【速報】NASAが「地球そっくりな惑星」を発見!

2015年7月23日、NASAは地球と非常に近い環境を持った惑星を発見したとの発表を行いました。

「Kepler-452b」と名付けられた惑星は、太陽系外でもう1つの地球を探すために発射された宇宙望遠鏡、ケプラー探査機によって発見されたもの。
「生命居住可能領域」とも呼ばれているハビタブルゾーン内で発見されたその惑星は、太陽に似ている恒星の周囲を385日周期で周っており、恒星との距離も地球と太陽との関係に非常に近く、気温も地球とほぼ同じだとか。

85singo_452b_system_comparisonReference:NASA/JPL-CalTech/R. Hurt

そのサイズは地球より60%程大きいようで、地球と同じ岩石質の惑星であることがわかっています。地表には液体もあり、生命体が生存できる環境を充分に持っているそう。

その明るさなどから、およそ60億年前に誕生した惑星と思われ、恒星も太陽より15億年前に誕生したものと推測されています。つまり、地球環境の未来の姿がそこにあるとも考えられており、今後の観測結果に高い期待が寄せられているようです。

NASAワシントン本部のジョン・グランスフェルド次長からはこんなコメントが。

「我々は、"Earth2.0”の発見にまた一歩近づいた」

実は、これまでにも地球に似た環境を持つ惑星は4,696個発見されていますが、今回発見された惑星はその中でも最も地球の環境に近いもの。地球から1400光年離れた宇宙の彼方に存在しているため、すぐに現地に行けるというわけではありませんが、観測を続けていくことでどんな発見があるのか、今後も目が離せません。

Top photo by NASA/JPL-Caltech/T. Pyle
Reference:NASA

関連する記事

地球から約2,545光年離れた宇宙に、ケプラー90と呼ばれる恒星があります。ケプラー90にはこれまで7つの惑星が確認されていましたが、GoogleのAIを...
NASAのHPによると宇宙飛行士の給料は約1,100万円に対して、惑星保護官の年収は最高約2,000万円。内容を調べてみると、高額の給料にも納得できる理由...
NASAが惑星保護官を募集しましたが、その名前から「エイリアンの襲撃から地球を守る仕事」だと勘違いした小学4年生のJackくん。地球を守りたいという想いを...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
5月9日、ニューヨーク市長・Bill de Blasio(ビル・デブラシオ)氏は、ニューヨーク市の住民だけでなく、市を訪れた観光客にも新型コロナウイルスの...
9月2日、「ハワイ地球物理学・惑星科学研究所」が月の高緯度帯で赤鉄鉱を発見したと発表。
宇宙飛行士たちが撮り溜めた何千枚もの写真のなかから2020年のベスト20をセレクト。日の出や夜景などさまざまな写真が選ばれた。
近く重大発表をするらしい…それが「太陽系外惑星についての内容」とだけ含みを持たせるNASAの先行発表に、数日前から噂や憶測が海外メディアで飛び交っていた。...
オウムアムアは「高度な地球外文明によって太陽系に送り込まれたエイリアンの探査機」。米ハーバード大学教授が新著を発表。
学術雑誌『ASTROBIOLOGY(宇宙生物学)』が発表したレポートによると、"superhabitable(地球の代わりになり得る)"惑星24個が特定さ...
Facebookが去年立ち上げたNPEチーム(新製品実験チーム)が、新たにカップル向けのアプリ「Tuned」をリリース。恋人同士のプライベート空間を提供す...
観測衛星や惑星探査機、宇宙望遠鏡など「NASA」の最先端技術によってとらえた雄大な天体写真を集めた展覧会「138億光年 宇宙の旅」が「東京写真美術館」で開...
コロナに梅雨に、地球でのストレスはつきない……。そんな「地球疲れ」を感じているあなたに、宇宙からの癒やし映像を紹介。
9月23日、NASAが6億ドルで「宇宙望遠鏡」を打ち上げると発表。今回の宇宙望遠鏡の計画の裏には、今年7月25日に全世界を驚かせた「小惑星のニアミス」が関...
地球以外の惑星に人類が住めるようにする、テラフォーミング。現在は火星が一番適していると考えられていますが、そんな火星には数十億年前には「大気と水」が存在し...
先日19日、米航空宇宙局「NASA」は、火星に着陸した無人探査機「パーシビアランス」が搭載したヘリコプターの飛行実験に成功したことを発表。ヘリコプターが地...
9月30日、「NASA」が宇宙から投票する方法を公開した。宇宙飛行士たちは、軍に従事する人やその家族と同様、不在者投票を申請する必要がある。そして、宇宙ス...
1961年、ユーリイ・ガガーリンが人類初の有人宇宙飛行士として、宇宙に飛び立ってから56年の月日が流れた。「地球は青かった…」宇宙からの帰還を果たしたガガ...
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
「earth puzzle(地球パズル)」には専用のボードがありません。北や南といった方角を気にせず、自由に「自分だけの地球」をつくることができます。通常...
2015年9月29日(日本時間)、NASAは火星の表面に「液体の水」と「塩の結晶」が存在していることを裏付ける観測データを発表した。複数の場所で水が流れた...
米人気俳優トム・クルーズの次なる新作映画が、「NASA」と協力して国際宇宙ステーションで撮影される計画であることが判明した。これが実現すれば、宇宙へ進出し...
地球から遠く離れた深宇宙。その探査研究情報をまとめているポール・ギルスター氏は、自身が運営しているwebサイト「Centauri Dreams」で、宇宙か...
無重力の宇宙空間での長期滞在に欠かせない筋肉維持のためのエクササイズは、1日2.5時間×週6回。ハーネスや圧力を使った筋トレ機材で、地球とはひと味違う。
地上から約400kmの上空に建設された国際宇宙ステーション(ISS)。この巨大な有人実験施設から、地球の表面に漂うオーロラを捉えた映像をNASAが公開した...
火星の地表からでは測定できないデータを収集するためにNASAが目をつけたのは、ハチのようなロボットだった。曰く、機能性が高い「Marsbee」を使うことに...
2015年12月16日、豪・ニューサウスウェールズ大学研究チームの天文学者たちが、生命が居住できる可能性をもったハビタブル惑星を新たに発見した、と発表。地...
イギリス発のスタートアップ「Spacebit」は「NASA」と提携し、2021年夏までに「蜘蛛型ロボット」を月面に送ると発表。蜘蛛のような足でこれまで探索...
10月6日、「NASA」の宇宙飛行士Chris Cassidy氏が、宇宙での用の足し方を説明する動画を公開した。
宇宙空間で栽培されたレタスの研究結果が発表された。驚くべき内容と、その結果が意味することとは?