
新しい時代の都市と自然と人々のありようや、新たな建築、空間のありようを模索する建築集団「チームラボアーキテクツ」が保育園を設計。
世界一の座を4度獲得したファインダイニングの代名詞的レストラン「noma」が、新型コロナウイルスによる臨時休業を経て5月21日、約2ヵ月ぶりに営業を再開。...
世界各地に感染拡大している「コロナウイルス」の勢力をリアルタイムで可視化したマップが、「CSSE」(ジョンズ・ホプキンズ大学のシステム科学工学センター)に...
中国のスマートシティ雄安新区の都市計画コンペで、スペインの「Guallart Architects」が「自給自足都市」を設計し、見事に優勝。その未来都市っ...
ローマを拠点にするデザイナーUmberto Menasci氏は、“アフターコロナ”の時代の新しいビーチの形として「SAFE BEACH」と題したデザイン案...
東京、お台場の「日本科学未来館」にて、「昆虫食」を気軽に体験できるフェアが2021年2月末まで開催中。
「触ってるだけで落ち着く」「手持ちぶさた解消」など、不思議な中毒性で大人がどハマりするフィジェットトイ(暇つぶし用玩具)に、新たなアイテムが登場
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
コロナ感染対策の措置として、酒類の販売禁止に踏み切った南アフリカ。これにより、国外での販売経路を完全に断たれた南アのワイナリーたち。海外マーケットに頼る他...
ゲーミング機器メーカー「Razer」から、近未来的スマートマスク「Project Hazel」が登場。衛生面や環境への配慮、そして先端のテクノロジーを活用...
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
イギリスの神経学者たちが科学的な実証を得て作成した「地球上でもっともリラックスできるプレイリスト」。コールドプレイやアデルといった現代のアーティストからモ...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
普段何気なく着ているつもりのブラも、時代やマインドが反映されていることが分かるおもしろい結果に。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
Giuseppe Colarusso氏の作品『IMPROBABILITA’』シリーズは、あれ?これってあり得ないよね…という、ありそうで非現実的なものばか...
「コクヨ株式会社」からクリエイティビティを刺激する新ブランド「PERPANEP(ペルパネプ)」が登場。