カラフルで話題のDIYハウス。本当に注目したいのは、デコレーションをした「理由」だった。

DIYしたご自慢の自宅をInstagramに投稿し、話題となったAmina Muccioloさん。奇抜なデコレーションが注目され、女の子が憧れる「ドリームハウス」として多数のメディアがこれを紹介。

ここまで派手なデコレーションにこだわる意図はどこに?彼女の真意を知りたくて話を聞いてみると、きらびやかな装飾からは想像もつかないような、辛い過去の経験に紐付いていたのです。

カラフルな家は
「私自身を映している」

子どもの頃からジャズが好きで、周りの子どもよりも大人びていたと振り返るAminaさん。Kawaiiものに囲まれて幸せそうに笑う、現在の姿からは想像できませんが、周りの子どもたちと気が合わず、自分の殻に閉じこもっていた時期があったそう。

なかでも辛かったのは、うつ病や摂食障害を患った10代〜20代前半。当時はよく、不安な気持ちに襲われていたそうです。心の病に取り憑かれた原因はどこにあったのでしょう。当時をこのように振り返りました。

「いろんな事がありすぎて…本当にいろんなこと。例えば、周りを見渡すと、どこもかしこも『美』で溢れていて、メディアは『こんなふうにキレイになりなさい』って言うでしょう?だけど、私は他の人と違うと感じてしまっていて、孤立した気分だったんです」

昔から好きだったことが
ブレイクスルーのきっかけに

長く続いた苦しい時間。彼女に転機が訪れたのは、セラピーに通い始めてから。少しずつ、「自分にだってもう一度チャンスがある。人生を思いっきり生きたい」と思える心のゆとりができたそうです。

元々、クリエイティブなことに興味があり、昔から「ケアベア」や「マイリトルポニー」など、カラフルで可愛いものが大好きだった彼女。自分の内に押し込めていた感情を、見えるかたちで表現したいと思うようになりました。そうして完成したのがこのカラフルなお家だったのです。

「好きなことを続けること」
それが人生をハッピーにする

「昔は心の病に苦しんで、自分自身を見失っていました。誰だって2つの顔を持っていると思うんです。暗い顔と明るい顔、過去を乗り越えた私だけど、今はこうして前向きに生きている。この家はまさに自分自身を映す鏡なんです」

テレビや雑誌にも取り上げられ、目まぐるしく変化している環境を、Aminaさんは楽しんでいるみたい。

今は得意のヘアスタイルや、デコレーションを中心に、SNSで活動中。収入が入るようになり、だんだん好きなことができるようになってきた実感がある、と前向きです。そんな彼女とのやり取りのなかで最後にもらったメッセージ、それは「本当にやりたいことを追いかけることの大切さ」でした。

自分を表現することで、世の女性たちにハッピーをおすそ分けしているAminaさんの明るい部分は、今とは正反対の過去があったからこそでしょう。話題のDIYハウスは、ただカラフルで可愛いだけではなく、一人の強い女性の生き様そのもののようにも思えます。

「雨が降らなければ、虹はかからない」−Amina Mucciolo

Licensed material used with permission by Amina Mucciolo
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
全裸でピッチに立つ女性たちは、オックスフォード大学の女子ラグビーチームです。もちろん、このまま試合に臨んだりはしませんが、彼女たちがこの姿でプレイしてるの...
バークレーやサンフランシスコに続き、9月18日にロサンゼルス市議会が毛皮の製造と販売禁止を決定しました。
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
時々セレブが患っているとしてその名があがる、強迫性障害(OCD)。あなたはどれほど説明ができるだろうか?身近でこの疾患にかかっている人がいなければ、詳しい...
「the Mighty」に投稿された、拒食症に苦しむある女性が綴った手記を紹介します。彼女は普段、流動食のチューブをつなぎながら生活していて、かつ鬱病も患...
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
部屋が手狭になってきたくらいの理由で、そう簡単に引っ越しできるものでもない。となれば、思い切って断捨離するか、もしくはDIYで模様替え。どちらにしても、そ...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
プロジェクター「Atmos FX」は、通報されそうなくらいリアルなゾンビやガイコツを投影してくれるんです。
愛娘のためにパパが見せた本気のDIYが、アメリカで賞賛を集めています。その仕上がりも見事ながら、およそ18ヶ月もの時間をかけて、たった一人で作り上げたパパ...
人との出会いや、金銭的な折半ができるなど、シェアハウスのメリットにも様々なものが挙げられますが、日々の暮らしの中で基本になるのは、やっぱり「食」ですよね?...
全米規模で行われる伝統的なミスコンの「ミス・アメリカ」が現地時間9月10日に開催されました。そこで候補者のテキサス代表のMargana Woodさんがイン...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
料理を語るうえで欠かせない存在はやっぱり母の味。人生の多くの時間を、食を共有することで得た価値観とはどんなものか。ある母娘の食に対する考え方を紹介します。
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
さくら剛さん著『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』は、青年ひろが、とっつきにくくて分...
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
なんだかもう、子どもの頃から漠然と抱いていた「家のイメージ」と違いすぎて、拍子抜けしてしまいました。DIYできちゃうという驚異の手軽さ、圧倒的に短いリード...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
 ヒッピーと聞くと、かなりワイルドで自由奔放なイメージがありますが、どんな存在なんですか?第二次世界大戦後のアメリカは、戦争経験者が作った保守的な社会でし...