「格納式の脚」がついたモバイルハウスなら、海面上昇だってへっちゃら!?

この未来的なデザインは、サンフランシスコの建築事務所「テリー&テリー アーキテクチャ」が設計したもの。まるで海の上に浮かんでいるかのようなこのお家、ただの楽しそうなリゾートハウスってワケじゃないんです。

伸縮自在の「脚」が
海面上昇から家を救う

「 Tidal House(潮の家)」と名付けられたこれらは、気候変動によって驚異的なスピードで進行しつつある海面上昇や、洪水などを考慮してデザインされたもの。

家を支える「3本の脚」は伸縮自在の格納タイプになっていて、それぞれ独立して稼働させることもでき、海上で水平をとるデバイスとしても機能するとか。

また強い海風への対策として屋根は球体に。表面積も広いので太陽光発電にも効果的なのだそう。

世界中の海岸で
見かけるようになるかも?

デザインは、第15回国際建築展示会への発表の一環として設計されたもの。洪水などの水位が高すぎない限り、どこへでも移動してから脚の伸ばせるようなコンセプトなのだそう。

技術的には移動式の海洋掘削や調査のプラットフォームに基づいていて、いずれ世界中の海岸線にフローティングハウスのコミュニティを作ることができる、と示唆。

断面図は、ご覧の通り。

室内やテラスのイメージは、まるでリゾートホテルみたいです。

湖上の橋や水上農園などが次々と実現するなか、近い将来「家を建てるのは陸地」という常識すら変わるのかもしれませんね。

水上に個人の住所が割り振られる時代も、そう遠くはないのかも?

Licensed material used with permission by Terry&Terry Architecture
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
誰もいないニューヨークの街が、水に浸かっている。これは、地球温暖化の進行により、NYが街ごと浸水してしまった場合をシミュレーションした映像だ。もちろんこれ...
誰もが一度は憧れる、四方を海に囲まれた水上での優雅な暮らし。そして、風を切って大海原を進む、ロマン溢れる船の旅。このふたつがひとつになった、驚きの水上ハウ...
水上に浮かぶ住宅(フローティングハウス)は、建築デザインにおいて今や目新しさは無くなっている。が、オランダのデザイン事務所が発表した、このコンセプチュアル...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
トレーラーハウスやキャンピングカーは、永遠のオトコの憧れアイテム。中古でもいいからいつかは手に入れたいけれど、どうせなら人とは違った、こんな“和風”のもの...
何がうれしいって、ケースが2つ付いているところだ。カセットテープのケースは不思議と1つだけじゃ物足りない。2つ以上あってはじめて格好がつく。重ねて置くとい...
デザイナーMagnus Maarbjergさんが、2050年あたりの未来を予想している。少しばかり悲観的なイメージを受けるが、日本に暮らしている人は他人事...
家の真ん中にシンボルツリーを植樹したデザインハウスを目にしたことがある人でも、このツリーハウスのインパクトは絶大のはず。なぜなら、こちらは自然の木々が生い...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
米オークランドに住むアーティスト、Gregory Kloehn氏。彼はゴミをリサイクルして、ホームレスの人たち用の家に改造しています。廃材をリサイクルして...
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
キャンピング用トレーラーを改装して、本屋を営む「La Maison Qui Chemin」には、出版されたばかりの新刊本はありません。それでも、選りすぐり...
普段はそうでもないが、今回ばかりはこう思わずにはいられなかった。「学生時代に戻りたい」と。ただし、コペンハーゲンの学生に限る。どうやら彼らは、こんな恩恵を...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
キーンと冷えた冬の朝、北国の海面が霧で覆われているのを見たことはありませんか。これは「けあらし」と呼ばれ、北海道の沿岸や富山湾などで見ることができます。冬...
上昇志向を持つことは、一般的に成功をもたらす可能性が高いので非常に大切なことです。上昇志向の強い人に共通する7つの特徴をご紹介します。ここにあげた特徴を理...
予定価格は350万円(税抜き)から。「自然指向のライフスタイル」を提案するアウトドアブランドのSnow Peak(スノーピーク)が、住まいとしての機能をも...
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
森の呼吸と静かに同調する、そんなひとときが待ってそう。
キックスターターにて、earth technologiesから開発中の「Pluto by earth」のモバイルバッテリーがとてもスタイリッシュでコンパク...
2000年代半ばから徐々に注目され、2014年前後に人気が急上昇しはじめた「トロピカルハウス」。今年は日本にも本格的なブームが到来。とはいえ、なにそれ?と...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。