【女性必見】ジュエリーにぴったりな洋服選び「6つのルール」

hasuna9

001 ジュエリーを主役にする 「シンプルな洋服」

柄のない、シンプルな装いには、反対に装飾的で大ぶりなネックレスやブレスレットをつけて、コーディネートの主役にしてしまうのがベター。アクセサリーが映えますよ! hasuna1

002 軽やかにまとめる 「黒いタートルニット」

今季人気の黒いタ―トルニット。でも、髪色も黒だと全体の印象が重く沈んでしまいがちです・・・。そんなときは、大きなパールネックレスや18金の華奢なロングネックレスを。選ぶジュエリーひとつで、全体的に軽やかなイメージを与えてくれます。

003 定番からの脱却! 「白シャツ」

ビジネスシーンで定番の白シャツ。開襟にしてペンダントタイプのものをつけるのはよくありますが、あえて一番上までボタンを閉めてみましょう。そうして、シャツの上から石の大きなロングネックレスをつけてみると、いつもと違った雰囲気が演出できるはずです。 hasuna10

004 キーワードは“マリン” 「ボーダーのTシャツ」

ボーダー柄に合わせるなら、錨形や海星型など、マリンテイストのジュエリーを。気分まで爽やかになりますよ。 hasuna6

005 ラフに決めたい 「半袖Tシャツ」

シンプルな半袖Tシャツで過ごす夏のいちにちは、モチーフが大きめのペンダントをコーディネートのアクセントに。腕や手元が寂しくなるので、バングルや大きめのリングも欠かせません。 yubiwa shirakibresslet hasuna3

006 定番の 「長袖Tシャツ」

手首まで隠れる丈のカットソーやニットには、あえて洋服の上からブレスレットをしてみましょう。石をたくさん使用した3連以上のゴツめのブレスレットなどは、コーディネートの主役になります。 shirakineck 10723669_609291895859937_289760169_n

女(じぶん)を磨く 言葉の宝石
記事提供元:白木夏子

Leaf Urbanは、常に健康を管理することができるジュエリーの形をした女性のための健康を記録できる装置です。歩数や活動した時間、消費カロリーの記録、睡...
男性の自分からからすると、完全に女性向けデザインであることが悔しい。逆にいうと、女性には思う存分活用してほしいアイテムということ。ジュエリーにテクノロジー...
元家具職人がつくる、呼吸するジュエリー「su Ha」。ジュエリーは、デザイナーが自ら国内外を歩いて5年かけて選んだ素材からできている。だからこそ、それぞれ...
純白のウェディングドレスに合わせるブライダルジュエリー。ゴージャスなパールやきらきらのティアラはもちろん素敵ですが、生花を使ったこんなオシャレなものもある...
ミントタブレット、適当に選んでませんか?
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
それは植物のためのジュエリー。身近な器に入れて茎を挿すだけで、より華やかに、美しく演出してくれます。女性の中には、「こんなアイテムを待っていた!」なんて人...
goro’sは、原宿にあるインディアン・ジュエリーショップ。80年代〜90年代、渋谷で遊んでいた奴で、ゴローさんを知らない人はいない。そして、チーマーと呼...
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
「Elite Daily」の女性ライターZara Barrieさん。正直でストレートな内容が人気の彼女が今回執筆したのは、「セクシーな女性が抱える6つの悩...
女性からすると「えっ!?」と思うようなファッションを、実は多くの男性が好んでいる。そう主張する「Elite Daily」の男性ライターKevin Schl...
まだ自分が小さかった頃、毎日のように絵を描いては、得意げに父や母に見せていた記憶があります。やがて大きくなったとき、両親は大切に保管していたその絵を、宝も...
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
女性という、生き物について。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
かわいい笑顔を見せてくれるのは、米ユタ州に住むGianessa Wrideちゃん。まだ、7歳の彼女は、今年のはじめに「脱毛症」と診断されました。その影響に...
アーティストLibby Oliverさんは、複数の人に持っているすべての洋服を身にまとってもらい、シャッターを切りました。