NASAの探索機が9年半かけて「冥王星」に到達。その写真に写っていたのは・・・?

2015年7月14日、NASAの惑星探査機「ニューホライズン」が冥王星へとたどり着いた。地球からの距離はおよそ48億km。途方もない距離だが、探査機は2006年の1月に惑星の大気成分や地表の様子を観測するために発射されたもので、9年半かかって到着したことになる。

以下の画像は到達の少し前、地表からおよそ768,000km離れたところから冥王星を撮影したもの。画像ではクレーターや地表の様子を詳しく見ることができるが、なかでもハート型にも見える模様が目立つ。

85singo_tn-p_lorri_fullframe_colorReference:NASA/APL/SwRI

85singo_pluto-annotatedReference:NASA/JHUAPL/SWRI

さらに、冥王星の近くにある衛星「カロン」も同時に観測され、それらの大きさが具体的に判明した。冥王星の直径は約2,370 kmで、予想されていたサイズよりも少し大きかった。

NASAのwebサイトでは、それぞれの惑星を地球のサイズと対比した画像も公開されている。また、全体的に色がグレーであるカロンに対し、冥王星が赤っぽい色をしていることも新たに分かった要素のひとつだ。

85singo_nh-pluto-charon-earth-sizeReference:NASA

85singo_nh-color-pluto-charonReference:NASA/JHUAPL/SWRI

じつはこれらの写真だけでも、とてもスゴイことなのだが、天体ファンならいざ知らず、一般的にはなかなか伝わりにくいかもしれない。実際、距離もあってか、詳しい観測データを地球へ送信するためには、16ヵ月ほど時間がかかるそうで、これらの写真は“前菜”のようなものだ。
NASAの長官チャールズ・ボールデン氏は興奮気味にこう語っている。

「これから送信されてくるであろう、まだ見ぬ発見を楽しみに待つ。これは科学における歴史的な大勝利だ。我々は人類の可能性の限界値をまたひとつ上げることに成功した」

その発見を刮目して待ちたい!

Top Photo by:NASA/APL/SwRI
Reference:NASA
7/16 一部訂正を加えました

火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
NASAが惑星保護官を募集しましたが、その名前から「エイリアンの襲撃から地球を守る仕事」だと勘違いした小学4年生のJackくん。地球を守りたいという想いを...
2015年7月23日、NASAは地球と非常に近い環境を持った惑星を発見したとの発表を行いました。「Kepler-452b」と名付けられた惑星は、太陽系外で...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
「NASA」が宇宙などで撮られた写真や動画、音声ファイルを検索し、ダウンロードできるサイト「NASA Image and Video Library」を新...
NASAの公式ホームページに、国際宇宙ステーションから見る地球の日の出の写真が投稿された。発表したのは、宇宙飛行士のスコット・ケリー氏。8月10日に撮影し...
1961年、ユーリイ・ガガーリンが人類初の有人宇宙飛行士として、宇宙に飛び立ってから56年の月日が流れた。「地球は青かった…」宇宙からの帰還を果たしたガガ...
地上から約400kmの上空に建設された国際宇宙ステーション(ISS)。この巨大な有人実験施設から、地球の表面に漂うオーロラを捉えた映像をNASAが公開した...
近く重大発表をするらしい…それが「太陽系外惑星についての内容」とだけ含みを持たせるNASAの先行発表に、数日前から噂や憶測が海外メディアで飛び交っていた。...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
2015年10月21日にNASAがYouTubeにアップした映像は、3機のX線観測衛星「チャンドラ」「スウィフト」「XMM-ニュートン」が2014年の11...
宇宙ステーションの乗組員53名のために、シェフたちが無重力空間でのPIZZA作りにチャレンジしました。ほんとうに大丈夫?
NASAのHPによると宇宙飛行士の給料は約1,100万円に対して、惑星保護官の年収は最高約2,000万円。内容を調べてみると、高額の給料にも納得できる理由...
きっかけは、ある調査で確認した衛星写真。Adam Voilandさんは、カナダで観測された火山灰の影による「Vの字」を見て、NASAの写真を使ってアルファ...
「Photobomb(フォトボム)」という言葉を知っていますか?写真を撮ろうとしたとき、急に友だちが割り込んできたり、後ろでこっそり変顔してたりする、ちょ...
宇宙に行きたい人、手をあげて!2015年12月14日、NASAが「求人募集」を開始します。どうやら火星探査に必要な300名以上の宇宙飛行士を集めようとして...
ノスタルジックな空気と現代の洗練された雰囲気が溶け合う、東京・品川「西小山」。そんな街角に漂ってくるバターの豊かな香りのもとは、焼き菓子専門店「cuiss...
2015年9月29日(日本時間)、NASAは火星の表面に「液体の水」と「塩の結晶」が存在していることを裏付ける観測データを発表した。複数の場所で水が流れた...
 NASAが一般に公開している「Visible Earth」は、おもに衛星から地球を撮影した画像や観測データを情報収集して、アーカイブしたもの。もちろん、...
2016年6月30日にNASAが公開した、とある映像。映し出されているのは、木星と揺らめく青い光──、そうオーロラです。実はいま、わずか13秒のこの動画が...
2015年9月。「1年計画」に挑戦している宇宙飛行士が国際宇宙ステーションで生活を始めてから半年ほどが経ちました。以下の画像は、長期間宇宙で生活するってど...
「illumy」は、気持ちよく目覚めるために開発されたアイマスクなのだ。一見、どこにでもあるようなフォルムではあるが、じつは、NASAによるテクノロジーが...
NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。ポリマーで作られた壁の中には、酸素に触れると凝固する特殊な液体が入っています。...