自由に移動できるフローティングベッド

地味ぃ〜に便利になっている。それがイイんです。

アメリカで開発されたフローティングベッド「Splash Runner」には、モーターが付いています。手でハンドルを操作すれば、自由自在に移動ができる仕組み。

フローティングベッドの上で、手足を無理やり伸ばして漕いで、少しずつしか動けないストレスがなくなるんです。日焼けをしたいのに日陰になってしまった場合でも、すぐに場所を変えることができます。

ね、地味に便利でしょ?

©B&D Group - Miami, Florida 2019
Top image: © B&D Group - Miami, Florida 2019
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「Glacier Pools」と称されたTom Hegenさんの作品は、直訳すると「氷河のプール」という意味。詳しいロケーションは明かされていませんが、ア...
「人類進化ベッド」。楕円形で、横になった時に体を優しく包み込んでくれるソレは、土台やマットレスなど様々な部分でチンパンジーの寝床を再現した優れもの。
知らない人のプールを借りられるサービスを展開する「Swimply」。プールは、ロサンゼルスやマイアミビーチなどを含むアメリカ国内の5つのロケーションから検...
こんな晴れた日に、思い出すのは。
折りたためるのは便利だけど、友人を自宅に招いた時に、折りたたまれたベッドが部屋の片隅に鎮座していたら、なんだか恥ずかしい。たたんだ状態でも別の家具として役...
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
2月12日、フォードのヨーロッパ支社が自動運転技術を使って、寝返りが好きなだけ打てるベッドを開発しました。
「Autonomous Travel Suite」は、まだアイデアベースですが、イノベーションアワードを授賞するほど秀逸な移動式ホテル。ドアツードアで移動...
ここ数年、オトナ女子の間で流行しているのが「ナイトプール」。ムーディーでリッチな気分を味わえることが人気となっている。そこで1つ提案。夏の夜遊びに、遊び心...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
「マインドフルネス」の最前線。浮力の高い水をはった密閉されたマシンのなかで横になることで「無」を体験することのできる装置「フローティングタンク」の効果につ...
NetflixやYoutubeを大画面で視聴できる「巨大スクリーン」と「高性能スピーカー」がついた夢のようなスマートベッド「HiBed」には、そのほかにも...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
10月18日、Floating Points(フローティング・ポインツ)のニューアルバム『Crush』が発売された。サミュエル・シェパードがクリエイトする...
「東洋のベネチア」と形容される中国の蘇州市に新たにオープンした「Loong Swim Club」。子どもから大人まで楽しめる空間をとの想いが存分に込められ...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
水上に浮かぶ住宅(フローティングハウス)は、建築デザインにおいて今や目新しさは無くなっている。が、オランダのデザイン事務所が発表した、このコンセプチュアル...
こんなに「泳いでみたいプール」って、早々ないです。
人生の1/3もの時間を過ごすベッドには、肉眼では見えない細菌やウイルス、ダニがたくさん!そんな健康に被害を及ぼす可能性があるものを除去してくれる「お掃除ロ...
「CleanseBot」は、殺菌灯にも使用される紫外線(UV-C)を照射し、ベッドシーツなど衛生的に気になるものを除菌してくれます。カバンに入るサイズで持...