醤油をかけたら生き返った!?新鮮すぎる「活イカ踊り丼」が、海外で話題に

「イカの踊り食い」といえば、細長く切ったゲソが一般的。でも、ここで紹介するのは、“下半身”をまるごとを乗せた「活イカ踊り丼」です。

これがいま、特に海外で話題になっている模様。その秘密は、醤油をかけると踊っているかのように動き出すパフォーマンス(?)にありました!

まるで生き返ったかのような
ニョロニョロ!

FireShot Capture 1368 - Dancing Squid Comes to Life In Soup Bowl I _ - https___www.youtube.com_watch_R

これは北海道・函館の名物丼ぶり。

FireShot Capture 1370 - Dancing Squid Comes to Life In Soup Bowl I _ - https___www.youtube.com_watch_R

醤油をかけると…、

FireShot Capture 1371 - Dancing Squid Comes to Life In Soup Bowl I _ - https___www.youtube.com_watch_R

まるで生き返ったかのように、下半身が勢いよく動き始めます。鮮度抜群!

FireShot Capture 1372 - Dancing Squid Comes to Life In Soup Bowl I _ - https___www.youtube.com_watch_R

醤油に含まれるナトリウムが筋肉を収縮させるため、こうした反応が見られるのだとか。

FireShot Capture 1369 - Dancing Squid Comes to Life In Soup Bowl I _ - https___www.youtube.com_watch_R

ボリュームも満点ですね!

とはいえ、日本人から見ると“新鮮さの証明”であるこの反応も、海外では賛否両論。「苦しんでいるように見える」「まるでゾンビだ」などと、踊り食いを疑問視するかのような向きもあります。

決して生きてはおらず、苦しんでいるわけでもないのですが…、日本の食文化を異なる視点で捉えた面白いトピックといえるかもしれません。

Licensed material used with permission by Jukin Media

富山でラーメンといえば、富山ブラック。醤油ベースの濃い味は、白米と共にいただくための心意気。ある意味これもご飯のお供ですが、歴史も黒色も深い「黒作り」を紹...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外、おいしい発見がありました。
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.27 「イカ天」イカ天知ってるか?後輩のライター(男性24歳)に聞いたら、イカの天ぷらですかという答が返ってきた。うん...
醤油のラベルにでかでかと書かれた「パン」の文字。なんだこれは! 意外や意外、手がけるのは宗像神湊にある「ナカマル醤油醸造元」。創業は1850年(嘉永三年・...
北海道美瑛町に廃校を活用した「食の複合施設」がある。敷地内には、レストラン「ビブレ」、パン工房、ホテル、料理塾がそろっている。地元の食を通してよろこびを提...
名門「香港バレエ団」が公開するカラフルでポップな動画。多数のバエレダンサーが出演し踊りを披露。ソロやデュオ、グループなどさまざまなダンスのなかに、バレエの...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
絆創膏ブランドのBAND-AID®キズパワーパッド™は、就活生の靴ずれをなくすための「#スニ活」を開始。同時にスニーカーの販売も始め、新しいリクルートファ...
「ヨーグルトにかけるお醤油」は、岩手県のふたつの企業がタッグを組んで共同開発されたもの。きっかけは、牛乳・乳製品の製造販売メーカー「湯田牛乳公社」が製造す...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
吉野家の「缶飯」は、非常用保存食としての牛丼。温めは不要で、常温のまま食べることができる優れモノ。
観光客に「いいお土産がない」と言われ、成り行きで地元の印刷屋さんが商品開発に携わることになった。そこで思いついたのが、「地元の食文化を持ち帰る」というお土...
ぼくは、デブだった。健康な食事のことなんて考えたことがなかった。でも、どうしたら変われるのか知らなかったんだ。そして、食を学ぶことにした。これは、「食べる...
snsで人気のお店って実際どーなんよ?価格や味を読者のみなさまにレポートしていく企画。今回はsnsで流行っている「肉ドレス海鮮丼」器からはみ出るお肉が豪華...
「鯛茶漬」というと濃いゴマだれをベースにした味を想像するかもしれませんが、長崎名物の鯛茶漬けはひと味違います。壱岐島(いきのしま)では、漁港で水揚げされた...
TIME誌の「ベストイノベーション賞」などの受賞歴をもつ「Vollebak」から新たなジャケット「Black Squid Jacket(黒イカジャケット)...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...