破れた衣類を元どおり修復する「ナゾの液体」が開発された

ひざやおしりが破れたデニム・ジーンスに「あて布」をして補強していた日々が、もう終わりになるかもしれない。破れた箇所にたらすだけで、繊維が自己修復され元どおりに。そんな画期的な液体がアメリカで新たに開発されました。この液体が発見されたきっかけがまた、オドロキ!

液体を数滴たらして
待つこと1分、ほら元どおり!

繊維に液体をたらすだけで、破れた布が自己修復していく。ペンシルバニア州立大学によるこの研究は、酵母や細菌による生分解性を応用した液体を開発し、その特性を調べたもの。ウールとコットン(綿布)を用いた実験がこちらの写真です。

スライドグラスの上に液体を数滴たらし、そこに小さくカットしたウール素材をつなぎ合わせて並べます。フタをしてしばらく待つと、バラバラだった素材が1つのピースにちゃんとくっつき、おおっ!曲げても剥がれてきません。まさに接着剤のような魔法の液体。

魔法の液体の正体は……
イカのタンパク質!

同大学のリリースによれば、液体開発のきっかけになったのは、なんとイカの口のタンパク質だとか。研究者らはイカのタンパク質に自己修復する特性があることに着目、バイオテクノロジー技術を用いてイカのタンパク質を再現。こうして、繊維が自己修復していく高分子電解質コーティング剤開発に至ったそうです。

もともと、繊維業界においてタンパク質や酵素は、コーティング前の繊維同士を合成繊維のように固定させる目的で使用されることもありましたが、非常に高価なうえ、自己修復能力がない。我々が目指したのは、テクノロジーの力を用いて、既存の繊維にも修復力のある液体の開発でした。

こう語るのは、研究を率いたMelick C.Demirel博士。なんでもこの研究には、米軍も資金援助をしており、将来的には兵士たちが着用する軍服や、農夫たちの作業着のほころびを自己修復できる機能につなげたい狙い。

その第一歩となった、今回の実験。次は、洗剤やお湯、洗濯機で洗った際の強度と、自己修復能力を測っていく予定だそう。

Licensed material used with permission by Demirel Lab / Penn State University
他の記事を見る
人間の皮膚のように、ダメージを負っても自己修復する「飛行機」。そんなにわかには信じ難い技術が発表された。英・ブリストル大学の航空宇宙工学研究チームが開発し...
NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。ポリマーで作られた壁の中には、酸素に触れると凝固する特殊な液体が入っています。...
子供の優しい気遣いのようなユーモラスなこの作品は、ドイツ人アーティストJan Vormannさんによるプロジェクト。ヨーロッパ、アジア、アメリカなど世界4...
世界初の液体プラスチック「BONDIC」は、「UV(紫外線)」を当てると固まる接着剤です。歯の治療法からヒントを得ているのだとか。まるで、工芸に使う「グル...
真冬のモントリオールで、極寒の中開催される音楽フェス「igloofest」。今年は1月17日〜2月2日の間、毎週木・金・土の開催。
シチリア島にある数十件の家が売りに出されています。しかも、たったの約1ユーロ。ただ、自ら家を改装する必要があるなど条件はあるようで。特にヨーロッパ圏内の外...
Levi'sがGoogleと共同開発を進めてきた次世代型ウェアラブルジャケットが、いよいよ2017年春リリースとなるようです。創業140余年、デニム業界の...
じつは彼との関係、まだまだ良いものになるポテンシャルを秘めているかもしれませんよ?今諦めちゃっていいんですか?
5月6日、科学誌「Oncotarget」に掲載されたレポートによれば、バークレー大学やスタンフォード大学、ニューサウスウェールズ大学の研究者たちが、今後の...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
手掴みでロブスターを丸ごと1匹味わえる原宿で話題のシーフードダイニングCatch the Cajun Seafood〒150-0001 東京都渋谷区神宮前...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
Melissa Feldermanは、ミレニアル世代の女性たちのイメージに植え付けられたイメージを変えようと、オリジナルのプロダクトでアプローチ。テクノロ...
2019年1月1日より、アメリカ・ワシントンD.C.で使い捨てプラスチックストローの提供を禁止する条例が施行されました。
クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだ...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
自分の履きじわがついたデニムや、使い込まれて飴色になったヌメ革の財布。エイジングは、ライフスタイルに直結する楽しみだ。つい先日、愛知県の瀬戸市へ行ってきた...
ブラスト、シェービング、ケミカル、ヒゲ、加工方法や色落ちの違いで幾重にも表情を変えるのがデニムジーンズの魅力。そのデニムを画材に使って、唯一無二のアートワ...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
所有率が130%を超える、世界一の自転車先進国オランダ。通勤・通学時には、ユーザーのおよそ半数が自転車で移動するんだとか。そんなお国柄だからこそ、衣類をス...
富山でラーメンといえば、富山ブラック。醤油ベースの濃い味は、白米と共にいただくための心意気。ある意味これもご飯のお供ですが、歴史も黒色も深い「黒作り」を紹...