オックスフォード大での「自己紹介」で感じた日本との違い

多くの課題を抱えながらも、英国の経済状況はここ20年間右肩上がり。人口や資源において優位とは言えないはずのこの国が、なぜ国際社会においてこれほど高い地位を維持できるのでしょうか?

書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫ります。

第6回となる本記事は、オックスフォードでの大学生活で覚えた「ある違和感」について。

※前回の記事はこちら

「一応、哲学やってます(照)」

オックスフォードの人々は、「人文系軽視に怒る」にとどまらず、「哲学・歴史を学ぶことは普通よりちょっと素敵であると思っている」ようにも感じられました。非常に微妙なニュアンスであり、あくまで僕が交流した範囲での印象論ですが、もう少し具体的に描写したいと思います。

まず、学生同士は初対面で自己紹介を交わす冒頭、必ずと言っていいほどお互いの専攻を聞くわけなのですが、概して理系の人たちは、社会科学系の人には、「ふーん、おもしろそうね。興味深いわねー」というリアクションをとります。いたって普通です。

でも哲学・歴史系の人に対しては、「(きゃ or おお、かっこいい)」という表情、そして時には「自分なんて実験してる(またはシャーレ覗いてる)だけのオタクだから……」という自虐交じりのリアクションまでとる、という違いがなんとなく見受けられるように思います。

哲学・歴史系専攻側も「はは。それほどでもないよー。あなたの学問だって興味深いと思うよー」というような、うっすら上から目線のリアクションがあるような感があります。この感じは、一時日本で槍玉に挙がったこともある「大学どこ?」「一応、東大です」に似ているかもしれません。

もっとも、この哲学・歴史がほんのり素敵扱いされていることを僕が過敏に感じ取ってしまうのは、僕自身が小さい頃は哲学や歴史が大好きだったのに「そういう専攻だと食っていけないよ」と教わったことを契機に無理矢理違う学部に入ったことからくる、こじれた感情があるのも否めません。

同じセリフでも、口にする学生のキャラクターもあると思います。しかし、少なくともロンドンでは、僕が通っていた学校のみならず他校でもこのニュアンスは感じませんでした。

ちなみにオックスフォードの哲学・歴史専攻者とその後のキャリアについて少し補足しますと、概して「オックス・ブリッジ」で哲学・歴史を専攻(しかもボート部かラグビー部で活躍)した後、シティの金融業に就職し、(一見儲からなそうな学問でも、むしろ人間性への深い理解ゆえに市場をしっかり読み解くことができて)成功する。

財を築き早期に退職して静かな郊外に住み、骨董集めや芸術など人文的趣味に耽溺する人生こそ、豊かで幸せな生涯である、というステレオタイプがイギリス周辺の国際社会には、なんとなく共有されているように思います。

もっとも今日の実際のシティでは高度な数学知識や金融工学・投資分野へのリテラシーが必要とされる点から理系出身の金融マンや経済学系の人材が大勢働いているのですが、それでもオックスフォードで人文系を専攻することには「物心両面で、豊かな人生を歩みそうなフラグ」としての機能はまだ生きているように思われます。

そして、人文系専攻者に示されるほんのりとした敬意は、「将来金融で金持ちになりそうなエリートだから」というよりも、「古そうで深そうなことにほど素直に憧れを抱く」また「そういう分野の学生の側も誇りを持って勉強している」という感覚が、この土地に集う知的な人々に共有されているからではないかと感じられます。

日本ではどうでしょう?

日本の学生が合コンで「哲学科です」と言うのと「法学部です」と言うのとでは、ぶっちゃけ、どちらがモテそうでしょうか?

橘 宏樹(たちばな ひろき)

官庁勤務。2014年夏より2年間、英国の名門校LSE(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス)及びオックスフォード大学に留学。NPO法人ZESDA(http://zesda.jp/)等の活動にも参加。趣味はアニメ鑑賞、ピアノ、サッカー等。twitterアカウント:@H__Tachibana

書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫ります。
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
第三回となる本記事では、2年間の滞英経験をもとに氏が感じた、日本と英国の街の雰囲気、人々の違いについて。
多くの課題を抱えながらも、英国の経済状況はここ20年間は右肩上がりです。人口や資源において優位とは言えないはずのこの国が、なぜ国際社会においてこれほど高い...
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
女優業のかたわら、米アイビーリーグの名門校ブラウン大学を2014年5月に卒業したイギリス人女優エマ・ワトソン。彼女が英オックスフォード大学のカレッジのひと...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
今回は手塚千砂子さんの著書『「ほめ日記」効果・自分を味方にする法則』から、具体的にどんなものなのか、どういった効果が期待できるのかをまとめてみました。「ほ...
「ほめ日記」を知っていますか?読んで字のごとく、日記を書くときに自分を「褒める」というものです。これをすることで、現代人が抱えやすいストレスが解消され、今...
スラングの意味を定義するのはかなり難しく、また時間がかかってしまうのが理由なのだとか。
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
SNSのおかげで気軽に思い出を残せるようになりました。とは言いつつも、記憶の深度はだんだんと浅くなっているのかもしれません。だから、時代に逆行するアナログ...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
全裸でピッチに立つ女性たちは、オックスフォード大学の女子ラグビーチームです。もちろん、このまま試合に臨んだりはしませんが、彼女たちがこの姿でプレイしてるの...
去る1月18日、イギリス政府はクラブやバー、パブ、ライブハウスの存続をサポートするために、ある声明を発表しました。その背景には「ユニークなイギリス文化を守...
イギリスのランジェリーブランド「Bluebella」の下着を身に纏って撮影に臨む3人の女性。カメラを前に少し緊張した面持ちですが、それもそのはず。彼女たち...
「北海道=大自然」と言われて反対する人はいないと思いますが、そんな広大な土地を生かした「国立公園」の存在については、意外と知らない人も多いのではないでしょ...
俗に言う“9時5時”の勤務スタイル。なんと、これが「拷問のようなもの」だと、オックスフォード大学の研究者らが唱えています。どうやら問題は始業時間。作業効率...
昔から親しまれているビスケットとクッキーとサブレですが、この3つの違いってなんだか知っていますか?  いざ明確に違いを説明して欲しいと言われると、違いを明...