オックスフォード大「女子ラグビーチーム」が全裸になった理由

全裸でピッチに立つ女性たちは、オックスフォード大学の女子ラグビーチームです。もちろん、このまま試合に臨んだりはしませんが、彼女たちがこの姿でプレイしてるのには、ある深い理由がありました。鍛え上げられた肉体で、メンバーは何を訴えようとしていたのでしょう?

 摂食障害に悩む女性へ
ラグビー女子、ヌードで応援

019

彼女たちが裸になった理由。それは、ある慈善団体へのチャリティカレンダー撮影のため。自分のスタイルや体重を気にするあまり摂食障害に陥った、同じ女性たちを支援する活動資金を得るために、2016年のカレンダーを作成したのです。
ピッチ上で、クラブロッカーで、さらには大学図書館内でも、鍛え上げられた肉体美を披露。スパイクとソックス以外すべて脱ぎ捨て、モノクロ写真の撮影に挑みました。

会長の熱意がチームに伝染
“One for all, All for one”

8102

このチャリティカレンダーを企画したのは、チーム会長のHelen Lumb氏だそうです。作成に踏み切った理由を「People」から問われ、会長はこう持論を展開しました。

「慈善団体のメッセージ“Beat”を体現しているのは、まさに私たち女子ラグビーチームだと思ったんです。女性の力強さや、自信、個性を表すのに彼女たちの肉体が、病気に悩む多くの女性たちを鼓舞できると直感的に感じました」

彼女の熱意は、チームメートへと伝染。「苦しんでいる時同じ女性のたちのために…」。
ラグビー精神を表す有名な言葉に“One for all, All  for one”があります。意訳すれば、「一人はみんなのために、みんなが一人のために」といったところ。よもや、そのスピリットで?かどうかは、定かではありませんが、チーム全員が裸のカレンダー作成に積極だったのは、確かなようです。

ただのヌード写真にしたくない
「ラグビーの魅力を伝えたい」

5151

さて、ヌードになる決意をした彼女たち。ですが、ただ裸を披露するというのではなく、ラグビー女子として、技術的に正確なものを押さえて欲しいと懇願。タックル、スクラム、ラインアウト、全て本番“さながら”…ではなく、まさに実践練習そのものをカメラマンが撮影してきました。そのため、撮影は長時間に及んだとか。

Daily Mail」が伝えるチームのキャプテンCarly Blissさんのコメントによると、どうやら撮影日はものすごく寒い一日だったそう。それでも「終始大コーフンだった」、と彼女が語るようにチャリティ目的のこのヌード撮影会を、非常に価値あるものと捉えているようです。チームビルディングにものすごくいい影響があったと答えています。

1392

12月10日に予定しているケンブリッジ大学との対抗試合に向けて、本格的な練習の最中。裸だけど、気を抜く訳にはいかなかったようです。

2197

1499

4171

7114

3179

試合前のルーチンセレモニー。チーム全員スタンド前に整列して撮影。

“体当たり”で作成したカレンダーは
日本からも購入可能

981

ちなみに彼女たちの“体を張った”カレンダーは、一冊12ポンド(約2,200円)で販売され、そのうち一割がオックスフォード大学の慈善団体「Mind Your Head」に寄付されるそうです。もちろん、日本からも購入可能。

Reference:Daily Mail , People , Design Your Trust
Licensed material used with permission by Mark Barnfield

女優業のかたわら、米アイビーリーグの名門校ブラウン大学を2014年5月に卒業したイギリス人女優エマ・ワトソン。彼女が英オックスフォード大学のカレッジのひと...
ドキドキしながら観に行ったラグビーの試合。ちゃんと楽しめるか不安だったけれど、「あれ?意外に面白いじゃん……!」
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
世界的に見ても、優秀な学校として名高いイギリスのウォーリック大学。そのボート部が毎年リリースしているチャリティカレンダーが話題になっていますが、ご覧の通り...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫ります。
俗に言う“9時5時”の勤務スタイル。なんと、これが「拷問のようなもの」だと、オックスフォード大学の研究者らが唱えています。どうやら問題は始業時間。作業効率...
僕は今、世界でたった1人の「ラグビー登山家」として活動している。しかし、つい数ヶ月前までは「システムエンジニア」という、日本に数十万人いるであろう肩書きを...
にわかには信じがたい事実が、英国オックスフォード大学と豪州クイーンズランド大学の共同研究によって明らかになりました。え…、魚が人の顔を覚えているって?「E...
ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
あのときを振り返ると、大喜利のようにキャッチーな言葉が飛び交ったのを思い出す。「五郎丸ポーズ」「サッカーのマイアミの奇跡よりも奇跡」「アイドルが格闘家に勝...
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...
先日、王者ニュージーランドの連覇により閉幕した2015ラグビーW杯イングランド大会。3勝を挙げながら惜しくも一次リーグ敗退に終わった日本ですが、その戦いぶ...
ボクサーやクレイン選手など18人のアスリートたちのヌードを撮影した『Sports Calendar』という手帳タイプのチャリティーカレンダー。若いスポーツ...
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
高校3年生の子どもを育てているルイーザさんが、何気なくある画像をSNSに投稿したところ、15万を超えるいいねがつき、まさかの展開に……。一見、人気作家の絵...
たとえ根っからのラグビーファンでなくとも、「オールブラックス」と聞くだけで、どこの国の話をしているかは分かるもの。だが、もしそれが(?)だったとしたら、今...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...