観光客のためだけじゃない。町のための「宿」を作る理由

宿泊施設でも観光施設でも、そういったものはたいていの場合、町の「外」に向けて作られる。だけど、今年の冬に函館にオープンする予定の「SMALL TOWN HOSTEL」は、ここを訪れる観光客のためだけではなく、この場所で暮らす人のための宿でもある。その真意とは一体?

地元の町が寂れるって、
寂しいよね

「SMALL TOWN HOSTEL」のプロジェクトをリードしているのは、「箱バル不動産」の代表、蒲生寛之さんだ。

蒲生さんは4年前、故郷・函館にUターンした。蒲生さんの地元である西部地区は、市内でも特に過疎が進んでいる地区。寂れていく町並みを眺めながら「これではいけない」と危機感を覚えた。そして、仲間と「箱バル不動産」を結成。イベントやプロジェクトを通して函館の暮らしを見つめ、住民同士のつながりを作り、函館ならではの風土を育もうと活動をしてきた。

そんなある日。函館に関する、ある調査結果を目にする。それは…。

魅力的な都市ナンバーワン
住民の幸福度ワーストワン

ブランド総合研究所が行なった地域に関するアンケート調査で、函館は見事、魅力度ナンバーワンの都市に輝いた。函館山からの夜景に、おいしい海鮮。魅力度が高いのも納得だ。しかしその一方で、日本総合研究所が発表した「幸福度」に関する調査(人口20万人以上の中核市のうち一部を除く42市が対象)では、最下位をマークしたのだ。

蒲生さんは違和感を覚えた。外からの視点と中の視点、そこに大きなズレがあることに。同時に、「外から来た旅人と、そこに暮らす地域住民が交わることで、街の魅力を再発見できないか」と考えるようになった。そして…。

「そうだ、宿を作ろう」

観光客と住民がつながる場所。そして、それぞれが函館の暮らしを見つけることができる場所。その形を模索していた蒲生さんは、ゲストハウスを作ることを決意した。

舞台となるのは、築約100年の歴史がある「旧仁寿生命ビル」とその周辺。

この建物は、2015年秋、箱バル不動産のメンバーが中心となり保存に向けて動いていた建物だ。その努力が実り、2016年夏には函館市で63軒めの伝統的建造物の指定を受けた。そして、この建物をどう利活用していくべきかを考えながら、「旧仁寿生命ビル再生プロジェクト」を進めてきた。

まず、「旧仁寿生命ビル」は、日本の道100選にも選ばれた地元の坂「大三坂」から、「大三坂ビルヂング」に改名された。そして、2017年12月にはここで複合商業施設を、そしてその後方にある古民家では、函館の暮らしを見つける宿「SMALL TOWN HOSTEL」をオープンする予定だ。

「SMALL TOWN HOSTEL」では、函館が日本のストーブ発祥の地ということもあり、蓄熱式薪ストーブを取り付けるとのこと。他にも、地域の学生が北海道産ホタテ貝入りの漆喰塗りを手伝ったり、地域住民が一緒になって西部地区のマップを作ったりしながら、着々と準備が進められている。

結局、一番大切なことって?

私も地方出身なので、町おこしの問題は人ごとではない。町が寂れ始めた時私たちは何をすべきなのか、何度も考えたことがある。

外に向かって情報を発信するのはもちろん大事だ。けれど本当に重要なことは、そこに住む人たちの町への愛着だと思う。自分たちが町を大切に思えること、そして愛していけること。

だから、「SMALL TOWN HOSTEL」の内側から溢れ出るポジティブなエネルギーは、同じような問題を抱える町にとって、ひとつの希望になるんじゃないか、と感じている。

現在、クラウドファンディングサイト「Readyfor」にてこのプロジェクトのサポーターを募集している。締切は8月31日(木)23:00。

Licensed material used with permission by Readyfor
愛知県名古屋市で教員生活をしていた山田忠男さん。定年退職を機に、北海道の厚真町で羊農家に挑戦しました。厚真町唯一の羊農家となり、羊肉を出荷しています。羊の...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
美瑛町といえば、近隣の富良野市と並んで北海道を代表する観光地のひとつ。中でも「パッチワークの路」と「パノラマロード」は二大観光コースと言われるほど、多くの...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
おいしいコーヒーと、グルテンフリーのフードメニューで人気のカフェ「ことりうさぎ」は、秋田県北東部の鹿角市にある。温泉やスキー場といった北国らしい魅力はたく...
「北海道=大自然」と言われて反対する人はいないと思いますが、そんな広大な土地を生かした「国立公園」の存在については、意外と知らない人も多いのではないでしょ...
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
北海道美瑛町に廃校を活用した「食の複合施設」がある。敷地内には、レストラン「ビブレ」、パン工房、ホテル、料理塾がそろっている。地元の食を通してよろこびを提...
それは、北海道の自然をありのままに感じる、最高に贅沢なアウトドアステイ。広尾郡大樹町にある環境技術研究施設「メム メドウズ」内に、大自然一体型ホテル「ME...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
日本全国のホステルで使える泊まり放題のパス「ホステルパス」の予約受付が10月からはじまりました。日曜日〜木曜日の間のみ使用できる年間パスは18万円(月15...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
地図や鉄道関連の本に多く携わってきたフリーライターの今尾恵介さん著書『番地の謎』(光文社)では、日本の住所表記について掘り下げ、歴史や傾向について詳しく紹...
北海道幌加内町の北部にある「朱鞠内湖(しゅまりないこ)」は、気象庁非公式ながらも、過去にとんでもない記録を叩き出した模様。なんかもう、書くだけで寒気がする...
2015年12月、浅草にオープンした「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、築30年の商業ビルをリノベーションしたホステル。日本の暮らしの中でふと感じ...
北海道の上士幌町(かみしほろちょう)にある「タウシュベツ橋梁」は、ダムの湖底に沈んでいるコンクリート製アーチ型の橋。水位が季節によって変移する糠平湖という...
「ねぇ、ホステルとゲストハウスの違いって何?」——って聞かれて、あなたは答えられますか!? どちらも泊まったことがある&旅行ガイドメディアに携わっているく...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...