世界でもっとも高価なアートが「グランド・セントラル駅」に!その素材とは?

先日、ニューヨーク市マンハッタンにある「グランド・セントラル駅」“世界でもっとも高価なインスタレーション”が設置された。

一見ただの紙切れが渦巻いているようにも見えるこの作品、じつはすべて大学の卒業証書でできているというのだ。

「Da Vinci Of Debt(負債のダ・ヴィンチ)」と名付けられたこのインスタレーションは、実際に卒業生からレンタルした本物の卒業証書2600枚で構成。

さて、世界でもっとも高価とは......いったい?

アメリカで大学卒業にかかる費用は平均で18万ドルであり、このインスタレーションの総価値は、現時点で世界でもっとも高い値段が付けられたダ・ヴィンチの『サルバトール・ムンディ」を超えるという意味なのだとか。

大学卒業にかかる費用の高さとそれに伴う学生ローン問題を訴えかけているこの作品は、「アンハイザー・ブッシュ 」が販売するビール飲料「Natural Light」によって作成されている。

同社は、高額な学生ローンを抱える人々を支援する「Natural Light College DebtRelief」というプログラムをおこなっており、毎年100万ドルを寄付しているのだという。

ちなみに、このインスタレーションのために卒業証書を提供した学生にも100ドルが支払われたそうだ。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
世界でもっとも権威のある英国の教育専門誌『タイムズ・ハイヤー・エデュケーション』と2016年に業務提携をしたベネッセグループが「THE世界大学ランキング日...
数多くの人気漫画を抱える「集英社」が「スタートバーン株式会社」と提携を結んで、世界へ向けたマンガアートの販売サービス「「SHUEISHA MANGA-AR...
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
新たな観光スポットとして要チェックです。
多数の著名なアーティストを排出していることでも知られる英国ロンドンにある「ゴールドスミス・カレッジ」。現在、同大学キャンパスに大量のニンジンを用いたインス...
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
食とアートを融合したライフスタイルを提案する体験型レストラン「TREE by NAKED」より、アートミール体験ギフトが登場。ARやVRを使い、自宅でも「...
「アディダス ジャパン株式会社」と「オールバーズ合同会社」が、コラボレーションによるランニングフットウェア「FUTURECRAFT.FOOTPRINT」を発表。
多くの人の注目を集めるのが上手いIKEAイズムの真骨頂とも言えるのが、この広告キャンペーンです。新店舗オープンの際に、パリの地下鉄の駅をショールームのよう...
7月10日の深夜0:00から、東京・品川の「Sameギャラリー」で開催される「盗めるアート展」は、国内外アーティストの作品を“盗める”アート展。セキュリテ...
今回は高輪ゲートウェイ駅にあるスターバックスコーヒー。日本初のキャッシュレス特化型店舗としてオープンしたスターバックスにある「SMART LOUNGE」っ...
都市計画からプロダクトデザインまで、幅広い分野で活躍しているUNStudio。彼らが、アムステルダムからフランクフルトまでを53分で走行する“ハイパールー...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
奈良県・東大和の広大な大自然を舞台に芸術祭「MIND TRAIL 南大和 心のなかの美術館」が開催。吉野町、天川村、曽爾村の3つの地域をそれぞれ3時間〜5...
家で過ごす人々と作品発表や販売の機会を失ったアーティストの作品をつなぐことを目的にした期間限定ECサイト「ONE ROOM ART」。
『海の見える駅』というWEBサイトをご存知だろうか。全国各地、厳選された『海の見える駅』を掲載しているこのWEBサイト。運営しているのは、村松 拓さんとい...
『海の見える駅』というWEBサイトをご存知だろうか。全国各地、厳選された『海の見える駅』を掲載しているこのWEBサイト。運営しているのは、村松 拓さんとい...
4月2日、「Google Arts&Culture」のアプリ版に新機能「Art Transfer」が追加された。Art Transferでは、その場で撮っ...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。その村松さんに、とっ...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
約6年間にわたり修復工事を行なっていた、福岡県北九州市の門司港駅がリニューアルオープン。大正時代にタイムスリップしたような気分でひと休みできる、レストラン...
東京、JR中央線の国立駅の改札窓口では、「少量しかつくれないもの」や「商品にストーリーがあるもの」など、ここでしか手に入らない逸品を、駅社員が販売するとい...
高さ20メートルもあるこの“木”、コットンを手で編んでつくられたもの。ブラジル出身のアーティストErnesto Neto氏によるインスタレーションです。初...
英『The Times Higher Education』から、最新の世界大学ランキングが発表された。
画材を取り扱う「Ken Bromley Art Supplies」が、2020年にGoogleで検索数のもっとも多かった芸術家を国別に地図で表現した!