NASAが募集する「惑星保護官」のしごと。高収入も納得!

7月中旬、NASAが「惑星保護官」の募集を開始したことを、さまざまなメディアが取り上げ話題になっています。

個人的に驚いたのは、最高約2,000万円という高額年収。一体なぜ、これほどの給料が?その職務内容に迫りましょう。

未知の微生物が
地球を汚染するのを防ぐ

08cd074c1905d99ce3b7edf27982b199105fba18

画像は探査機をチェックしている様子。

惑星保護官と聞いたら、SF映画のようにエイリアンの襲撃から地球を守ることだと考えた人もいるかもしれません。もちろん、絶対に起こらないとは言えないのですが、「USAJOBS」に掲載された募集要項をみると、NASAの目的は2つあるそう。

01、他の惑星からの未確認微生物が地球に広がってしまうことを防ぐこと。
02、僕たちが違う惑星を汚染してしまうことを止めること。

後者は、火星などに送り込む予定のロボットに付着している微生物が、拡散してしまわないように予防策をとることのようです。

過去から学んで未来へと生かす

2016年7月18日に投稿された惑星保護の重要性を伝えるビデオの中で、NASAの宇宙生物学研究所のディレクターであるPenelope Bostonさんはこう語ります。

惑星保護は地球の歴史から学んだ、重要なことの1つなのです。

私たちが暮らしている地球は、外来種のせいで本来の生態系が壊れている地域があります。例えば、その大陸には存在しないはずの動植物の侵出やそれらが疫病を蔓延させてしまうこと。

だから、地球または他の惑星を外来種から守ることは私たちの責任なのです

僕たちの未来の生活を背負った仕事

82efcaeb20610077ef14cc9b7cc7036e5133c5c4

画像は惑星保護官Catharine Conley。(2016年当時)

惑星保護官とは、過去の失敗を繰り返すことを防ぐ検疫官のことを意味しているのではないでしょうか。地球に存在する微生物や生命体、あるいはロボットがいかに他の惑星に影響するのか。逆に、地球外生命体がいかに僕たちの生活を変えてしまうのか。調査対象は未知のことになる可能性が高そうです。

判断を誤ったら、生態系を壊してしまう可能性もある、僕たちの未来を背負った責任の重い仕事。年収2,000万円という高い給料にも納得がいくかもしれません。

Reference:USAJOBS
Licensed material used with permission by NASA
NASAが惑星保護官を募集しましたが、その名前から「エイリアンの襲撃から地球を守る仕事」だと勘違いした小学4年生のJackくん。地球を守りたいという想いを...
2015年7月23日、NASAは地球と非常に近い環境を持った惑星を発見したとの発表を行いました。「Kepler-452b」と名付けられた惑星は、太陽系外で...
地球から約2,545光年離れた宇宙に、ケプラー90と呼ばれる恒星があります。ケプラー90にはこれまで7つの惑星が確認されていましたが、GoogleのAIを...
近く重大発表をするらしい…それが「太陽系外惑星についての内容」とだけ含みを持たせるNASAの先行発表に、数日前から噂や憶測が海外メディアで飛び交っていた。...
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
宇宙に行きたい人、手をあげて!2015年12月14日、NASAが「求人募集」を開始します。どうやら火星探査に必要な300名以上の宇宙飛行士を集めようとして...
1961年、ユーリイ・ガガーリンが人類初の有人宇宙飛行士として、宇宙に飛び立ってから56年の月日が流れた。「地球は青かった…」宇宙からの帰還を果たしたガガ...
地球以外の惑星に人類が住めるようにする、テラフォーミング。現在は火星が一番適していると考えられていますが、そんな火星には数十億年前には「大気と水」が存在し...
2016年6月30日にNASAが公開した、とある映像。映し出されているのは、木星と揺らめく青い光──、そうオーロラです。実はいま、わずか13秒のこの動画が...
340日間に及ぶ宇宙への長期滞在を終え帰還した、宇宙飛行士のスコット・ケリー氏。アメリカ人宇宙飛行士として最長滞在記録を更新し話題になりましたが、そのカラ...
地球からおよそ400キロ上空を飛行する、国際宇宙ステーション(ISS)。その内部を映し出した映像が、NASAによって公開された。およそ18分間の4K動画は...
数多くの候補者のなかから、特別に優秀な人材だけがそのチャンスを掴むことのできる職業、それが宇宙飛行士。地球を遥か離れた宇宙に飛び立つのは、人類の中でもほん...
地上から約400kmの上空に建設された国際宇宙ステーション(ISS)。この巨大な有人実験施設から、地球の表面に漂うオーロラを捉えた映像をNASAが公開した...
「NASA」が宇宙などで撮られた写真や動画、音声ファイルを検索し、ダウンロードできるサイト「NASA Image and Video Library」を新...
誰もが一度は見たことがあるだろう「地球の出」と呼ばれる写真。これは、アポロ8号に搭乗していた宇宙飛行士が、ほぼほぼ偶然に撮影したものだった。しかしこれがキ...
NASAの公式ホームページに、国際宇宙ステーションから見る地球の日の出の写真が投稿された。発表したのは、宇宙飛行士のスコット・ケリー氏。8月10日に撮影し...
2015年9月。「1年計画」に挑戦している宇宙飛行士が国際宇宙ステーションで生活を始めてから半年ほどが経ちました。以下の画像は、長期間宇宙で生活するってど...
日進月歩で研究が進み、ますます宇宙への進出が現実を帯びてきました。とはいえ宇宙に出るには当然、特別な訓練が必要です。今までは選ばれた数少ない宇宙飛行士しか...
2015年7月14日、NASAの惑星探査機「ニューホライズン」が冥王星へとたどり着いた。地球からの距離はおよそ48億km。途方もない距離だが、探査機は20...
地球から遠く離れた深宇宙。その探査研究情報をまとめているポール・ギルスター氏は、自身が運営しているwebサイト「Centauri Dreams」で、宇宙か...