オランダ発「あとくされないフローティングハウス」離婚率の高さは、家の在り方まで変えようとしている

水上に浮かぶ住宅(フローティングハウス)は、建築デザインにおいて今や目新しさは無くなっている。が、オランダのデザイン事務所が発表した、このコンセプチュアルハウスはひと味違う。

そのコンセプトは、居住者の「心」が離れるとき、「家」もまた文字通り二つに離れることができるというもの。

「離婚」を前提に設計された
二分割できるハウス

E210828d524f9c902134b168292ab4390c726e22

「Prenuptial Housing」と名付けられた、このフローティングハウス。意訳すれば“婚前ハウス”といったところか。

「離婚や別れ際にどれだけ多くの人たちが、財産分与でつらい経験をしているかと思うとゾッとしてきます。住宅ローンや税金問題、子供や両親の問題だってあるんだし」。

右肩上がりで増加傾向にあるオランダの離婚率を前に、アムステルダム在住のクリエイターOmar Kbiri氏は、「Huffington Post」にこう説明。カップル解消の際に“あと腐れなく”別れられる家のアイデアを、地元のデザインスタジオ「Studio OBA」に持ち込んだ。

86357080e409c95a000fbdd24d6cfc05d8c4f6b8

そして、アムステルダムの運河に適したフローティングハウスができあがった。土台の上に二つの同じサイズのユニットが、ドッキングする形で構成されている。まるで「テトリス」のように各ユニットをはめ込んでいくと、ひとつの家が完成する仕組み。浮力を助ける設計は、カーボンファイバーと木材を用いて軽量性と耐久性を実現させている。

「均等に折半」の背景にある
オランダの離婚率の高さ

「法律婚」へのこだわりが低いオランダでは、パックスやユニオン・リーブルのように、いわゆる事実婚のカップル(同性も含む)が多い。

とくに1998年より「登録パートナー制度」が導入され、既婚者と同等の法的権利が認められるようになってからは、その数が飛躍的に伸びているという。つまり、一概に離婚率だけでは測れない、カップルの“別れ”がそこにはあるようだ。

「財産分与」もきっちり折半。そこにシビアになることも、こうした背景を考えてみればごく自然のことなのかもしれない。それにしたって、別れることを前提にした家に暮らすって……。いつか、アムステルダムの運河で分離した家の住人同士がまた出会い、カップルとなってドッキングする。できれば、そんな明るい未来の方を想像したくなる。

Licensed material used with permission by Omar Kbiri
この未来的なデザインは、サンフランシスコの建築事務所「テリー&テリー アーキテクチャ」が設計したもの。まるで海の上に浮かんでいるかのようなこのお家、ただの...
家の真ん中にシンボルツリーを植樹したデザインハウスを目にしたことがある人でも、このツリーハウスのインパクトは絶大のはず。なぜなら、こちらは自然の木々が生い...
ここ数年、エコマインドなヨーロピアンに人気の生活スタイルが、古い貨物船を改装して居住空間へと変えた「ハウスボート」で暮らすこと。これを気軽に疑似体験できる...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
こんなホテルの説明をしたら怒られてしまうかもしれない。実のことを言えば、コンセプトは<未来都市>で、破廉恥さなんて意識していないのかもしれない。とは言って...
地上828mの世界一高いビルを建て、人工島をまるごと所有して家を建てることもできる国、ドバイ。次にどんな建築物が登場しても、ちょっとやそっとのことでは、も...
もしも、こんな家が実際にあったなら。と、想像だけで十分かもしれませんが、文字通り「バランスのとれたカップル」におあつらえ向きな家がデザインされました。だけ...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
予定価格は350万円(税抜き)から。「自然指向のライフスタイル」を提案するアウトドアブランドのSnow Peak(スノーピーク)が、住まいとしての機能をも...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
トレーラーハウスやキャンピングカーは、永遠のオトコの憧れアイテム。中古でもいいからいつかは手に入れたいけれど、どうせなら人とは違った、こんな“和風”のもの...
自然と調和して暮らしたい(しかも、快適性も担保しつつ…)。そんな住宅がついに登場! なんとこの家、水に浮かんでいるらしいんです。水面にポッカリ浮かぶデザイ...
雨水がビールに!?冗談みたいな話に真剣に取り組んでいるのは、オランダのアムステルダムにあるビール醸造会社。そもそも、話の前提は、気候の変化によってオランダ...
新しい建物をデザインする時、「その地域に密着するようなものにできないか」と考えたオランダの建築デザイナーチーム。そして出てきた案が、まさかの「絵文字」でし...
どれだけ自信があったとしても、実際にやってみるまではどう転ぶかわからないもの。仕事や勉強、スポーツ…そして結婚だってそうです。ここでは、さまざまな事情で離...
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
今、健康志向の欧米人のあいだで人気爆発の生ゴマペースト「タヒニ」をドレッシングにアレンジしました。
これは、スウェーデン・ストックホルムにある、林の中に建てられた家。1~2月は気温がマイナス2℃まで下がる寒い地域ですが、なんと大きな温室のなかに家を建てる...
オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、プラスチックの大量消費に対して注意を向けさせています。
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
18世紀に貴族の間で広まった田舎のセカンドハウスは、ロシアの建築と文化において特徴的な存在であり、今もその人気は衰えていない。ロシアのセカンドハウス事情は...
デザインスタジオ「town.and.concrete」が発案した木を伐採せずに建てられるシリンダー型ハウス。フランスのリヨン近くにある森に建てること考えた...
結婚する前から「もし離婚したらどうしようか?」なんて話をするのは、とても不吉。そんなことを口にしようものなら「なんでそんなこと言うの!?」と怒られてしまい...