花や蝶を詰め込んだ「テラリウムアクセサリー」には、ファンタジーが溢れている

透明な容器の中で小さな自然を再現した「テラリウム」は、実際に手作りできることでも大人気。ただし、ここで紹介するようなアクセサリーとなると話は別。小さな花や蝶、ヒトデなどが、これまた小さなガラスの中に丁寧に詰め込まれています。

種類もカラーも豊富!
きっと、お気に入りが見つかるはず

指輪やネックレス、ピアスにブレスレットなど様々な種類のアクセサリーは、スペイン人アーティストTONI Rielvezによるもの。

「My Modern Met」によると、もともとイラストレーターだった彼女は、創造性の限界を感じたときに、その壁を乗り越えるためアクセサリー作りを始めたのだそう。すると、すっかり夢中になってやめられなくなってしまったのだとか。

ここで紹介したのは、全種類のうちのほんの一部。ファンタジー溢れるたくさんのアクセサリーたちは、「Etsy」にてチェック&購入が可能。価格はだいたい1,800円〜3,000円といったところ。自分用はもちろん、ちょっとしたプレゼントにもイイかも!

Reference:My Modern Met
Licensed material used with permission by T. Rielvez
Leaf Urbanは、常に健康を管理することができるジュエリーの形をした女性のための健康を記録できる装置です。歩数や活動した時間、消費カロリーの記録、睡...
アメリカの『Etsy』でテラリウムをアクセサリーにしたものが販売されていて、日本でも似たようなものがないかと探していました。見つけたのが、『Niche.(...
ファッション、グラフィック、ファニチャーなど様々なプロダクトを生み出す総合ブランド「BAM(バム)」が、「阪急メンズ東京」と「阪急メンズ大阪」にて、世界に...
「Iria Ashimine」のアクセサリーには、つねに変化しつづける自然界のみずみずしい姿が、繊細に表現されています。
まるでノーブラのような気持ちよさとかわいさ、最適な価格帯を意識し、Z世代に向けて発売された新ノンワイヤーブラ「Peasy」。楽ちんなつけ心地でリモートワー...
「mm(ミリ)」のそれは、なるべくプリミティブな自分になってつけたいアクセサリー。
それは植物のためのジュエリー。身近な器に入れて茎を挿すだけで、より華やかに、美しく演出してくれます。女性の中には、「こんなアイテムを待っていた!」なんて人...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
「SmartTerra」は、あなただけの“小さな庭”に、自然界の要素を足してくれるようです。もっと分かりやすく言えば、雨を降らせたり、雷を演出してくれたり...
SA BIRTH(サバース)」から、新たなジュエリーブランド「SA BIRTH GINZA」が誕生。10月20日、銀座4丁目にオープンしました。デザインは...
サウナに行けず、そろそろ“禁断症状”が出ているサウナーも少なくないはず。そこで、「自宅でととのう方法」をご紹介。
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
「KYOKO TSUDA」は、独特でグラフィカルな要素を用いてプロダクトに展開するアクセサリーブランドです。
「gui」は、“花とあなたが出会う場所” をコンセプトに、さまざまな空間にお花やお花をつかった小物を届けるお花屋さんです。
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
近年話題のモアサナイトを使用したプロダクトを展開する国内のエシカルジュエリーブランド「GYPPHY(ジプフィー)」が今季の新コレクションを発表。
「ALL YOURS(オールユアーズ)」が、公式オンラインストアにて利用できる「リモートワーク応援プラン」を導入。今月30日(木)まで、1万5000円以上...
4月23日までクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっていて、世界各国に5月から順次発送予定のアイテム「Hygiene...
みんなには、ぜったい内緒だよ?
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
バレンタインのギフト候補に、「BAM」の蝶ネクタイをリストイン!
男性の自分からからすると、完全に女性向けデザインであることが悔しい。逆にいうと、女性には思う存分活用してほしいアイテムということ。ジュエリーにテクノロジー...
大切な思い出が詰まったものだが、リユースには向かないアクセサリーや宝石などのカケラを「万華鏡」に生まれ変わらせるサービスを、ジュエリーの製造・販売を手掛け...