「火星移住」は想像以上にハードかも。このミッション、あなたは耐えられる?

2020年代に人類が火星に移住する計画があることは、多くのメディアが伝えています。ここで紹介する「Asap Science」の動画は、それにまつわる様々な課題をコミカルなイメージを使って解説したもの。例えば、

・視力が下がってしまう可能性がある。
・セックスをするのは難しい。
・地下に暮らす場合は宇宙服を着なければいけない。

う〜ん、これを見るかぎり、ハードルはかなり高そう…。

火星に着くまでって
思った以上に大変かも…

43e86b713837acdd64d7a45f2161aca5b864febb

まずは、ロケットで地球を離れるところから。ただ乗っているだけにも思えますが、僕たちは地球の3倍の重力に耐えなければいけません。事実、宇宙飛行士は多くの訓練を重ねます。気圧を下げるシステムなどに問題がなければ、ファーストステップはクリア。

次は、太陽の放射線から体を守ること。うまく対策ができていないと、ガンになるリスクが高まったり、中枢神経にダメージを負ったりしてしまいます。

Eda6a1f80d2a855ebc64aafe3608412084564bf5

地球と火星が1番近づく時でも、片道150日間を必要とします。しかも、チャンスは2年に1度きり。つまり、他のタイミングではより時間がかかることに。

胆のうと盲腸が事前に取り除けるならオススメです。なぜなら、気圧の変化で破裂してしまう可能性があるから。

4cfa4d522f6d2419d7a81cfb963e7c9ba2d05d3e

無重力状態は、僕たちにネガティブな影響を与えることも。体液の循環が変わることで、一時的に頭痛をおこしたり、視力が低下したりしてしまいます。胃の消化スピードが遅くなることも。

限られている空間に閉じ込められるので、服を頻繁に変えることはできません。国際宇宙ステーションに暮らす人は1週間、下着を変えない場合もあります。女性は尿路感染症に気をつける必要が。

8c5a19162ac0cf0d37d78c72ef8eb9f7d4b10ade

NASAの調べによると、1ヶ月ごとに骨密度が1%下がるそうです。1日2時間の運動をすれば、防ぐこともできます。

4719f6b4eceda1923e588173932cdb170976eff0

セックスは重要なこと。でも、ニュートンの第3法則「作用反作用の法則」によって、動くたびに2人を切り離す力が働いてしまいます。解決策は2人で着る宇宙服を開発することなのかもしれません。

着陸してからも
定住までは程遠い

A57edf1d0c3aef38b7c95af0a8032e49781b7356

さて、ようやく着陸です。火星は地球よりも太陽から離れているので、マイナス140℃〜30℃までの大きな差があります。でも、Tシャツやジーンズで歩くことができないというワケではありません。しかし、放射能には気をつけること。

地下で暮らすことも選択肢の1つ。だけど、血が沸騰してしまうのを防ぐために、宇宙服の着用は必須です。

Fc11f61b65c4329619a998ff446ff25df6c00b30

宇宙食の味は悪くはないですが、舌触りは柔らかいです。たまに飽きてしまうかも?火星でも野菜が育てられる方法が開発されるまでは、新鮮な野菜や肉を食べるのは我慢しなければいけません。

Cb9a95cecacf8fd04e87b364eedbe53d1bf5ca39

NASAの火星移住計画の情報によると、約270m四方のアパートに多くの人が暮らすようになるそうです。となると、人間関係が上手くいかないなんてことも…。

684a0fcc58cb0a2c353d678d6c4727a9febc7719

多くの人がいないと近親交配が起こってしまい、コミュニティの多様性が保てず、絶滅してしまう可能性があります。もし健康的な遺伝子を保ちたいなら、4万人の人が必要となります。つまり、先に着いた人は多くの人を待たなければいけません。

ここまで色々な問題を紹介しましたが、それでも行きたいという人は一筋縄ではいかない宇宙飛行士テストにチャレンジを。

Licensed material used with permission by Asap Science
2030年の火星移住プロジェクトにむけ、NASAが「火星での植物栽培」を本格的に考えている、というニュースは何度か見かけたことがあるかもしれません。地球以...
宇宙に行きたい人、手をあげて!2015年12月14日、NASAが「求人募集」を開始します。どうやら火星探査に必要な300名以上の宇宙飛行士を集めようとして...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
火星移住計画──。それがフィクションでなくなってきた印象は確かにある。民間ロケットがテスト飛行をし、これまでエイリアンや惑星衝突に固執してきたハリウッド映...
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
地球以外の惑星に人類が住めるようにする、テラフォーミング。現在は火星が一番適していると考えられていますが、そんな火星には数十億年前には「大気と水」が存在し...
火星の表面──。そう言われなければ、これが地球のどこかとも思えれば、マクロ撮影した鉱物にも思えてしまいます。「Red Planet」に形容される、赤く荒涼...
アメリカ国防総省の高等技術計画局「DARPA」が、火星の環境を地球に近づける方法についてコメントを行った。同局の生物学研究室、アリシア・ジャクソン次長が発...
2016年2月19日「AFP」は、NASAによる火星環境を想定したジャガイモの栽培実験の結果が翌月明らかになる、ことを報じました。ペルーの首都リマにあるイ...
'60年代から'70年代初期にかけて、様々な建築家によってフューチャーレトロ調のタイニーハウスがつくられていた。特筆すべきは、その佇まい。今から50年も前...
「ScienceAlert」に、オランダのヴァーヘニンゲン大学の研究者が行なった実験の結果が紹介されました。火星の土壌に近い環境下で10種類の作物を栽培す...
国際宇宙会議にて、SpaceX社は地球上の主要都市を、約30分で結ぶ計画を発表した。可能にするのは、ロケット型宇宙船「BFR」。火星移住計画様に開発された...
2015年9月。「1年計画」に挑戦している宇宙飛行士が国際宇宙ステーションで生活を始めてから半年ほどが経ちました。以下の画像は、長期間宇宙で生活するってど...
誰もが一度は見たことがあるだろう「地球の出」と呼ばれる写真。これは、アポロ8号に搭乗していた宇宙飛行士が、ほぼほぼ偶然に撮影したものだった。しかしこれがキ...
日進月歩で研究が進み、ますます宇宙への進出が現実を帯びてきました。とはいえ宇宙に出るには当然、特別な訓練が必要です。今までは選ばれた数少ない宇宙飛行士しか...
2015年9月29日(日本時間)、NASAは火星の表面に「液体の水」と「塩の結晶」が存在していることを裏付ける観測データを発表した。複数の場所で水が流れた...
340日間に及ぶ宇宙への長期滞在を終え帰還した、宇宙飛行士のスコット・ケリー氏。アメリカ人宇宙飛行士として最長滞在記録を更新し話題になりましたが、そのカラ...
イラストレーターのThomas Duboisが描くのは、「宇宙の先」を考えさせるリアルな物語。国際宇宙ステーションが爆発し、無重力空間を漂うこととなった宇...
先日、NASAは「PUFFER」の試作機を発表。この調査ロボット、パタっと折り畳まれたり開かれたりと、自由自在に変型可能。実はこれ、日本の「折り紙」にイン...
近頃、なにかと話題のおうし座流星群。どうやら今月上旬がピークとなり、観測の大チャンスなんだそう。しかし、11月の大空には他にも知っておくべき見どころがあり...