NASA「火星の大気のほとんどは、宇宙へ出て行ってしまったんだよ」

地球以外の惑星に人類が住めるようにする、テラフォーミング。現在は火星が一番適していると考えられていますが、そんな火星には数十億年前には「大気と水」が存在していたと言われています。

では、なぜ大気を失うことになったのでしょう?
なぜ、極寒の不毛地帯となったのでしょう?

火星の地表や大気を調べるべく打ち上げられた宇宙探査用ロケットMAVEN(Mars Atmosphere and Volatile EvolutioN)からの新情報によると、太陽風と放射線が火星の大気を吹き飛ばし、宇宙へ放出された、ということが分かったのだとか。

「惑星」はどのように
変化していくのか

今回の結果で「過去の火星の環境が、どういったものであったのか」が解明されるかもしれず、さらに言えば「惑星というものが、どのように変化していくのか」という推測にも応用できるとのこと。

もしかしたら、地球が今後どのように変化していくのかも分かるかもしれませんし、これらの研究を逆手に取れば、火星に大気を留めておくことも可能になるのかも…。

大気は「玉突き」で
飛ばされた?

4abb954adcda75cb3e2f480780f68389f4e2ad46

Image by NASA’s Goddard Space Flight Center

これまでにも、火星に大気がほとんどない理由にはいくつかの説があったそう。でも、今回の結果で「"Sputtering"により火星の大気は宇宙へと逃げた」という説が濃厚になったという。

では、"Sputtering"とは?コレがけっこう難しい。日本語に訳しても、スパッタリングとカタカナ英語のまま。簡単に説明すると、ビリヤードの玉突きのようなもの。つまり、このスパッタリングによって、太陽風に捕らわれたイオンが火星の大気を宇宙まで突き飛ばした、ということ。

さらに詳しく知りたい方はこちらの動画も見てみてください。2013年にNASAによって作られた動画で「スパッタリング」について説明しているものです。

Licensed material used with permission by NASA
火星の地表からでは測定できないデータを収集するためにNASAが目をつけたのは、ハチのようなロボットだった。曰く、機能性が高い「Marsbee」を使うことに...
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
宇宙に行きたい人、手をあげて!2015年12月14日、NASAが「求人募集」を開始します。どうやら火星探査に必要な300名以上の宇宙飛行士を集めようとして...
2016年2月19日「AFP」は、NASAによる火星環境を想定したジャガイモの栽培実験の結果が翌月明らかになる、ことを報じました。ペルーの首都リマにあるイ...
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
2015年9月29日(日本時間)、NASAは火星の表面に「液体の水」と「塩の結晶」が存在していることを裏付ける観測データを発表した。複数の場所で水が流れた...
「NASA」が宇宙などで撮られた写真や動画、音声ファイルを検索し、ダウンロードできるサイト「NASA Image and Video Library」を新...
2030年の火星移住プロジェクトにむけ、NASAが「火星での植物栽培」を本格的に考えている、というニュースは何度か見かけたことがあるかもしれません。地球以...
2015年9月。「1年計画」に挑戦している宇宙飛行士が国際宇宙ステーションで生活を始めてから半年ほどが経ちました。以下の画像は、長期間宇宙で生活するってど...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
火星移住計画──。それがフィクションでなくなってきた印象は確かにある。民間ロケットがテスト飛行をし、これまでエイリアンや惑星衝突に固執してきたハリウッド映...
NASAが惑星保護官を募集しましたが、その名前から「エイリアンの襲撃から地球を守る仕事」だと勘違いした小学4年生のJackくん。地球を守りたいという想いを...
NASAのHPによると宇宙飛行士の給料は約1,100万円に対して、惑星保護官の年収は最高約2,000万円。内容を調べてみると、高額の給料にも納得できる理由...
宇宙ステーションの乗組員53名のために、シェフたちが無重力空間でのPIZZA作りにチャレンジしました。ほんとうに大丈夫?
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
2020年代に人類が火星に移住する計画があることは、多くのメディアが伝えています。ここで紹介する「Asap Science」の動画は、それにまつわる様々な...
2015年7月23日、NASAは地球と非常に近い環境を持った惑星を発見したとの発表を行いました。「Kepler-452b」と名付けられた惑星は、太陽系外で...
先日、NASAは「PUFFER」の試作機を発表。この調査ロボット、パタっと折り畳まれたり開かれたりと、自由自在に変型可能。実はこれ、日本の「折り紙」にイン...
火星の表面──。そう言われなければ、これが地球のどこかとも思えれば、マクロ撮影した鉱物にも思えてしまいます。「Red Planet」に形容される、赤く荒涼...