火星に一歩近づいた!?「SpaceX」のテストロケットが飛行実験を正常に完了

イーロン・マスク率いる宇宙開発企業「SpaceX」が、先月27日、ロケット飛行のテストに成功した。

このロケットは、後々には火星への有人飛行も計画に含む宇宙船「Starship」のプロトタイプ「Starhopper」と呼ばれるもので、7月のテストでは浮上しないまま火だるまになってしまったのと同一機体。

今回は、しっかり地面から打ち上がり、上空500フィート(約150m)ほどに達したのちに着陸。飛行は1分弱続いた。着陸後も機体に損傷はなし。この様子については記事の最後に貼ったYouTubeで見ることができるのでチェックしてほしい。

火星へ民間ロケットが有人飛行なんて、きっとまだまだ先の話……と思っていると、思わぬ早さで実現になるかもしれない。先日、中国のネット大手・アリババ集団のジャック・マー氏との対談でも、常人の理解のはるか先をいくAI観を語っていたイーロン・マスク氏が仕掛けていることなので、我々が考えるよりずっと、火星までの“距離が縮んだ”と感じているはずだ。

今回の飛行テストの成功を受け、マスク氏は「いつかStarshipは火星の粗い砂の上に着陸するだろう」ともツイートしている。

Top image: © iStock.com/Swillklitch
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
国際宇宙会議にて、SpaceX社は地球上の主要都市を、約30分で結ぶ計画を発表した。可能にするのは、ロケット型宇宙船「BFR」。火星移住計画様に開発された...
火星移住計画──。それがフィクションでなくなってきた印象は確かにある。民間ロケットがテスト飛行をし、これまでエイリアンや惑星衝突に固執してきたハリウッド映...
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
火星のクレーターが写っている一枚の写真。このクレーターの表面は、白い靄のようなもので覆われているように見え、その様子がまるでスケートリンクのようだと噂に。
人類初の民間月旅行の発表後、イーロン・マスク邸ではスペシャルディナーが開催されていました。そこで出された食べ物は、まさかの◯◯だった!
2020年代に人類が火星に移住する計画があることは、多くのメディアが伝えています。ここで紹介する「Asap Science」の動画は、それにまつわる様々な...
火星の地表からでは測定できないデータを収集するためにNASAが目をつけたのは、ハチのようなロボットだった。曰く、機能性が高い「Marsbee」を使うことに...
2030年の火星移住プロジェクトにむけ、NASAが「火星での植物栽培」を本格的に考えている、というニュースは何度か見かけたことがあるかもしれません。地球以...
2016年2月19日「AFP」は、NASAによる火星環境を想定したジャガイモの栽培実験の結果が翌月明らかになる、ことを報じました。ペルーの首都リマにあるイ...
宇宙に行きたい人、手をあげて!2015年12月14日、NASAが「求人募集」を開始します。どうやら火星探査に必要な300名以上の宇宙飛行士を集めようとして...
地球以外の惑星に人類が住めるようにする、テラフォーミング。現在は火星が一番適していると考えられていますが、そんな火星には数十億年前には「大気と水」が存在し...
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
2015年11月24日。アマゾン社のジェフ・ベゾス氏が創設した航空宇宙企業「Blue Origin」社が、再利用可能なロケットを打ち上げ「垂直着陸」させる...
一見フツーに折り畳めるベースボールキャップ。なのに、被った人の頭を従来の自転車用ヘルメット以上にしっかり守ってくれます。
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
日進月歩で研究が進み、ますます宇宙への進出が現実を帯びてきました。とはいえ宇宙に出るには当然、特別な訓練が必要です。今までは選ばれた数少ない宇宙飛行士しか...
オンライン決裁システムのPayPalを創業・売却した後、電気自動車事業のテスラモーターズや宇宙事業のSpaceXを立ち上げたイーロン・マスク。世界でもっと...
「ScienceAlert」に、オランダのヴァーヘニンゲン大学の研究者が行なった実験の結果が紹介されました。火星の土壌に近い環境下で10種類の作物を栽培す...
誰もが一度は見たことがあるだろう「地球の出」と呼ばれる写真。これは、アポロ8号に搭乗していた宇宙飛行士が、ほぼほぼ偶然に撮影したものだった。しかしこれがキ...
アメリカ国防総省の高等技術計画局「DARPA」が、火星の環境を地球に近づける方法についてコメントを行った。同局の生物学研究室、アリシア・ジャクソン次長が発...