球体に「宇宙」を閉じ込めたガラスのペンダントが美しい・・・

ガラスの球体に宇宙を閉じ込めたペンダントトップを知っていますか?手のひらの小さな球体をじっと眺めているだけで、無限の広がりを感じさせる。これは、美しい!

小さなガラス玉の中に
それぞれの宇宙がある

DSC_0375_2

ガラス工芸のアクセサリーブランド「」が製作を手がけるこのペンダントトップは、「宇宙ガラス」の名で親しまれています。
色合いの異なる耐熱ガラスを使用し、そこに24金や純金、オパールを埋め込みガラスで包んでいきます。すると、透明のガラスの中にまるで星々が散りばめられているかのような、幻想的な世界が出現。
ちなみに中に浮かぶ地球はブラックオパールで表現。この他、ホワイトオパールを月や太陽に見立てたバージョンも。

小宇宙を閉じ込めた
ペンダントトップ

スクリーンショット 2015-11-26 10.27.28

スクリーンショット 2015-11-26 9.44.09

高温のバナーでガラスを溶かしながら球体を形造っていきます。丹念にひとつずつ手作業で製作していくため、ひとつとして同じものは存在しません。

スクリーンショット 2015-11-26 9.41.38

球体の中に惑星がぽっかり。色ガラスがマーブルに混ざり合い、すでにこの時点で小宇宙ができあがっています。

DSC_6097_1ss

光の角度によって、ガラス内部でオパールが様々な色相に変化していきます。微妙に風合いが異なるのもハンドメイドならでは。まさに自分だけの宇宙が手のひらの中に。

クリスマスシーズン、大切な人へのプレゼントにいいかもしれませんね。

Licensed material used with permission by

すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
宇宙探索ソフト、SpaceEngine。自分で惑星をつくったりマニュアルを覚えて宇宙船を操作したり。とにかくリアルです!
まるで「海に漂うクラゲ」のようなガラスのアートを制作したのは、現在、イタリアのルッカを拠点に活躍するアーティストDaniela Forti。溶けたガラスの...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
こっちはもう、夏真っ盛りだわよ〜。
アメリカのアーティストであるKit Paulsonさんは、手作業によるガラス細工で繊細優美な作品を作って公開している。骨やレースといったものだけでなく、マ...
むかし図鑑で見た結晶のカタチや、化学反応の不思議な色あい。彼女の造形や色彩をみたとき、真っ先に思い出したのはそれです。ドイツのガラス工芸家Heike Br...
イラストレーターのThomas Duboisが描くのは、「宇宙の先」を考えさせるリアルな物語。国際宇宙ステーションが爆発し、無重力空間を漂うこととなった宇...
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
ちょっとしたお散歩も、いつもとひと味違う風景に感じられるはず。
ウクライナのスイーツショップ「Musse」には宇宙色のエクレアがあり、まるで銀河を流し込んだかのように美しい。宇宙のような色・光沢・模様は専用のミラーグレ...
Ani Liuさんはダイヤル式で3つの匂いを嗅ぎ分けられるネックレス型のアイテムを開発して、地球の香りを宇宙飛行士に楽しんでもらうプロジェクトをおこなっている。
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
透明な容器の中で小さな自然を再現した「テラリウム」は、実際に手作りできることでも大人気。ただし、ここで紹介するようなアクセサリーとなると話は別。小さな花や...
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
海水温が上昇する夏のこの時期、夜の砂浜を歩いていると青白く光り輝いてみえることがあります。あれは海洋性プランクトンによる発光。その明かりを丸いガラス玉に閉...
日進月歩で研究が進み、ますます宇宙への進出が現実を帯びてきました。とはいえ宇宙に出るには当然、特別な訓練が必要です。今までは選ばれた数少ない宇宙飛行士しか...
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。
地上から約400kmの上空に建設された国際宇宙ステーション(ISS)。この巨大な有人実験施設から、地球の表面に漂うオーロラを捉えた映像をNASAが公開した...
ロシアのソユーズロケットに乗って宇宙を旅した、高知県ひまわり乳業の乳酸菌。その子孫たちを使って作られたグミ、その名も「宇宙のグミ」を紹介する。商品開発の経...
宇宙ステーションの乗組員53名のために、シェフたちが無重力空間でのPIZZA作りにチャレンジしました。ほんとうに大丈夫?