キーンと冷えた冬の朝、北国の海面にあらわれる霧「けあらし」

キーンと冷えた冬の朝、北国の海面が霧で覆われているのを見たことはありませんか。これは「けあらし」と呼ばれ、北海道の沿岸や富山湾などで見ることができます。冬の風物詩にもなっている「けあらし」。冬の“しばれる”朝、水面からもうもうと立ち昇る霧を見て、厳しい寒さを実感する季節になりました。

北海道・留萌(るもい)地方で
使われ始めた方言「けあらし」

「けあらし」は、放射冷却で冷え込んだ早朝に海面で発生する霧のことをいい、漢字で「気嵐」または「毛嵐」と書きます。漢字に「嵐」の字を使いますが、「けあらし」が発生する朝は、風が弱く穏やかです。

「けあらし」という言葉は北海道の方言で、『北海道方言辞典』(北海道新聞社、石垣福雄著 )によると、「海水と空気の温度差によって水蒸気が大量発生すること」とあります。北海道の留萌地方で使われ始めた方言なので気象用語ではありませんが、このような現象を気象用語では「蒸気霧」(じょうきぎり)といいます。「けあらし」と「蒸気霧」の違いは、「けあらし」は海面の霧のことを指しますが、「蒸気霧」は海だけでなく、川や湖沼など、水面に発生する霧のことを指します。

気温と海水の温度差が15℃以上
風は穏やか、快晴の早朝…
条件がそろったときに見られる
1601134_tenki-jp-kearashi_02

北海道留萌振興局のホームページによると、「けあらし」が発生しやすい条件の目安は5つあります。

・天気が快晴、または晴れであること
(晴れていると、夜間の放射冷却で気温が下がりやすい)

・気温が-15℃前後
・気温と海水温の温度差が15℃以上
・東南東の風系
・風速は3~5m/s

風が穏やかで気温が下がった冬の早朝、冷たい空気が暖かい海面の上にとどまっているとき、海面から蒸発した水蒸気が急激に凝結して発生する霧が「けあらし」です。朝起きると一夜のうちに、見慣れた海が一面霧で覆われ、幻想的に見えます。しかし、日が昇って気温が高くなる午前10時ころになると、「けあらし」は消えてしまいます。

高気圧に覆われるので漁師には歓迎される
でも視界が悪くて船の航行が困難なときも
KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

「けあらし」が発生する日は高気圧に覆われているので、風もなく、昼間は穏やかに晴れることが予想されます。したがって、海が早朝に霧で覆われる日は漁師にとって、「漁日和」として歓迎されています。一方で、写真のようにもうもうと霧が立ち込めると、視界が悪くて船の航行に支障をきたす場合もあります。


「けあらし」の発生は、いくつかの気象条件に左右されます。この、大自然の神秘を一度見てみたい方は、前日の天気予報などを入念にチェックして、気象条件を確認してください。また、気温が低いときにこそあらわれる現象なので、どうぞ厚着をしてお出かけを。

関連リンク けあらしに出会えるか? 留萌のお天気 留萌の冬の風物詩「けあらし・波の花」 凍った湖面に咲く「フロストフラワー」

コンテンツ提供元:tenki.jp

tenki.jp

日本気象協会が運営する天気予報専門サービス。 台風、地震などの防災気象情報から、市区町村ごとの詳しい天気予報や、気象予報士によるわかりやすい天気の解説など豊富な気象情報をお届けします。http://www.tenki.jp/

北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
「北海道=大自然」と言われて反対する人はいないと思いますが、そんな広大な土地を生かした「国立公園」の存在については、意外と知らない人も多いのではないでしょ...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
美瑛町といえば、近隣の富良野市と並んで北海道を代表する観光地のひとつ。中でも「パッチワークの路」と「パノラマロード」は二大観光コースと言われるほど、多くの...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、カワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
まるで、自分が雲の上にいるかのように眼前に広がる「雲海」。もちろん、遠くからゆっくり眺めたり、写真を撮影してじっくり味わうのもありですが、この「Cloud...
北海道幌加内町の北部にある「朱鞠内湖(しゅまりないこ)」は、気象庁非公式ながらも、過去にとんでもない記録を叩き出した模様。なんかもう、書くだけで寒気がする...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
地図や鉄道関連の本に多く携わってきたフリーライターの今尾恵介さん著書『番地の謎』(光文社)では、日本の住所表記について掘り下げ、歴史や傾向について詳しく紹...
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
北海道の上士幌町(かみしほろちょう)にある「タウシュベツ橋梁」は、ダムの湖底に沈んでいるコンクリート製アーチ型の橋。水位が季節によって変移する糠平湖という...
北海道美瑛町に廃校を活用した「食の複合施設」がある。敷地内には、レストラン「ビブレ」、パン工房、ホテル、料理塾がそろっている。地元の食を通してよろこびを提...
去る2月11日に閉幕した第67回さっぽろ雪まつり。多くの作品が人々を楽しませたなか、特に注目を集めたのが、「Hokkaido Shinkansen-Sup...
朝のほんのわずかな時間、大地を覆っている「霧」がうねり出すときがあるそうだ。天気予報や衛星画像を日々ウォッチしながら、撮影に適した濃い霧が出そうな時間を予...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
愛知県名古屋市で教員生活をしていた山田忠男さん。定年退職を機に、北海道の厚真町で羊農家に挑戦しました。厚真町唯一の羊農家となり、羊肉を出荷しています。羊の...
それは、北海道の自然をありのままに感じる、最高に贅沢なアウトドアステイ。広尾郡大樹町にある環境技術研究施設「メム メドウズ」内に、大自然一体型ホテル「ME...
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...