Levi'sの次世代型デニムジャケット。秘密は「袖」にあり

Levi'sがGoogleと共同開発を進めてきた次世代型ウェアラブルジャケットが、いよいよ2017年春リリースとなるようです。創業140余年、デニム業界の雄とテクノロジーの注目コラボ。サイクリストに嬉しい機能が満載です!

アメリカン・アイコンが挑む
“着る”デバイス

これが開発中のデニムジャケット。一見、これまでのモノとの違いを……言えませんよね?じゃあ、内側に秘密が?いえいえ、秘密は繊維のなか。

でも、難しい話はさておき、まずは実際にこのジャケットをサイクリストが着たらどうなるか。動画でチェックしていきましょう。

ジャケットを
ウェアラブルにする?

たとえば、Bluetoothで接続しているスマホで目的地を検索。もちろん、スマホはもう出番なし。音声ナビゲートはイヤホンを通して。あとはナビがジャケットと連動して、目的地まで案内してくれるから。

いざ、ライドオン!

ジャケット左手の袖口にある突起をポンポンと、これだけでルートが変更。

袖をスワイプすれば、周辺情報が音声で案内されたり。近くのカフェでちょっと小休止、なんてときにも検索のたびに止まる必要はありません。

ほかにも、ボタンに触れることで電話に出ることも(着信拒否も選択可)、スワイプで音楽を変えることだってハンドル片手にできてしまうようです。

そもそも、スマホを手に“ながら運転”はどうしたって危険だし、サイクリストからしても煩わしいもの。たとえそれがスマホホルダーだったとしても。

そこへ行くと、このジャケットは安全性も快適性も同時に手に入る。まさに、サイクリストにうってつけの“着る”ウェアラブルデバイスというわけ。

導電性の糸で
センサーを編み込んだデニム

ポイントはこの袖口にあり。かいつまんで説明すると、センサーの役割を果たす導電性の極細糸をデニム繊維と一緒に紡ぎ、その糸で織った生地とICチップを接続。スナップの部分がその役目を果たし、タッチしたり、袖口をスワイプすることでBluetoothの端末を動かすことができるという技術。2015年より、Googleと共同開発で進めてきた「Project Jacquard」です。

「我々はこの象徴的なプロダクトを、そう大きくデザインから変えたわけではない。でも世界は日々変化していく。こうして未来へのドアを開くことは、我々のデザインにとっても、ブランドにとっても重要なこと」

とは、Levi'sシニアディレクターBart Sights氏のコメント。デザインを一から作り直していくわけではなく、テキスタイルに変革を与えることで、“伝統”や“らしさ”はそのままに。新しいモノを作るのではなく、新しいコトに挑む。そこに、老舗ブランドが次世代へ挑むチャレンジングスピリットを垣間見た気がします。

以下は、Project Jacquardの全容を追ったドキュメンタリー。こちらも必見!

提供元:Google
Licensed material used with permission by Google
1889年にアメリカ・カンザス州にて誕生した「Lee」から、ブランド設立130年を記念したコレクションが登場。
2月27日~3月15日まで、岡山デニムの廃材を再利用するサステイナブルプロジェクト「Sustainable Project Laforet×Okayama...
「Baluko Laundry Place代々木上原」にて先行受付中の「H.KATSUKAWA」と共同開発したメソッドによるスニーカーとデニムに特化した専...
歯ブラシの機能向上は日進月歩。ただの電動歯ブラシでは、もう満足できないアナタにおくる「かしこい歯ブラシ」をまとめてみました。
代官山、表参道ヒルズ、GINZASIXにも出店中!今、注目のオランダ発のデニムブランドDENHAM〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町25−8https...
気仙沼港は、メカジキの水揚げ量が日本一。国内有数の豊かな水産資源を活かすべく、地元のオリジナルブランド「OIKAWA DENIM」が開発したのが「メカジキ...
ブラスト、シェービング、ケミカル、ヒゲ、加工方法や色落ちの違いで幾重にも表情を変えるのがデニムジーンズの魅力。そのデニムを画材に使って、唯一無二のアートワ...
DENIM BROTHERS ~キャンピングカーで全国に「デニムと想い」を届ける兄弟~▶︎Every Denim 国産デニムの発祥地である岡山県の瀬戸内か...
岡山県のデニム職人が作る布マスクの専門店「KOJiMA MASK(児島マスク)」。デニム、リネン、レース柄、チェック柄など100種類以上のバリエーションか...
「VANTERTAINMENT FES vol.0」は、滞在場所もエンタメブースも、車中泊仕様のバンで完結する完全移動式テーマパーク。
石川県の元・縫製工という僧侶が型紙作成、裁断、縫製までをすべて“ひとり”で生産するデニム「ボーズソーイング」。応援購入サービス「Makuake」でプロジェ...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
みなさんが普段はいているジーンズ。それに使われているデニムが他の生地と大きく違うのは「色落ちすること」にある。はき続けているうちに、擦れ、色褪せ、自分だけ...
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
スーパーマテリアル「グラフェン」を使ったオールシーズン着られる万能ジャケット「GRAnaRECジャケット」。
宇都宮の協同組合「宇都宮餃子会」より、見た目が完全に餃子なマスク「宇都宮餃子マスク」が登場。抗菌性能をしっかり確保しつつ、ユーモアあふれるかわいいデザイン...
「GU(ジーユー)」からマスクが登場。機能性に加え、ファッション性をも追求したラインナップがズラリ。
アウトドアブランド「Vollebak」が抗菌作用を持つ“銅”を65%使用したフルメタルジャケットを製作。特殊な素材を用いて高機能なアイテムを開発してきた次...
岡山県のデニムファクトリー「青木被服」よりデニムマスクがデビュー。現在、第3弾となる予約注文を受付中だ。
自分の履きじわがついたデニムや、使い込まれて飴色になったヌメ革の財布。エイジングは、ライフスタイルに直結する楽しみだ。つい先日、愛知県の瀬戸市へ行ってきた...
レイングッズを扱う「ワールドパーティー」が、安全面や機能面に配慮した、自転車に乗る人のためのポンチョ「レインバイシクルポンチョ」を自社ブランド「Wpc.」...
TABI LABOのYouTubeチャンネルで楽しめるコンテンツを紹介。登録しなきゃもったいない!
自転車の動力を使ってコーヒーを精製する「ドライ・バイシクル・パイピング」を考案し、サステイナブルなコーヒー生産を続ける「GOOD COFFEE FARMS」。