植物のためのジュエリー「PLANT'S JEWEL」が登場。しかも、カワイイだけじゃない!

それは植物のためのジュエリー。身近な器に入れて茎を挿すだけで、より華やかに、美しく演出してくれます。女性の中には、「こんなアイテムを待っていた!」なんて人も多いのでは?

もっと、花のある生活を。

改めて説明すると、このPLANT'S JEWEL(プランツジュエル)は、たった一輪の花、一茎の植物でも華やかに飾る「植物のためのジュエリー」。デザイン性の高い本体部分を花瓶やグラスなどの器に入れ、植物の茎を挿しこむだけで、華やかな生花が完成します。

デザインは以下の5種類。あなたの好みはどれ!?

01.
バブル

「泡」をモチーフにしたデザイン。シャンパングラスやワイングラスなどに引っ掛けて、花の茎を穴に入れて固定して利用します。色々な大きさの穴が開いているため、様々な太さの茎を挿すことが可能。

02.
リーフ

「葉っぱ」をモチーフにしたデザイン。茎の部分を曲げることができるため、ある程度間口が広ければ、さまざまな器に合わせることができます。

03.
バングル

「バングル」をモチーフにしたデザイン。花瓶がなくても、お皿やプレートなどの上に乗せて使えます。ボリュームが少ないと倒れてしまうような大きすぎる花瓶の中に入れ、花を固定するという使い方もアリ。

04.
リング

「リング」をモチーフにしたデザイン。「バングル」と同じく、花の固定にも使えます。

05.
ミラーボール

「ミラーボール」をモチーフにしたデザイン。直径85mmの球体になっていて、ちょうどハマる大きめのワイングラスや器に合わせると、剣山のように使うことができます。

もちろん、一輪の花や一茎の植物と合わせて使ってもOK。

しかも、水をきれいに保つ
抗菌効果まで!

美しい切り花も、うっかり水を変えるのを忘れるとすぐに枯れてしまいます。その理由の一つが、茎の切り口に雑菌が入り込み、水の吸い上げが悪くなってしまうこと。

PLANT'S JEWELには、株式会社神戸製鋼所が開発した「従来の10倍以上の効果をもつ高機能抗菌技術KENIFINE®(ケニファイン)」を使用。花瓶に入れるだけで水を滅菌してきれいに保ち、花の自由な呼吸を助けてくれるのだそう!

現在、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて資金調達中の「PLANT'S JEWEL」は、税・送料込で4,000円から14,000円という価格帯。このジュエリーで、「花のある生活」をもっと気軽に楽しんでみては?

Licensed material used with permission by Makuake
純白のウェディングドレスに合わせるブライダルジュエリー。ゴージャスなパールやきらきらのティアラはもちろん素敵ですが、生花を使ったこんなオシャレなものもある...
元家具職人がつくる、呼吸するジュエリー「su Ha」。ジュエリーは、デザイナーが自ら国内外を歩いて5年かけて選んだ素材からできている。だからこそ、それぞれ...
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
男性の自分からからすると、完全に女性向けデザインであることが悔しい。逆にいうと、女性には思う存分活用してほしいアイテムということ。ジュエリーにテクノロジー...
SA BIRTH(サバース)」から、新たなジュエリーブランド「SA BIRTH GINZA」が誕生。10月20日、銀座4丁目にオープンしました。デザインは...
001 ジュエリーを主役にする 「シンプルな洋服」柄のない、シンプルな装いには、反対に装飾的で大ぶりなネックレスやブレスレットをつけて、コーディネートの主...
Leaf Urbanは、常に健康を管理することができるジュエリーの形をした女性のための健康を記録できる装置です。歩数や活動した時間、消費カロリーの記録、睡...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
goro’sは、原宿にあるインディアン・ジュエリーショップ。80年代〜90年代、渋谷で遊んでいた奴で、ゴローさんを知らない人はいない。そして、チーマーと呼...
ビー玉のような実がついた、どんぐりモチーフのアクセサリー。かさの部分は本物のどんぐりが使用されていて、「レジン」と呼ばれる透明樹脂で出来た実の部分には、本...
50万以上の植物に囲まれている空港がある。 2015年3月、イギリスのリサーチ会社スカイトラックス社は、シンガポール・チャンギ国際空港を世界で1番の空港と...
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
かわいい笑顔を見せてくれるのは、米ユタ州に住むGianessa Wrideちゃん。まだ、7歳の彼女は、今年のはじめに「脱毛症」と診断されました。その影響に...
まだ自分が小さかった頃、毎日のように絵を描いては、得意げに父や母に見せていた記憶があります。やがて大きくなったとき、両親は大切に保管していたその絵を、宝も...
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
Instagramで自身の作品をアップするようになってから、無名だったデザイナーJuliette Malletさんは、国境を越えて注目を浴びるようになりました。
透明な容器の中で小さな自然を再現した「テラリウム」は、実際に手作りできることでも大人気。ただし、ここで紹介するようなアクセサリーとなると話は別。小さな花や...
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...