全面ガラス張りの「ツリーハウス」は、1本の木と一緒に暮らす家

家の真ん中にシンボルツリーを植樹したデザインハウスを目にしたことがある人でも、このツリーハウスのインパクトは絶大のはず。なぜなら、こちらは自然の木々が生い茂る森の中。しかも、木を切り倒すでもなく、木の上に小屋を建てる訳でもない。木そのものをガラスの家で覆ってしまおうという発想なんです。

外から丸見え。
全面ガラス張りのツリーハウス

大自然の中で暮らしたい──。その願いを実現させるコンセプトハウスをデザインしたのは、カザフスタンの建築家Aibek Almassovさん。1本の木も切り倒すことなく、木そのものを全面ガラス張りの家で囲い込むという、独創的なアイデア。これなら、木そのものを傷つけることなく、自然を間近に感じながら「共生」することができる、というアイデアだとか。
近年はやりのガーデンシェアリングならぬ、こちらは「森そのものをシェア」してしまおうという大胆な発想。

「二地域居住において、都市生活の喧騒に変わるものを自然の中で提供したいと思っていました。それも、自然を傷つけることなく。人間は自然を尊重しつつも、これまで破壊を繰り返してきました。森林伐採を回避しつつ、未来に役立つソリューションを模索するなかで、この木全体を覆うアイデアにたどり着いたんです」

自然との「調和」が主題にあったデザイナーAibeck氏。彼のコンセプトに興味を示すメディアは後を絶たず、『ナショナル・ジオグラフィック』や『ディスカバー・チャンネル』、『アニマル・プラネット』などで、このガラスのツリーハウスのドキュメンタリー番組が制作されたそうですよ。

木と共に暮らす
サステイナブル住宅

ドーナツ構造の円の中心に来るのが木の幹。それを取り囲むような円筒状に居住空間が構成されています。ここで紹介するタイプのハウスは、外壁の代わりをなすガラス窓に沿って上階へとらせん状の階段を登っていく高さ4階建てのもの。

とはいえ、実際には木の枝や葉が生い茂っている訳だから、それほど広い空間を期待することはできなさそうですが…。その点はAibeckさんも織り込み済み。ここは、あくまで都会の賑やかさから週末避難してくるセカウンドハウス的な役割。木々と一体になることが、何よりも優先されるという認識なんだそう。なるほど、快適さの追及よりも、自然との調和が優先。確かにわかる気がします。

窓ガラスには特殊な太陽電池パネルを組み込み、生成された電力を家庭用の蓄電池に換える、パワーウォールのテクノロジーを導入。さらには、雨水をろ過して日常生活用水として代用するなど、エコロジーへの配慮も忘れません。何より、木そのものから、つねに新鮮な酸素が供給されるのもポイント。

もちろん、共に暮らす木への水やりや、日陰をつくるシェイドカバーや、悪天候が続くときには専用のスポットライトを照射するなど、メンテナンスも欠かせません。

いよいよ、実現間近!?

「森の中の木を丸ごと囲う」という、斬新すぎる発想ゆえに、これまでコンセプト段階で止まっていたツリーハウス計画。ところが本人曰く、最近、前向きに興味を示してくれる投資家がついに現れ、いよいよガラス張りのツリーハウス実現に向け、動き出すんだそう。

Reference:Dezeen
Licensed material used with permission by A.Masow ARCHITECTS
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。
森の呼吸と静かに同調する、そんなひとときが待ってそう。
「ツリーハウス」と言われたら、なんだか子どもの秘密基地みたいな、無邪気で牧歌的なものを思い浮かべますよね。ところが、スウェーデンにあるこのツリーハウスは、...
ツリーハウスとは、生きている樹木を土台にして建てられた建造物のこと。まあ、トム・ソーヤーみたいな冒険心は味わえるが、その喜びはつかの間。たとえ、どんなに絶...
去る11月、パリでテディベアが大量発生したというニュースが、世界中を駆け巡ったことをご存知ですか?カフェで休んだり街灯のポールに登ったり……。とにかく可愛...
日本でも話題となった「#MeToo」のムーブメント。ショッキングな事例が次々と明らかになりましたが、問題はもっと根本的なところにあると考える女性たちも多い。
大学時代にカナダのバンクーバー島に暮らしていたことがある。僕にとってカナダという国の印象は、何といっても大自然。キャンバス内で、野生のリスと顔を合わせた時...
一般的にツリーハウスといえば、木の上にある“アレ”。まるで秘密基地のような雰囲気は、子どもならずともワクワクしちゃいますよね。でも、ここで紹介するのは、「...
デザインスタジオ「town.and.concrete」が発案した木を伐採せずに建てられるシリンダー型ハウス。フランスのリヨン近くにある森に建てること考えた...
水上に浮かぶ住宅(フローティングハウス)は、建築デザインにおいて今や目新しさは無くなっている。が、オランダのデザイン事務所が発表した、このコンセプチュアル...
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
トレーラーハウスやキャンピングカーは、永遠のオトコの憧れアイテム。中古でもいいからいつかは手に入れたいけれど、どうせなら人とは違った、こんな“和風”のもの...
予定価格は350万円(税抜き)から。「自然指向のライフスタイル」を提案するアウトドアブランドのSnow Peak(スノーピーク)が、住まいとしての機能をも...
この未来的なデザインは、サンフランシスコの建築事務所「テリー&テリー アーキテクチャ」が設計したもの。まるで海の上に浮かんでいるかのようなこのお家、ただの...
誰もが一度は憧れる、四方を海に囲まれた水上での優雅な暮らし。そして、風を切って大海原を進む、ロマン溢れる船の旅。このふたつがひとつになった、驚きの水上ハウ...
これは、スウェーデン・ストックホルムにある、林の中に建てられた家。1~2月は気温がマイナス2℃まで下がる寒い地域ですが、なんと大きな温室のなかに家を建てる...
2012年に設立された、子どものためのエコバンク「Banco del Estudiante Bartselana」。考案したのはペルーに暮らすJose A...
18世紀に貴族の間で広まった田舎のセカンドハウスは、ロシアの建築と文化において特徴的な存在であり、今もその人気は衰えていない。ロシアのセカンドハウス事情は...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
あまりにクリエイティブなデザインをしているこの家。奇抜な形は、輸送コンテナをつなぎ合わせたものだからだそう。まだ着工には至っていなく、2018年からプロジ...
キャンピング用トレーラーを改装して、本屋を営む「La Maison Qui Chemin」には、出版されたばかりの新刊本はありません。それでも、選りすぐり...
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
新潟市の広大な田園風景を抜けると、鬱蒼とした森にひっそりと佇む建物に出くわします。周りの景色に溶け込むデザインはまるで美術館のようでもあり、海外でも注目さ...
人との出会いや、金銭的な折半ができるなど、シェアハウスのメリットにも様々なものが挙げられますが、日々の暮らしの中で基本になるのは、やっぱり「食」ですよね?...