誰からも「イイね!」されない日記をのぞいてみた

SNSに写真や動画をアップできるようになって、気軽に思い出を残せるようになりました。しかし、それに伴って記憶の深度は浅くなっているのかもしれません。

現像する必要がない写真。文章もスマホで打てるようになり、字を書く必要もない。何でもカンタンになっていくにつれて、自分の感情が切り離されていくような感覚。

だから、時代に逆行するアナログな日記には人を惹きつけるような力があるのではないでしょうか。

誰にも見られなくていい
「トラベルジャーナル」

José Naranjaさんが「トラベルジャーナル」を始めたのは2005年のころ。アートの勉強はしたこともなく、当初は旅先で目にしたことや感じたことを思うままに書いたようです。

10年以上の月日が流れた現在、“彼の心情”は芸術となりました。

5068163347644416

毒キノコのスケッチ。

5819676860874752

世界中の切手を集めたのでしょうか。

5459510567108608

絵に振られた番号の意味は本人だけが知ること。

ちなみに、Joséさんはボールペンだけでなく水彩ペンや鉛筆も、自分の気分に合わせて使い分けているそうです。

SNSに投稿をするから、他人の目を気にしてしまう。「イイね!」が欲しいから、自分の気持ちとは異なる撮影をしてしまう。

もしも自分の気持ちと実際の行動が異なるなら、休憩をするように誰にも見せない「トラベルジャーナル」を始めてみると、新たな発見があるかもしれません。

Licensed material used with permission by José Naranja
さて、ここからはノートの自慢。
今回は手塚千砂子さんの著書『「ほめ日記」効果・自分を味方にする法則』から、具体的にどんなものなのか、どういった効果が期待できるのかをまとめてみました。「ほ...
ノートの中身を見られるのはすごく恥ずかしい。僕は、仕事でミスしたことやもらったアドバイスを書いているから、誰にも読まれたくない。その内容が日記だと、なおさ...
ケヴァン・チャンドラーさんは脊髄性筋萎縮症という難病を抱えており、普段は車イスで生活しています。自身がバックパックとなって友人に背負ってもらい、世界を旅す...
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
プライベートで書かれたあらゆる人間の手帳やノート、日記を収集する「手帳類収集家」。コレクションにはそれぞれの人生の痕が生々しく刻まれている。それぞれの想い...
そう、これはどんなおうちにも転がっている、あの「タマゴ」の話。料理に欠かせない食材であることは誰もが知っていますが、まさかアートに昇華しちゃうなんて。これ...
「ほめ日記」を知っていますか?読んで字のごとく、日記を書くときに自分を「褒める」というものです。これをすることで、現代人が抱えやすいストレスが解消され、今...
街中にアートが点在されているイベントが、いよいよグランドオープン。
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
以前、TABI LABOの記事でも紹介した、代々木八幡の『HININE NOTE(ハイナインノート)』は、表紙や中身の色や素材、綴じ方はもちろん、ノートを...
一冊4,980円(販売予定価格)のノート。こう聞いただけでそっぽを向いてしまったとしても何も不思議はない。どう考えたってノートの値段ではないからね。でも、...
一番の魅力は、予定を書き込めることじゃない。192ページ(96枚)もあるのに8mmという薄さを実現していることがポイントだ。
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
今までに20ヵ国を旅したイラストレーターのJaquelineの旅行の仕方は、まず目で見て感じて思いっきり満喫すること。それから、ノートに“感じた色”をのせ...
世界各国のミレニアル世代の部屋を、のぞき見るようにとらえたJohn Thackwrayの写真。同じ世代であっても、当たり前のことだけど国も文化も違う。でも...