「2020年にもっともググられた芸術家たち」を世界地図で表現!

気軽に美術館に足を運べなくなってしまった今日このごろ......。それでもワンクリックで著名なアーティストたちの作品を鑑賞できるのは、この時代のいいところ。

そんな時代を象徴するように、画材を取り扱う「Ken Bromley Art Supplies」が、2020年にGoogleで検索数のもっとも多かった芸術家を国別に地図で表現した!

82ヵ国で一位を獲得した圧倒的な王者はレオナルド・ダ・ヴィンチ

『最後の晩餐』『モナ・リザ』など、数百年経っても色褪せない芸術を残した存在感が際立った。

一方で、日本で一番人気だったのは神出鬼没のバンクシーだそう。また、ダ・ヴィンチほとではないが、数ヵ国でほかに首位を獲得したのはフリーダ・カーロゴッホピカソなど著名な芸術家たち。

この世界地図が投稿されたブログのコメント欄には、有名なレストラン曲のタイトルが理由だと指摘する声もちらほら。真相は定かではないが、地域によって同じ画家を選ぶ傾向があるのは興味深い。

今回の結果に、レオナルド・ダ・ヴィンチもあの世で静かに微笑んでいるかも?

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事