「地球は青…いだけではなかった」

1961年、ユーリイ・ガガーリンが人類初の有人宇宙飛行士として、宇宙に飛び立ってから56年の月日が流れた。

地球は青かった…

宇宙からの帰還を果たしたガガーリンが語ったこの有名なフレーズは、日本語に変換される過程で意訳され、短い言葉になったようだ。なので、この言い回しは日本だけで、他国ではあまり認知されていないとのこと。

当時の原文を探ると、どうやら長文でその一部分に「地球は非常に暗かった。一方、地球は青みがかっていた…」とあるらしい。つまり、地球は青い…だけではなかったのだ。

それを証明しているのが、NASAによる宇宙から撮影された地球の姿。青を基本としながらも、あらゆる色が混在していることが分かるはず。

では、息を飲むような「色彩」を堪能して欲しい。 

南極

アメリカ
東海岸

アラスカ
ブルックルズ山脈

  アラビア半島
ルブアルハリ砂漠

アメリカ
南アパラチア山脈

イタリア
ヴェネツィア

スペイン・ポルトガル
イベリア半島

北アフリカ

南太平洋
バヌアツ諸島

アメリカ
五大湖と中西部

美しい惑星、地球──。

その背景には、多様な表情がある。だとするならば、こうも言えるのではないだろうか。多様性こそが、美しさをつくるのだと。

壮大な写真を目の前にしながら、そう強く感じた。

Licensed material used with permission by NASA