48時間で完成。3Dプリントで作られた「フローティングハウス」

「prvok」は、チェコ共和国の彫刻家Michal Trpakと建築協会「Stavebni Sporitelna Ceske Sporitelny」の共創で誕生した3Dプリントのフローティングハウスだ。

43㎡の広さには、ユニットバスキッチン付きのリビングベッドルームを完備。

Prvokのリビング
©Buřinka
Prvokのベッドルーム
©Buřinka
Prvokのバスルーム
©Buřinka

洒落たホテルの一室のようにしか見えないこちら、わずか48時間以内で完成してしまうというから驚きだ。

また、時短だけでなく、建築費の節約CO2排出量の大幅な削減にもつながるのだとか。さらには、将来的に耐用年数が経過した建物を粉砕し、同じ材料でその場に印刷(建造)することも計画中。

「家を建てる=家を印刷する」という時代は、すぐそこまできているようだ。

Top image: © Buřinka
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事